医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

SpeeDxがSARS-CoV-2の変異株解析パイプラインを拡充

2021年08月20日 AM01:27
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

シドニー

(ビジネスワイヤ) — 革新的な分子診断ソリューションの開発を手掛けるSpeeDx Pty. Ltd.は、COVID-19変異株解析用の研究用試薬の製品ラインを拡充し、SARS-CoV-2デルタの懸念される変異株(VOC)に伴う変異を検出できるようにしました。最近投入したPlexPrime® SARS-CoV-2 Genotyping*製品ラインは、当社独自のユニバーサル基質手法と特許取得済みのマルチプレックス技術を利用しており、SARS-CoV-2陽性試料集団の中から重要なVOCを発見しようとしているラボに簡素化されたソリューションを提供します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210819005640/ja/

PlexPrime® SARS-CoV-2 P681R Deltaは、SARS-CoV-2のRdRp遺伝子標的に加え、B.1.617.2(デルタ)VOC1に見られるSARS-CoV-2のP681Rスパイク変異を検出するように設計したシングルウェルミックス。この検査法は、標準的なqPCR装置と適合性があり、リキッドハンドリング自動化装置と併用できる。また、関心のある重要試料のみの下流作業に集中することで、シーケンシング解析のために陽性試料を準備する手作業工程を削減する。(画像:ビジネスワイヤ)

PlexPrime® SARS-CoV-2 P681R Deltaは、SARS-CoV-2のRdRp遺伝子標的に加え、B.1.617.2(デルタ)VOC1に見られるSARS-CoV-2のP681Rスパイク変異を検出するように設計したシングルウェルミックス。この検査法は、標準的なqPCR装置と適合性があり、リキッドハンドリング自動化装置と併用できる。また、関心のある重要試料のみの下流作業に集中することで、シーケンシング解析のために陽性試料を準備する手作業工程を削減する。(画像:ビジネスワイヤ)

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20210816005769/en/

SpeeDxのコリン・デンバー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちは、世界中のラボが、VOCのモニタリングに貢献している中で、陽性検体のシーケンシングに対する要求に遅れずに対処すべく奮闘している様を目の当たりにしています。各ラボのCOVID-19フロントライン検査のワークフローと適合するPCRベースの変異株識別手法を取り入れることは、ラボのボトルネックを解消し、さらなる究明が本当に必要な試料に注意を向けるための簡単な解決策です。」

PlexPrime® SARS-CoV-2 P681R Delta*は、SARS-CoV-2のRdRp遺伝子標的に加え、B.1.617.2(デルタ)VOC1に見られるSARS-CoV-2のP681Rスパイク変異を検出するように設計したシングルウェルミックスです。本試薬は、PlexPrime® SARS-CoV-2 Genotypingポートフォリオの2番目の製品であり、単独でリフレックス検査に使用することも、PlexPrime® SARS-CoV-2 Alpha/Beta/Gamma+と組み合わせて使用することもできます。この検査法は、標準的なqPCR装置と適合性があり、リキッドハンドリング自動化装置と併用できます。また、関心のある重要試料のみの下流作業に集中することで、シーケンシング解析のために陽性試料を準備する手作業工程を削減します。

SpeeDxについて

2009年設立のSpeeDxは、オーストラリアに拠点を置く非公開企業で、オースティンとロンドンに子会社の事業所を構え、広く欧州に販売店を擁しています。SpeeDxが専門とする分子診断ソリューションは単純な検出の域を超え、患者管理の改善のための包括的な情報を提供します。革新的なリアルタイムのポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)技術が、市場をリードする多重検出・プライミング戦略を推進しました。当社の製品ポートフォリオでは、性感染症(STI)、抗生物質耐性マーカー、呼吸器疾患を検出するためのマルチプレックス診断薬を取り揃えています。SpeeDxの詳細情報についてはhttps://plexpcr.comをご覧ください。

* 研究使用限定の試薬として提供しており、診断製品としての使用を目的としていません。

References

  1. SARS-CoV-2 Variant Classifications and Definitions. National Center for Immunization and Respiratory Diseases (NCIRD), Division of Viral Diseases. Found at: https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/variants/variant-info.html (SARS-CoV-2変異株の分類および定義、米国国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)ウイルス性疾患部門)

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20210816005769/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210819005640/ja/

CONTACT

Madeline O’Donoghue – SpeeDx Global Marketing Director

madelineo@speedx.com.au

+61 406 582 808

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • DKT International Implements Traditional and New Forms of Marketing in Africa, South America, and Southeast Asia to Expand Access to Contraceptives
  • オルガノンが計画外妊娠をめぐり世界規模の対話の喚起を目指す
  • IHMA Opens Microbiology Reference Laboratory in Shanghai, China to Further Support Global Anti-Infective Product Discovery and Development
  • Cyclica and IMPACT Therapeutics Team Up to Advance Differentiated Anti-cancer Drug Development
  • Takeda Selects Four New Partners for Annual Global Corporate Social Responsibility (CSR) Program to Help Strengthen Health Systems in Low- and Middle-Income Countries