医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ERS Genomics: CRISPR/Cas9ゲノム編集技術に関する

2021年07月01日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ダブリンと東京

株式会社ニッポンジーン(代表取締役社長:金山晋治、本社:東京都千代田区、以下 ニッポンジーン)は、ERS Genomics Limited(代表取締役社長:Eric Rhodes、本社:アイルランド ダブリン)と、CRISPR/Cas9ゲノム編集技術特許に関してライセンス契約を締結いたしました。

これにより、ニッポンジーンは、CRISPR/Cas9技術を使用する研究用試薬の開発および製造販売することについて、日本国内で非独占的に実施する権利を得ました。

ニッポンジーンは、ゲノム編集技術に必要な研究用試薬を供給することにより、健全な生命科学の発展を支援してまいります。

ニッポンジーン 代表取締役社長 金山 晋治 コメント

CRISPR/Cas9技術はライフサイエンス研究に革新をもたらし、様々な分野で応用される重要な技術となりました。当社は、この革新的な技術についてERS Genomicsからライセンスを得ることで、ゲノム編集に関連する幅広い研究用試薬を供給することが可能になります。当社の「健全な生命科学の進歩・発展を支援する」の基本方針に基づいて、今後もゲノム編集関連の研究用試薬の拡充に努めてまいります。

ERS Genomics CEO Eric Rhodes氏 コメント

CRISPR/Cas9技術に関する日本企業とのライセンス契約によって、当社ポートフォリオは急速に拡大しており、このたび、(株)ニッポンジーンとライセンス契約が締結できたことを大変うれしく思います。これにより、同社はライフサイエンス研究領域において重要な試薬を継続して供給することが出来ます。

<ニッポンジーンについて>

 ニッポンジーンは1982年に設立されたバイオテクノロジー企業です。「健全な生命科学の進歩・発展を支援する」ことを基本方針として、ライフサイエンス分野の研究開発で使用される酵素類をはじめ、核酸抽出や遺伝子増幅用試薬など、多くの研究用試薬を国内で生産し供給しています。また、バイオテクノロジーの活用により、体外診断用医薬品をはじめとした、環境、食品、動植物病等の検査・診断薬の開発や製造販売も行っています。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210630006029/ja/

CONTACT

ERS Genomicsに関するお問い合わせ先

住商ファーマインターナショナル株式会社

創薬支援部 提携グループ

Email: alliance@summitpharma.co.jp

or

Katie Odgaard

Zyme Communications

Tel: +44(0)7787 502 947

Email: katie.odgaard@zymecommunications.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Synaffix宣布与普方生物达成价值2.46亿美元的ADC合作
  • Aurion Biotech Announces IOTA Cell Therapy Trial
  • rf IDEAS将在HIMSS21展会上展示与医疗合作伙伴的合作成果
  • rfアイデアズがHIMSS21でヘルスケアパートナーとの協業を紹介
  • Kyowa Kirin Provides Update on Application for Marketing Authorisation of Istradefylline in Europe for the Treatment of ‘OFF’ Episodes in People Living with Parkinson’s