医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

SpeeDxとMolGenがCOVID-19検査ソリューションでの提携を発表

2021年07月03日 AM10:35
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

シドニー & 蘭ユトレヒト

(ビジネスワイヤ) — SpeeDx Pty, Ltd.とMolGenは、欧州およびアジア太平洋地域における臨床診断製品/機器の供給・流通で連携する提携契約を締結したと発表しました。本提携により、検体ハンドリング、核酸抽出、アッセイセットアップ、増幅、検査結果報告を、両社の技術のシームレスな統合という形で結び付けます。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210702005467/ja/

渡航制限のため、MolGenのマールテン・デ・グルートCEOとSpeeDxのコリン・デンバーCEOはバーチャルセッションに参加し、Molgenのリキッドハンドリングおよび専用の自動化装置とSpeeDxのCOVID-19診断ソリューションを組み合わせ、完全なワークフローを病理検査ラボにまで拡大する協業を正式に発表。(写真:ビジネスワイヤ)

渡航制限のため、MolGenのマールテン・デ・グルートCEOとSpeeDxのコリン・デンバーCEOはバーチャルセッションに参加し、Molgenのリキッドハンドリングおよび専用の自動化装置とSpeeDxのCOVID-19診断ソリューションを組み合わせ、完全なワークフローを病理検査ラボにまで拡大する協業を正式に発表。(写真:ビジネスワイヤ)

SpeeDxのコリン・デンバー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「本提携は、両社の既存のインフラストラクチャーと両社の相乗効果という強みを活用するものです。未充足の臨床ニーズに応える製品およびサービスを提供すると約束した当社の取り組みは、当社のキットで検査を実施している病理検査ラボにも拡大します。当社はMolGenとの提携において、同社のワークフローに関する懸念事項の多くに対処し、より完全な検査ソリューションを提供することができます。」

MolGenは、COVID-19に見舞われた昨年を通じ、分子検査ワークフローソリューションに対する需要増大への対応として、SARS-CoV-2の大規模検査を容易にすべく、PurePrep核酸抽出ポートフォリオ、リキッドハンドリング機器、その他の専用自動化装置を含む包括的なソリューションを開発しました。SpeeDxは、専有的なPlexPCR®技術を基盤とする当社のCE-IVD SARS-CoV-2検査キットを最初に提供することで提携を完璧なものとし、病理検査ラボが単一窓口となって検査ニーズを満たせるようにします。

MolGenのマールテン・デ・グルート最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「MolGenにとってSpeeDxとの協業は、それぞれの分野における最高のものを組み合わせることの好例です。当社のDNA/RNA抽出ソリューションと自動化ワークフローは、SpeeDxの診断アッセイ技術と完璧な組み合わせとなります。 COVIDの世界的流行の下でCE-IVD SARS-CoV-2アッセイキットを当社の診断製品ポートフォリオに追加することは、両社の提携を開始するに当たっての素晴らしい取り組みです。またこの追加は、革新的な製品ポートフォリオを共同で構築するための始まりにすぎません。」

SpeeDxについて

2009年設立のSpeeDxは、オーストラリアに拠点を置く非公開企業で、テキサス州オースティンと英国ロンドンに子会社の事業所を構え、広く欧州に販売店を擁しています。SpeeDxが専門とする分子診断ソリューションは単純な検出の域を超え、患者管理の改善のための包括的な情報を提供します。革新的なリアルタイムのポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)技術が、市場をリードする多重検出・プライミング戦略を推進しました。当社の製品ポートフォリオでは、性感染症(STI)、抗生物質耐性マーカー、呼吸器疾患を検出するためのマルチプレックス診断薬を取り揃えています。SpeeDxの詳細情報についてはhttps://plexpcr.comをご覧ください。

MolGenについて

MolGenは、ヒトおよび動物の診断、農業およびバイオテクノロジー業界の用途向けに、高い収率と再現性を維持しながら手作業の時間を短縮して生産性を高める革新的なDNA/RNA抽出技術、システム、製品、キットのトータルソリューションを提供する世界的企業です。

MolGenは、試料から検査結果まで、スタンドアロンプラットフォームシステムおよび消耗品を提供することで、分子診断の現状打破に挑んでいます。高度なカスタマイズが可能なMolGenのポートフォリオは、高品質・適合性・安全性を備えるとともに顧客特有のニーズに応える完璧なワークフローを提供します。

渡航制限のため、MolGenのマールテン・デ・グルートCEOとSpeeDxのコリン・デンバーCEOはバーチャルセッションに参加し、Molgenのリキッドハンドリングおよび専用の自動化装置とSpeeDxのCOVID-19診断ソリューションを組み合わせ、完全なワークフローを病理検査ラボにまで拡大する協業を正式に発表しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210702005467/ja/

CONTACT

Contacts for SpeeDx:

Europe, Australia, New Zealand:

Madeline O’Donoghue

+61 2 9209 4170

madelineo@speedx.com.au

Contacts for MolGen:

Europe:

Meya Sollman

+31 6 43570635

meya.sollman@MolGen.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • サラダックス・バイオメディカル、サルバトーレ・J・サラモネ博士が権威ある C.E. Pippenger博士賞を受賞したと発表
  • Japan’s MHLW Approves PADCEV® (enfortumab vedotin) for Advanced Urothelial Cancer
  • VFMCRP announces approval for TAVNEOS® (avacopan) for the treatment of ANCA-associated vasculitis in Japan
  • TAE Life Sciences Announces Installation of First Accelerator-based Neutron Beam System for Biologically Targeted Radiation Therapy at Xiamen Humanity Hospital in China
  • New Study Evaluates the Feasibility of Using Masimo EMMA® Capnography on Mechanically Ventilated Neonates