医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

XlearがSARS-CoV-2との戦いに貢献すべく、Xlear鼻スプレーの使用に関してCOVID-19事前緊急使用許可をFDAに申請

2020年12月09日 PM11:11
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ワシントン

(ビジネスワイヤ) — Xlear(クリア)は本日、事前緊急使用許可(Pre-EUA)申請を米国食品医薬品局(FDA)に行いました。Pre-EUAは、COVID-19をもたらすSARS-CoV-2ウイルスとの戦いに役立つ新たな衛生ツールとしてのXlear点鼻スプレーの承認を追求するための第一歩となります。

XlearによるPre-EUA申請の基盤となる初期データは、Xlear点鼻スプレーが鼻腔のSARS-CoV-2ウイルス量を低減し得るか、さもなければ弱毒し得ることを示しています。SARS-CoV-2との戦いでのXlear点鼻スプレーの使用を研究した医師で、呼吸器疾患の世界的な専門家であるグスタボ・フェラー医師は、「研究から、定期的な鼻洗浄が、SARS-CoV-2ウイルス(COVID-19)を含め、ウイルス感染の低減に貢献し得ることが示されています。考え方は簡単で、鼻腔を洗浄すればウイルスは減り、ウイルスが減れば感染のリスクは低くなります」と述べています。

Pre-EUA申請はXlearを洗浄に使用することに着眼していますが、XlearがSARS-CoV-2に対して抗ウイルス性と殺ウイルス性の両方を持つことを示す最近の研究を受けてのものです。

FDAによるCOVID-19 EUAの決定で要となるのがリスク・ベネフィット評価です。つまり、世界的流行病の脅威を考慮し、緊急使用がもたらし得るベネフィットが、既知のあらゆるリスクを上回るかどうかが評価されます。Xlearは過去20年間にわたり何百万という人々が鼻腔の洗浄と保湿に使用していますが、重大な有害事象は1件も報告されていません。同時に、予備的データはXlearがSARS-CoV-2に対抗する潜在的ベネフィットを持つことを示しています。Xlearのネイサン・ジョーンズ最高経営責任者(CEO)は、「SARS-CoV-2に対抗するXlearの有効性を確認するためにはさらなる研究が必要となります。ただし当社は、潜在的なベネフィットが実質的に存在しないリスクを上回ることが、利用可能なデータで明らかに示されていると考えます。FDAとの交渉を早く前進させ、SARS-CoV-2に対する現在の衛生戦略に足りないところを補いたいと思います。人々はCOVID-19発症を防ぐための多層防御の一部として、Xlearを使用すべきです。公衆衛生当局が推奨する他の対策の実施に加え、誰もがXlearを使用すれば、SARS-CoV-2の感染率を全国規模で低下させることができると当社は考えます」と述べています。

Xlearは現在、鼻腔の洗浄・保湿用の鼻洗浄剤として、5万軒以上の薬局、食料雑貨店、オンラインで販売されています。

Xlearについての詳細情報:https://xlear.com/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20201209005615/ja/

CONTACT

Jeff Gulko

617.304.7339

jeff@thegulkogroup.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • rf IDEAS将在HIMSS21展会上展示与医疗合作伙伴的合作成果
  • rfアイデアズがHIMSS21でヘルスケアパートナーとの協業を紹介
  • Kyowa Kirin Provides Update on Application for Marketing Authorisation of Istradefylline in Europe for the Treatment of ‘OFF’ Episodes in People Living with Parkinson’s
  • Invivoscribe Announces Key Submission in the EU, Expanded Presence and Activity in China
  • クラウン・バイオサイエンスが商業幹部職の新設に投資