医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

「WELL健康・安全シールを探せ」啓発キャンペーンがスタート、レディー・ガガ、ジェニファー・ロペス、マイケル・B・ジョーダン、ロバート・デ・ニーロ、ビーナス・ウィリアムズ、ウルフギャング・パック、ディーパック・チョプラ、リチャード・カルモナ第17代米公衆衛生局長官が参加

2021年01月27日 PM06:56
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) — 世界がCOVID-19と継続して闘い、地域社会がビジネスを再開しようと努める中で、建物や共有空間の安全性への信頼を高めることがこれまで以上に重要になっています。本日、レディー・ガガ、ジェニファー・ロペス、マイケル・B・ジョーダン、ロバート・デ・ニーロ、ビーナス・ウィリアムズ、ウルフギャング・パック、ディーパック・チョプラ、リチャード・カルモナ第17代米公衆衛生局長官が、WELL健康・安全評定の重要性について啓発するための新たな統合広告キャンペーンに結集しました。WELL健康・安全評定は、建物や空間がスタッフ、来訪者、その他の利害関係者の健康・安全を最優先にするために必要な措置を講じていることを確認する証拠に基づく第三者認定です。これらの広告大使は、建物に入る決断に人々がより自信を持てるよう、WELL健康・安全シールが窓やドアに貼られた建物や空間を探すよう勧めています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210127005400/ja/

WELL健康・安全シール(写真:ビジネスワイヤ)

WELL健康・安全シール(写真:ビジネスワイヤ)

この全国的な広告キャンペーンは、国際WELLビルディング協会(IWBI)による初のキャンペーンであり、当組織は、中にいる人々の健康・福祉の向上に向けて建物や地域社会を使用する方法に関する世界的権威です。このキャンペーンは、建物の設計・運用や組織の方針を通じた健康・安全の重要性を説明し、登場する大使たちがこのパンデミック中に無くなって最も寂しく感じているものに光を当てています。ジェニファー・ロペスの家族での夜の映画館訪問から、ロバート・デ・ニーロの「存在の多様性」を失った寂しさまで、これらの文化的影響力を持つ人々はそれぞれ、私たちと同様につながりへの渇望を感じており、それはそれぞれの業界や日常生活の変化を超えて広がっています。

国際WELLビルディング協会創設者で、その親会社デロスの最高経営責任者(CEO)のポール・シャッラは、次のように述べています。「これは単なる啓発キャンペーン以上のものであり、運動に火をつけることを目的としています。これらの大使と文化的影響力のある方々は、建物と共有空間を今後の健康の中心に置くという使命と、その重要性を真に信じ、私たちに協力してくださっています。その大規模な成果は、来訪者がより健康で安全になるよう私たちが屋内空間を改善することを意味します。これは関係者全員にとっての勝利です。」

WELL健康・安全評定は、建物の専門知識と10年近くの健康科学を組み合わせて屋内の安全を促進し、共有空間での重大な健康・安全問題を管理すべく、活動を指導、検証、評価、拡大する効率的で費用対効果の高い機会を生み出しています。WELL健康・安全評定は、5つの中核分野(清掃・衛生手順、緊急準備体制プログラム、医療サービス資源、空気・水質管理、利害関係者の関与とコミュニケーション)の22個の実態を調査するもので、評価を達成してWELL健康・安全シールを獲得するには最低15個が基準を満たす必要があります。

そのため、このシールは、科学、構造、そして最も重要な第三者検証に裏打ちされた信頼と安心の象徴です。2020年7月のスタート以来、数千棟の建物がIWBIのプログラムに登録しており、2021年以降も世界的な大幅採用が続くと予想されています。

国際WELLビルディング協会のレイチェル・ホジドン社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「WELL健康・安全評定は現状に対応したものですが、将来にわたってより広範な健康・安全関連の問題に対処できるように開発されました。私たちは国際社会と協力し、すべての種類の建物と組織の優先事項に柔軟に対応できるものを生み出しました。市場分野全体にわたるこの一貫性のおかげで、人々はお気に入りのレストラン、スタジアム、ホテルや、職場、託児所、大学キャンパスでこのシールを見た時に、すべての場所で同じ対策が取られていること、つまり科学に基づいた戦略が実施されて安全が最優先されていることを知ることができます。」

WELL健康・安全評定は、市場の需要に応えて開発され、IWBIのCOVID-19作業部会から情報を得ています。この作業部会には、600人近くの公衆衛生の専門家、ウイルス学者、政府関係者、学者、ビジネスリーダー、建築家、設計者、建築科学者、不動産の専門家が参加しています。15億平方フィートを超す空間がWELLサービスに登録しています。現在までに、ヤンキー・スタジアム、エンパイア・ステート・ビル、JPモルガン・チェース、ロケットモーゲージ・フィールド・ハウス、アマリー・アリーナ、スペクトラム・センター、サイモン・プロパティ・グループ、BB&Tセンター、エイムブリッジ・ホスピタリティー、AT&Tスタジアムなどが、WELL健康・安全評定を達成しています。

この一般啓発キャンペーンは本日スタートし、テレビ、デジタル動画、ソーシャル広告を通じて展開されます。テレビ・コマーシャルは、2021年初春まで全国放送されます。キャンペーンの作品は、広告代理店のSWATバイ・カーシェンバウムが開発し、スパイク・リーが監督し、ポニー・ショー・エンターテインメントが制作しました。

デロスのCMOのアンソニー・アントリノは、次のように述べています。「企業の観点からすれば、今は私たち全員にとって非常に気持ちが高まっている時期です。誰もが自信を持ってビジネスを再開できるよう支援することが重要です。これら有名人の大使は、この活動を広めるための鍵となります。」

キャンペーンの詳細情報については、www.WellHealthSafety.comをご覧ください。

国際WELLビルディング協会について

国際WELLビルディング協会(IWBI)は公益法人であり、世界の健康文化を前進させるために人々を第一に考えた空間を展開することに焦点を当てた世界有数の組織です。WELLビルディング・スタンダードは、WELL v2、WELLコミュニティー・スタンダード、WELL健康・安全評定、WELL認定プロフェッショナルを含むWELLエコシステムを支えています。IWBIは、適用可能な研究の遂行、教育資源の開発、あらゆる場所ですべての人のために健康とウェルネスを促進する政策の提唱を通じて、そのコミュニティーを動かしています。WELLの詳細情報は、こちらをご覧ください。

International WELL Building Institute、IWBI、WELL Building Standard、WELL v2、WELL Certified、WELL AP、WELL Portfolio、The WELL Conference、WELL Community Standard、WELL Workforce、WELL Health-Safety Rating、WE ARE WELL、WELLなどとその関連ロゴは、米国およびその他の国々におけるInternational WELL Building Institute pbcの商標または認証マークです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210127005400/ja/

CONTACT

Samantha Wolf

Tel. 646-935-4032

samantha.wolf@ketchum.com

Jamie Matos

media@wellcertified.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • ERS Genomicsと日本エスエルシーがCRISPR/Cas9ライセンス契約に署名
  • Mirum Pharmaceuticals and GC Pharma Enter into Exclusive Licensing Agreement to Develop and Commercialize Maralixibat for Rare Liver Diseases in South Korea
  • Dr. Revati Shreeniwas Joins ImmunoMet Therapeutics as Chief Medical Officer
  • Adagio Therapeutics Partners with Biocon Biologics to Bring Potent and Broadly Neutralizing COVID-19 Antibody Treatment to Patients in India and Select Emerging Markets
  • Twist Bioscience社がMOLCURE社の人工知能技術を導入し、抗体医薬品の探索を強化