医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

米国のリーダーがバイデン大統領宛の書簡に署名、年末までに世界人口の半数以上へのワクチン接種を目指すG7の取組みを主導するよう求める

2021年08月11日 PM10:41
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) — 企業・政府・医療・学術リーダー34人から成るグループが本日、ウォール・ストリート・ジャーナルに公開書簡を公表し、ジョゼフ・R・バイデン米国大統領に対して、Covid-19ワクチン接種を世界で最も苦しんでいる地域に拡大するG7の取組みを主導するよう要請しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210811005562/ja/

書簡には、以下のように記されています。「ラテンアメリカ、アフリカ、東南アジアの何百万人が、ワクチン接種を受けることがほとんど、あるいはまったくできない状況にあり、デルタ株が世界中でまん延しつつある中、依然として絶望的な状態に置かれています。他国の人々へのワクチン接種を支援することは、私たち自身の安全と世界の安定への投資です。」

書簡では、6月のG7会合で、構成国がCovid-19を撲滅して世界の民主主義を再活性化させることを約束したと指摘しています。協調した世界的な計画が、この2つの目標を前進させるための最良の方法です。

この超党派のリーダー・グループは、C.V.スターの会長兼最高経営責任者(CEO)のモーリス・R・グリーンバーグによって組織されました。書簡の全文が添付されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210811005562/ja/

CONTACT

Joe Dillon

Senior Vice President, External Affairs

joe.dillon@starrcompanies.com, 212-230-5073

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • DKT International Implements Traditional and New Forms of Marketing in Africa, South America, and Southeast Asia to Expand Access to Contraceptives
  • オルガノンが計画外妊娠をめぐり世界規模の対話の喚起を目指す
  • IHMA Opens Microbiology Reference Laboratory in Shanghai, China to Further Support Global Anti-Infective Product Discovery and Development
  • Cyclica and IMPACT Therapeutics Team Up to Advance Differentiated Anti-cancer Drug Development
  • Takeda Selects Four New Partners for Annual Global Corporate Social Responsibility (CSR) Program to Help Strengthen Health Systems in Low- and Middle-Income Countries