医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

サラダックス・バイオメディカル、サルバトーレ・J・サラモネ博士が権威ある C.E. Pippenger博士賞を受賞したと発表

2021年09月27日 PM06:22
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米ペンシルベニア州ベスレヘム

(ビジネスワイヤ) — サルバトーレ・J・サラモネ博士が、イタリアのローマで開催された2021年国際治療薬物モニタリングおよび臨床毒物学会(IATDMCT)年次大会で、権威ある C.E. Pippenger博士賞を受賞しました。この賞は、治療薬物モニタリング(TDM)の分野で傑出した貢献を行った個人に与えられるものです。TDMは、患者が確実に個別化された用量の医薬品を投与され、最適な治療結果を達成できるよう目指す医科学の一分野です。残念なことに、抗がん剤、抗生剤、抗真菌剤などの多くの医薬品は、過剰投与した場合は重度の毒性をもたらし、過小投与した場合は効果がありません。TDMは、患者が病気を治療するのに十分であるが、毒性や死亡の可能性をもたらすほど多くない量での医薬品投与を追求するものです。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210927005331/ja/

サルバトーレ・J・サラモネ博士(写真:ビジネスワイヤ)

サルバトーレ・J・サラモネ博士(写真:ビジネスワイヤ)

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20210923005035/en/

サラモネ博士は、オンコロジー分野におけるTDMへの貢献が評価され、この賞を授与されました。博士は自分の家族に対する化学療法実施中に毒性が原因で発生した有害反応を個人的に目撃してから、抗がん剤のTDM研究を開始しました。博士は、どの患者も適切な投与を保証するためのTDMなしに抗がん剤の投与を受けることがないようにすることを自らの目標に定めました。博士は15年以上にわたり、オンコロジー分野におけるTDMと薬理の臨床ガイドライン確立を唱道してきました。

サラモネ博士は今回の表彰を非常に光栄なこととして受け入れ、Pippenger博士がTDMの分野に、そして自分個人に与えた影響に敬意を表しました。サラモネ博士は、診断薬の開発で30年以上にわたる経験を持ち、医薬品モニタリングの分野で世界的に有名であり、この分野で幅広く論文発表を行っています。受賞スピーチでサラモネ博士は、TDMが個別化医療で果たす重要な役割について話しました。

サラモネ博士はオンコロジーコミュニティーにおける知識不足とTDMへの抵抗感について、次のように述べています。「オンコロジー分野における残念な現実として、患者さんの大半とは言わないまでも多くが、適切な投与量の化学療法を受けておらず、行動を起こす必要があります。投与量が多すぎるため不必要な有害作用で苦しんでいる患者さんがいる一方、別の患者さんはがんを有効に治療するのに十分な量を投与されていません。化学療法を行うに際に、1916年に開発された標準体表面積(BSA)投与法を使用するのは、今や時代遅れです。私たちは21世紀に入っています。私はIATDMCTのあらゆるメンバーに対し、もっと積極的にオンコロジーコミュニティーとかかわるよう呼び掛けます。今回の受賞は、TDMをオンコロジーにおける標準治療にするという目標を引き続き追求するよう、私を鼓舞してくれるものです。」

「すべての患者がそれぞれの身体にとって正しい用量の医薬品を投与されるようになって初めて、個別化医療の約束を完全に果たすことができます。この権威ある賞を受賞した初の業界人として、自分の一生の仕事がこのように立派な組織から認められ、心から光栄に思うとともに感動しています。」

サラダックス・バイオメディカルについて

ペンシルベニア州ベスレヘムに本社を置くサラダックス・バイオメディカルは、精神科医とがん専門医が処方する必須の救命医薬品について、治療薬物濃度を迅速に測定するためのアッセイ製品の開発・製造・販売を手掛ける非公開企業です。サラダックスの専有的技術は2007年以来、臨床検査室やポイントオブケア環境で、医師によるモニタリングを支援し、患者ケアを最適化するために使用されてきました。Saladax.comをご覧ください。

詳細情報についてはSaladax.comまたはMyCareTests.comをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20210923005035/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210927005331/ja/

CONTACT

Saladax Biomedical, Inc.

Salvatore Salamone, Ph.D., 610-419-6731

ssalamone@saladax.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • サラダックス・バイオメディカル、サルバトーレ・J・サラモネ博士が権威ある C.E. Pippenger博士賞を受賞したと発表
  • Japan’s MHLW Approves PADCEV® (enfortumab vedotin) for Advanced Urothelial Cancer
  • VFMCRP announces approval for TAVNEOS® (avacopan) for the treatment of ANCA-associated vasculitis in Japan
  • TAE Life Sciences Announces Installation of First Accelerator-based Neutron Beam System for Biologically Targeted Radiation Therapy at Xiamen Humanity Hospital in China
  • New Study Evaluates the Feasibility of Using Masimo EMMA® Capnography on Mechanically Ventilated Neonates