医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

住友重機械工業が陽子線治療用の超伝導サイクロトロンの開発に成功

2021年10月25日 PM03:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 住友重機械工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:下村真司 以下「住友重機械」)は、陽子線治療用としては世界最高レベルの1000nAの高強度陽子線を発生できる超伝導サイクロトロンの開発に成功しました。超伝導サイクロトロンの開発成功は、住友重機械が開発を進める次世代陽子線治療システムの実現に向けた大きな一歩となります。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20211024005052/ja/

超伝導サイクロトロンの陽子線加速試験の様子 (写真:ビジネスワイヤ)

超伝導サイクロトロンの陽子線加速試験の様子 (写真:ビジネスワイヤ)

陽子線治療システムは陽子線を利用したがん治療装置です。近年の陽子線治療ではスキャニング照射が行われています。スキャニング照射とは、腫瘍の形状に合わせて細い陽子線を走査することで、腫瘍周辺の正常組織や臓器へのダメージを低く抑える治療法です。呼吸によって移動する肺や肝臓などの腫瘍をスキャニング照射で精度よく治療するためには、呼吸による移動を抑えながら、短時間で照射する必要があります。短時間照射の実現には、陽子線を高強度かつ超高速で走査する技術が不可欠です。

従来、陽子線を腫瘍に照射するには長い時間が必要でした。しかし、今回開発した超伝導サイクロトロンは、陽子線の強度を従来の3倍以上に高め、照射時間を1/3以下に短縮することができます。また、超伝導磁石を使用することで、消費電力を40%削減し、陽子線治療システムを低コストで稼働させることが可能になりました。

今後は住友重機械が開発中の超高速スキャニング技術と組み合わせて試験を行っていきます。低侵襲ながん治療である陽子線治療を、一人でも多くの患者さまにお届けするために、製品開発を加速させていきます。

※次世代陽子線治療システムは開発中であり、販売できません。

■住友重機械工業について
住友重機械工業 産業機器事業部は、医療用加速器の高度な技術と経験を活かし、「陽子線がん治療システム」「ホウ素捕捉療法(BNCT)システム」「PET診断用薬剤合成システム」を開発しています。
陽子線がん治療システムの小型化・低価格化によって、陽子線治療の普及を目指しています。

■会社概要
会社名: 住友重機械工業株式会社
所在地: 〒141-6025 東京都品川区大崎2-1-1
代表者: 代表取締役社長 下村真司
会社ウェブサイト: https://shi.co.jp

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20211024005052/ja/

CONTACT

■問い合わせ先

住友重機械工業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 大野拓人

03-6737-2332

shi.zshi_koho@shi-g.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Topcon Introduces NW500 Non-Mydriatic Retinal Camera
  • NewAmsterdam Pharma Announces Initiation of Phase 2 Dose-Finding Study Evaluating Obicetrapib in Japanese Patients
  • デンタル・モニタリングが日本に進出
  • Mitsui Chemicals Group to Exhibit at K2022 Trade Fair in Düsseldorf, Germany
  • Seoul Viosys Applies Violeds Disinfection Technology to KT’s AI Disinfection Robots