医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

SpeeDxがSARS-CoV-2 Genotyping試薬ポートフォリオの適用範囲をさらに拡充

2021年10月08日 PM09:47
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

シドニー

(ビジネスワイヤ) — 革新的な分子診断ソリューションの開発を手掛けるSpeeDx Pty. Ltd.は、COVID-19変異株解析用の研究試薬の製品ラインアップをさらに拡大し、注目すべき変異株(VOI)であるSARS-CoV-2ラムダ株と関連した重要特性の変異にも対応しました。PlexPrime® SARS-CoV-2 Genotyping*の製品ラインアップは、当社独自のユニバーサル基質手法と、特許取得済みのマルチプレックス技術を利用し、7月に上市してから急速に拡大しました。これら一連の製品は、単独または他の製品との組み合わせで、SARS-CoV-2の重要なVOIないし懸念される変異株(VOC)に対するラボ研究やモニタリング活動を支えることに使用できます。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20211008005261/ja/

PlexPrime® SARS-CoV-2 L452Q Lambda*は、SARS-CoV-2のRdRp遺伝子標的に加え、VOIであるC.37系統(ラムダ株)で見られるSARS-CoV-2のL452Qスパイク変異を検出するように設計したシングルウェルミックス。本試薬は、PlexPrime® SARS-CoV-2 Genotypingポートフォリオの3番目の製品であり、単独でリフレックス検査に使用することも、PlexPrime® SARS-CoV-2 Alpha/Beta/Gamma+もしくはPlexPrime®P681R Deltaの各試薬または両方と組み合わせて使用することもできる。(写真:ビジネスワイヤ)

PlexPrime® SARS-CoV-2 L452Q Lambda*は、SARS-CoV-2のRdRp遺伝子標的に加え、VOIであるC.37系統(ラムダ株)で見られるSARS-CoV-2のL452Qスパイク変異を検出するように設計したシングルウェルミックス。本試薬は、PlexPrime® SARS-CoV-2 Genotypingポートフォリオの3番目の製品であり、単独でリフレックス検査に使用することも、PlexPrime® SARS-CoV-2 Alpha/Beta/Gamma+もしくはPlexPrime®P681R Deltaの各試薬または両方と組み合わせて使用することもできる。(写真:ビジネスワイヤ)

SpeeDxのクリニカルアフェアーズ担当シニアバイスプレジデントであるチャールズ・カートライト博士は、次のように述べています。「PCR法による陽性検体の迅速なスクリーニングにより、変異株が伝播した際に各ラボは容易にモニタリングができます。当社の一連のジェノタイピング用試薬が対象とする個々の変異は、重要な系統分化をカバーするように注意深く選定しているため、私たちは直近の新しいVOIやVOCでさえも当社の既存ポートフォリオで詳細分析の対象にできることを発見しました。」

PlexPrime® SARS-CoV-2 L452Q Lambda*は、SARS-CoV-2のRdRp遺伝子標的に加え、VOIであるC.37系統(ラムダ株)1で見られるSARS-CoV-2のL452Qスパイク変異を検出するように設計したシングルウェルミックスです。本試薬は、PlexPrime® SARS-CoV-2 Genotypingポートフォリオの3番目の製品であり、単独でリフレックス検査に使用することも、PlexPrime® SARS-CoV-2 Alpha/Beta/Gamma+もしくはPlexPrime®P681R Deltaの各試薬または両方と組み合わせて使用することもできます。PlexPrime® SARS-CoV-2 Genotypingは、標準的なqPCRおよびリキッドハンドリング装置に適合しており、大規模なシーケンシング解析を実施中のラボにとってコストと手作業工程を削減するものとなります。

SpeeDxについて

2009年設立のSpeeDxは、オーストラリアに拠点を置く非公開企業で、オースティンとロンドンに子会社の事業所を構え、広く欧州に販売店を擁しています。SpeeDxが専門とする分子診断ソリューションは単純な検出の域を超え、患者管理の改善のための包括的な情報を提供します。革新的なリアルタイムのポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)技術が、市場をリードする多重検出・プライミング戦略を推進しました。当社の製品ポートフォリオでは、性感染症(STI)、抗生物質耐性マーカー、呼吸器疾患を検出するためのマルチプレックス診断薬を取り揃えています。SpeeDxの詳細情報についてはhttps://plexpcr.comをご覧ください。

*研究使用限定の試薬として提供しており、診断製品としての使用を目的としていません。

References

  1. Tracking SARS-CoV-2 variants. World Health Organisation. Found at: https://www.who.int/en/activities/tracking-SARS-CoV-2-variants/ (「SARS-CoV-2変異株の追跡」、世界保健機関)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20211008005261/ja/

CONTACT

Madeline O’Donoghue – SpeeDx Global Marketing Director

madelineo@speedx.com.au

+61 406 582 808

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Xlear Files Amended Answer to the Government’s Lawsuit on COVID-19 Statements; Provides Still More Data In Support of Xlear’s Use as Additional Layer of Protection
  • EpiAxis Therapeutics & Peptilogics Enter Strategic Drug Discovery Partnership
  • BeiGene Announces Strategic Alliance with Ontada to Improve U.S. Community Oncology Care
  • ENHERTU® Significantly Delayed Disease Progression in DESTINY-Breast02 Phase 3 Trial Versus Physician’s Choice of Treatment in Patients with HER2 Positive Metastatic Breast Cancer
  • Arbitrator Rules in Favor of Daiichi Sankyo in Dispute with Seagen