医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PHCホールディングス株式会社:独立社外取締役にWilliam Donnelly氏およびIvan Tornos氏が就任

2021年09月03日 PM07:40
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — ライフサイエンス、診断、および医療機器の事業領域における世界的なリーディング企業である、PHCホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:John Marotta、以下「PHCHD」)は、2021年9月3日付で、William (Bill) Donnelly氏およびIvan Tornos氏を独立社外取締役に任命しましたので、お知らせいたします。両氏はともに、医療機器および ライフサイエンス業界のグローバル企業で培った豊富な専門知識と役員経験を有しています。

Donnelly氏は、研究機器業界において約25年にわたる経歴を有し、このたび、PHCHDの取締役会に参画します。前職では、Mettler-Toledoの財務、サプライチェーン、製造、IT部門におけるExecutive Vice Presidentを務め、同ポジションへの就任前は、同社のGroup CFOやグローバルビジネスリーダーをはじめとする様々な上級役職を歴任しています。また、それ以前はプロセスコントロール業界向けの産業用計測機器およびシステムのマーケットリーダーであるElsag Bailey Process Automationで最高財務責任者としての職責を果たしました。同氏は、Price Waterhouseの監査役としてキャリアをスタートし、10年間にわたって勤務を続け、現在は、Ingersoll RandおよびPSTの独立取締役に加え、John Carroll Universityの理事長も務めています。

Tornos氏は、医療機器業界で約25年におよぶ経験を積み、PHCHDの取締役会のメンバーとなります。同氏は現在、Zimmer Biometの最高執行責任者として、全てのグローバル事業を統括し、グローバルオペレーション、臨床・医療教育、およびグローバル研究開発における各部門を指揮する職責を担っています。2018年に同社の整形外科部門のGroup Presidentとして入社し、本年初めに現職に着任するまで、グローバルビジネスおよび米州地域のGroup Presidentを務めました。前職では、Becton Dickinson Interventionalのグローバル泌尿器グループ、メディカル部門、およびクリティカルケア部門を率いるWorldwide Presidentを務め、さらには、Covidien International、Baxter International、Johnson & Johnson、Bausch & Lombにおいて、販売、事業開発およびビジネスオペレーションのグローバル上級役職を歴任しています。

PHCHDの代表取締役社長 兼 CEO、およびPHCHDの取締役会議長を務めるJohn Marottaは、次のように述べています。「このたび、Donnelly氏およびTornos氏を当社の取締役会にお迎えできることを、大変嬉しく思います。両氏には、それぞれの業界における卓越したリーダーとして培われた経験と手腕を当社の取締役として発揮していただけるものと確信しています。グローバル企業である当社は、深い専門知識と多角的な視点を持って事業のあらゆる側面で貢献いただける人材を取締役会に招聘することを旨としています。Donnelly氏およびTornos氏より業界の専門知識や戦略的な指針を得られることは、PHCグループの将来の成長にとって非常に重要であると認識しています。」

また、KKRアジアプライベートエクイティ共同代表、株式会社KKRジャパンの代表取締役社長、およびPHCHDの取締役を務める平野博文氏は、次のように述べています。「Donnelly氏およびTornos氏にPHCHDの取締役会に参画いただくことを喜ばしく思います。PHCHDは、事業運営および財務領域において幅広い経験を持つ人材で構成される取締役会の構築を図ってまいりました。このたび、両氏をお迎えすることによって、PHCHDの取締役会の体制強化に向けた重要な一歩を踏み出せるものと考えます。PHCグループの事業のさらなる発展を支えるに相応しいグローバルリーダーの皆様にお集りいただくことができたと確信しています。」

尚、このたびの独立社外取締役の任命は、2021年7月のAlan Malus氏および出口恭子氏の就任に続くものとなります。

さらに、John Marottaは続けて、次のように述べています。「多様性は、PHCHDおよびその全事業会社にとって重要事項と位置付けています。今後も、当社がダイバーシティ&インクルージョンへの取り組みを続ける中で、当社の取締役会のさらなる進化を図ってまいります。」

<PHCホールディングス株式会社について>

PHCホールディングス株式会社は、傘下にPHC株式会社やアセンシア ダイアベティスケア ホールディングス株式会社、エプレディア、株式会社LSIメディエンスなどを持つグローバルヘルスケア企業です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し、豊かな社会づくりに貢献することを経営理念とし、糖尿病マネジメント、ヘルスケアソリューション、診断・ライフサイエンスの事業領域において、開発、製造、販売、サービスを行っています。2020年度のグループ連結売上高は 3,060億円、世界125カ国以上のお客様に製品・サービスをお使いいただいています。
www.phchd.com/jp

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210903005162/ja/

CONTACT

【お問い合わせ先】

PHCホールディングス株式会社 

コーポレートコミュニケーション部  

岡田 昌代

電話:03-6778-5311

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • DKT International Implements Traditional and New Forms of Marketing in Africa, South America, and Southeast Asia to Expand Access to Contraceptives
  • オルガノンが計画外妊娠をめぐり世界規模の対話の喚起を目指す
  • IHMA Opens Microbiology Reference Laboratory in Shanghai, China to Further Support Global Anti-Infective Product Discovery and Development
  • Cyclica and IMPACT Therapeutics Team Up to Advance Differentiated Anti-cancer Drug Development
  • Takeda Selects Four New Partners for Annual Global Corporate Social Responsibility (CSR) Program to Help Strengthen Health Systems in Low- and Middle-Income Countries