医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ヒアルロン酸が豊富な軟骨細胞培養に3次元組織工学プラットフォームで成功―軟骨再生治療の新たな一歩

2021年03月11日 PM01:59
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 「 ヒアルロン酸が豊富な軟骨前駆細胞や間葉系幹細胞を含む軟骨細胞を培養するという新しい技術により、膝関節損傷の細胞治療が新たな段階を迎えた」という江戸川病院院長の加藤正二郎医師らによる論文がThe KNEE誌( https://doi.org/10.1016/j.knee.2021.02.019)に掲載されました。Edogawa Evolutionary Laboratory of Science(EELS)の研究者らは、3次元組織工学プラットフォームを用い、外部からヒアルロン酸や成長因子を加えることなしに、理想的な軟骨細胞を培養することに成功しました。この技術により、自家軟骨細胞移植(ACI)やマトリックス補助軟骨細胞移植(MACI)の治療による臨床成績の向上が期待されています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210310006074/ja/

ヒアルロン酸を豊富に含む軟骨前駆細胞の体外培養に成功した社会福祉法人仁生社 江戸川病院(東京都江戸川区)チーム (左下から)加藤正二郎 病院長、加藤正弘 理事長、加藤竜三郎 統合本部長 (左上から)藤崎孝子 秘書室副主任、三橋あゆみ 手術室師長、冨岡順子 事務部事務次長(写真:ビジネスワイヤ)

ヒアルロン酸を豊富に含む軟骨前駆細胞の体外培養に成功した社会福祉法人仁生社 江戸川病院(東京都江戸川区)チーム (左下から)加藤正二郎 病院長、加藤正弘 理事長、加藤竜三郎 統合本部長 (左上から)藤崎孝子 秘書室副主任、三橋あゆみ 手術室師長、冨岡順子 事務部事務次長(写真:ビジネスワイヤ)

再生医療分野での関節軟骨修復治療では、整形外科医や関節鏡外科医によるACI、MACIが行われており、患者自身の関節から採取した軟骨細胞をラボで培養し疾患部分に移植することで、軟骨の復元、置換、活性化、再生を行っています。ラボ環境では多くの場合、軟骨細胞が線維性軟骨として成長することが報告されていますが、体重を支える関節には硝子性軟骨が理想的であるとされています。硝子性軟骨の生体外での培養(https://doi.org/10.1016/j.reth.2020.03.006)と生体内での有効性(https://doi.org/10.1016/j.jor.2017.01.003)を証明してきたEELSチームは、今回、人工的なリプログラミングや動物性タンパク質、フィーダー細胞を使用せずに、ヒト軟骨に存在する前駆細胞や間葉系幹細胞が培養できることを証明しました(https://doi.org/10.1016/j.jor.2021.01.005)。

軟骨組織のマトリックスの中にあるヒアルロン酸は、軟骨の機能維持に不可欠であるため、治療の際にクリニックで直接注入される、またはラボでの細胞培養の際に外部から加えられています。これに対し、加藤医師のチームは、軟骨細胞が分泌したヒアルロン酸を保持する高分子ポリマーを用いて組織としての成長を促し、より高いヒアルロン酸の含有率を達成することができました。これは移植に最適な軟骨細胞を作り出すための世界初の技術と考えられ、ACIやMACIの治療に付加価値をもたらす可能性を持っています。

軟骨に必須のもう1つの要素であるmiRNA-140と本技術の体外培養中の細胞や組織の老化については、EELS、株式会社JBM、有限会社ジーエヌコーポレーションなどの連携により、「EELS-TALC」Enriched with Essentials and Lapped in Scaffold, Transplant-suitable Autologous Leveraged Chondrocytes、必須成分が豊富で、足場で保持された、移植に適した自家組織活用型の軟骨細胞)という名称で、さらなる研究が行われています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210310006074/ja/

CONTACT

Samuel JK Abraham

info@gncorporation.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • rf IDEAS将在HIMSS21展会上展示与医疗合作伙伴的合作成果
  • rfアイデアズがHIMSS21でヘルスケアパートナーとの協業を紹介
  • Kyowa Kirin Provides Update on Application for Marketing Authorisation of Istradefylline in Europe for the Treatment of ‘OFF’ Episodes in People Living with Parkinson’s
  • Invivoscribe Announces Key Submission in the EU, Expanded Presence and Activity in China
  • クラウン・バイオサイエンスが商業幹部職の新設に投資