医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ACQUITY™ Premier を搭載したウォーターズBioAccord™ システムにより、バイオ医薬品のマルチ特性モニタリングの簡便性と再現性が向上

2021年09月16日 AM09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

マサチューセッツ州ミルフォード

(ビジネスワイヤ) — ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は本日、Waters BioAccord システムと、革新的な MaxPeak™ High Performance Surface(HPS)テクノロジーを採用した ACQUITY Premier UPLC™ とを組み合わせた「BioAccord™システム with ACQUITY™ Premier」を発表しました。この統合された高分解能 LC-MS システムは、分析対象物の回収率とアッセイ間の再現性を向上させることにより、バイオ医薬品のマルチ特性モニタリングを簡素化し、規制下のラボがより早く医薬品を必要とする患者の方々に届けることを可能にします。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210915006129/ja/

The Waters BioAccord System with ACQUITY Premier is an easy-to-deploy and operate LC-MS system for performing multi-attribute monitoring of biotherapeutics and gives more scientists access to mass spectrometrty data. It can greatly improve analyte recovery and assay-to-assay reproducibility so that companies can improve process and product quality, reduce costs and get needed medicines to patients faster. (Photo: Business Wire)

The Waters BioAccord System with ACQUITY Premier is an easy-to-deploy and operate LC-MS system for performing multi-attribute monitoring of biotherapeutics and gives more scientists access to mass spectrometrty data. It can greatly improve analyte recovery and assay-to-assay reproducibility so that companies can improve process and product quality, reduce costs and get needed medicines to patients faster. (Photo: Business Wire)

「次世代のバイオ医薬品は有望ですが、従来の LC の内部金属表面と強く相互作用して結合する低レベルの分析対象物が含まれている場合、分析が難しくなり、検出ができないことがあります。バイオ医薬品の分析と言えば、情報がすべてであり、ACQUITY Premier を搭載した BioAccord システムは、分析対象物と金属間の相互作用の問題を解決することで、科学者が、最初の注入からサンプル内のすべての情報を迅速に得るための手段を提供します」とウォーターズコーポレーションの CEO 兼社長の Udit Batra 博士は語ります。

ACQUITY Premier を搭載したコンパクトなベンチトップ型の BioAccord システムは、MaxPeak HPS テクノロジーと SmartMS™ 対応の ACQUITY RDa™ 質量検出器を備えており、ユーザー間やシステム間で一貫したデータ品質を提供する規制対応のデータ取り込みとデータワークフローにより、初心者でもリスクを低減しながらバイオ医薬品の重要な品質特性をモニターし、その製造プロセスを評価することができます。

MaxPeak HPS テクノロジーは、UPLC インレットおよびカラムの両方でサンプルと生体適合性金属表面の間にバリアを形成する、有機・無機ハイブリッド表面テクノロジーです。MaxPeak HPS は非特異的な吸着を軽減または完全に除去することで、以下のような多くの利点をもたらします。

  • 検出器の感度が最大300% 増加し、バイオ医薬品の製造プロセスや製品品質モニタリングにとって重要な、より正確な糖鎖プロファイリングが可能に1
  • 従来の手法では検出できなかった修飾ペプチドや不純物の測定において、分析対象物の回収率とアッセイ感度が大幅に向上
  • よりシャープなピーク形状と優れたピークキャパシティにて、より正確な分析対象物の同定とデータの解釈を実現
  • 吸着による損失が発生しやすい分離の再現性が改善されるため、作業のやり直しやトラブルシューティングが減り、結果に対する信頼性が向上
  • 貴重なサンプルを無駄にしたり、装置サイクルを中断するようなシステム不動態化が不要に
  • サイト間や企業間でのメソッドの移管が容易に

ACQUITY Premier を搭載した BioAccord システムは、SmartMS テクノロジーが提供する自動セットアップ機能とガイド付きワークフローにより、簡単に導入できるように設計されています。また、各主要ワークフローに対応した、事前定義されたバイオ医薬品のメソッドを使用したシステムとアプリケーションのトレーニングを提供することで、迅速なシステムの立ち上げを実現します。そして、多くのバイオ医薬品ラボにとって必要不可欠な規制対応とデータインテグリティを保証するために、本システムは、業界をリードするコンプライアンス対応インフォマティクス アーキテクチャーと世界中の専門的な適格性評価サービスに支えられた waters_connect™ インフォマティクスプラットホーム上に構築されています。​

ACQUITY Premier搭載BioAccord システムは今月末から出荷開始予定です。

補足資料

ウォーターズコーポレーションについてwww.waters.com

ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は、測定装置を専門とする世界をリードする会社であり、60 年以上にわたりライフサイエンス、材料科学、食品科学、環境科学に役立つクロマトグラフィー、質量分析、および熱分析のイノベーションを開拓し続けています。世界中で 7,400 名以上の従業員を擁するウォーターズは、14 の製造施設を含む 35 カ国に支社を構え、100 を超える国々で製品を販売しています。

Waters、BioAccord、ACQUITY、SmartMS、RDa、UPLC、waters_connect および MaxPeak は Waters Corporation の商標です。

1 標準的な UPLC システムおよびカラムの組み合わせと ACQUITY Premier システムおよび MaxPeak HPS を搭載したカラムの組み合わせを使用して複数の化合物をウォーターズのラボで試験した比較に基づく典型的な結果です。構造的に類似したマンノース-6-リン酸型糖鎖の検出感度が 300% 向上しています。検出感度は、測定する分析対象物によって異なることがあります。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210915006129/ja/

CONTACT

お問い合わせ先:

Brian J. Murphy

PR マネージャー、コーポレートコミュニケーション(広報担当)

ウォーターズコーポレーション

brian_j_murphy@waters.com

+1 508-482-2614

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • サラダックス・バイオメディカル、サルバトーレ・J・サラモネ博士が権威ある C.E. Pippenger博士賞を受賞したと発表
  • Japan’s MHLW Approves PADCEV® (enfortumab vedotin) for Advanced Urothelial Cancer
  • VFMCRP announces approval for TAVNEOS® (avacopan) for the treatment of ANCA-associated vasculitis in Japan
  • TAE Life Sciences Announces Installation of First Accelerator-based Neutron Beam System for Biologically Targeted Radiation Therapy at Xiamen Humanity Hospital in China
  • New Study Evaluates the Feasibility of Using Masimo EMMA® Capnography on Mechanically Ventilated Neonates