医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ASP Japan合同会社がステラッド™ヒートシーラー2000を発売

2021年11月10日 AM11:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — ASP Japan合同会社が本日ステラッド™ヒートシーラー2000を2021年11月15日より正式に日本市場へ発売することを発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20211109005843/ja/

ステラッド™ヒートシーラー2000 (画像:ビジネスワイヤ)

ステラッド™ヒートシーラー2000 (画像:ビジネスワイヤ)

医療器材は包装、滅菌、保管及び開封の流れを経て、最終的に患者様に使用されます。保管過程の中で特にシーリングは患者様に安全な医療器材を使用するために不可欠であり、ヒートシーラーはシーリングの機能を確保するための重要な役割を担っています。

ASP Japan合同会社は患者様に使用される医療器材の安全性を向上させるため、ステラッド™ヒートシーラー2000を発売します。ステラッド™ヒートシーラー2000は病院の手術室や中央滅菌供給室(CSSD)・滅菌処理室(SPD)に要求される専門性や堅牢性を満たし、国際標準化機構ISO11607-2基準に完全適合しています。さらに4.3インチのタッチスクリーンを搭載し従来の製品より使いやすさを追求しています。

ASP Japan合同会社について

ASP Japan合同会社は、「洗浄・消毒」および「滅菌」分野のリーディングカンパニーとして、イノベーティブな製品およびサービスを通じ、安心、安全な医療を提供できる環境を創り続けています。

「患者様の最も大事な瞬間に、患者様を守ること」、この最大のミッションに携わるすべてのASPの社員が決して歩みを止めることなく、お客様の課題解決のために常に現状に挑み続けています。

ASPには低温滅菌と高水準消毒分野におけるイノベーションの歴史があります。世界初となる過酸化水素ガスプラズマ滅菌システムステラッド™を開発、ステラッド™は低温滅菌器として安全性の向上と滅菌時間の短縮を追求し、電気だけで稼働することから震災時に強い滅菌器であり、低温滅菌器市場のマーケットリーダーとして、革新的な製品やサービスを提供しています。

高水準消毒分野ではディスオーパ™を開発し、安全性の向上と消毒時間の短縮、使いやすさを実現し、高水準消毒分野のブランドリーダーとして、軟性内視鏡洗浄消毒器エンドクレンズ™と合わせ、軟性内視鏡リプロセスの質および効率の向上に貢献しています。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20211109005843/ja/

CONTACT

ASP Japan合同会社

HOME|ASP Japan合同会社

担当者:王麗

電話番号:03-6712-1011

Email: li.wang@asp.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Nerviano Medical Sciences S.r.l.宣布与默克达成包含许可选择权的合作协议
  • CANbridge Pharmaceuticals Data on CAN106 to be Presented at Two Conferences
  • Where is China’s Global Fund Pledge? Asks AHF
  • United Kingdom National Institute for Health and Care Excellence (NICE) Publishes Interventional Procedure Guidance (IPG) for ReActiv8® Restorative Neurostimulation™
  • ブラッド・キャンサー・ディスカバリー誌の論文が患者転帰を改善するエクセンシアのAI精密医療プラットフォームの能力をさらに裏付け