医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PHC株式会社:配薬支援および決済サービスを実現した「ヘルスケア手帳」サービスを導入-患者さんへの医療サービス向上を目指したクラウドサービス連携ソリューション「Medicom Cloudコネクト」第一弾

2020年07月14日 PM01:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — PHC株式会社(本社:東京都港区)は、このたび、新たなシステム連携ソリューション「Medicom Cloudコネクト」の第一弾として、当社の販売する電子版お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」サービス(*1)を利用した配薬および決済サービスの導入を決定しましたのでお知らせいたします。本サービスは、株式会社MICIN(マイシン、本社:東京都千代田区、以下「MICIN」)が提供する、薬局向け服薬指導用サービス「curon(クロン)お薬サポート(*2)」との新たな連携により実現し、本年9月の発売を目指して開発を進めています。「Medicom Cloudコネクト」は、医療従事者の皆様が患者さんへのよりよい医療サービスを実現するために、当社およびパートナー企業が運営するそれぞれのクラウドサービスをつなげる連携ソリューションです。

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、医療機関と患者さんとの直接接触による院内感染や、ウイルス感染を恐れて医療機関の受診を中断する患者さんの治療離脱の増加が懸念されています。さらに、本年9月に施行される薬機法改正に基づき、オンライン服薬指導が新たに認可されることより、パソコンやスマートデバイスなどを活用したオンラインによる医療サービスの充実が求められています。

「ヘルスケア手帳」サービスは、服用薬の情報をはじめ、血圧などの個人の健康情報をスマートフォンで一元管理し、薬局へ処方せんを事前に送信することで、患者さんの薬局での待ち時間の削減を目的とする保険薬局向けサービスです。「curonお薬サポート」サービスは、オンライン診療や電話での再診を受けた患者さんに対して、薬剤師が電話を介した服薬指導を実施する際に、処方薬のクレジットカード決済および、宅配便業者との提携によって、患者さん宅への効率的な医薬品の配送を可能とするサービスです。このたび、両サービスをシステム連携することで、患者さんは、ヘルスケア手帳スマートフォンアプリを利用して、処方せんを薬局に送信できるだけでなく、オンラインによる処方薬のクレジットカード決済や薬局から自宅までの配送サービスを受けることが可能となるため、薬局に行く手間や時間を削減できます。さらに、薬局への移動が難しい高齢の方々やウイルス感染への懸念から薬局訪問を躊躇する患者さんなどの、欠薬による疾病の重症化予防への効果も期待できるとともに、薬局における会計業務の負担軽減や医薬品の配送業務の効率化を実現し、薬剤師の時間創出に貢献します。

PHC株式会社は、糖尿病マネジメント、診断・ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うグローバルヘルスケア企業であるPHCグループの日本における事業会社です。4,000施設を超える医療機関にオンライン診療サービス「curon(クロン)」を提供するなど、患者さんと医療従事者を繋ぐ医療系アプリケーション開発で実績を有するMICINとの連携によって実現する新たなサービスは、メディコム(*3)ブランドを掲げる国内のヘルスケアIT事業における保険薬局向け製品ラインアップの付加価値向上を目的とするものです。

PHCホールディングス株式会社にて執行役員およびヘルスケアサービス共同ドメイン長を務める大塚孝之は、「当社が2014年に開発した『ヘルスケア手帳』サービスは、先進的且つ社会への波及効果を持つビジネスモデルとして高く評価(*4)いただき、現在、3,300店舗を超える薬局で導入いただくとともに、その利用者は45万人を突破いたしました。このたびの『curonお薬サポート』サービスとのシステム連携をはじめとして、今後もパートナー企業との連携を強化し、『ヘルスケア手帳』サービスをお使いいただく患者さんの利便性と薬剤師の業務効率のさらなる向上を図ります。日本のヘルスケアサービスにおいてベストインクラスのプレシジョンとデジタルソリューションを提供するリーダーとなることを目指す当社は、今後も、患者さんと薬剤師をデータで繋ぎ、患者さんの健康管理の強化を図るための、より最適なソリューションを提供することで、より質の高い医療の実現に貢献してまいります」と述べています。

(*1)www.phchd.com/jp/medicom/telehealth/clinic
(*2)https://micin.jp/news/2460
(*3)PHC株式会社におけるヘルスケアIT製品のブランド名
(*4)2018年に第5回“ヘルスケア産業づくり”貢献大賞特別賞を受賞(phchd.com/jp/phc/news/2018/0622

<PHCホールディングス株式会社について>

PHCホールディングス株式会社は、2014年に設立され、傘下にPHC株式会社やアセンシア ダイアベティスケアホールディングス株式会社、エプレディア、株式会社LSIメディエンスなどを持つグローバルヘルスケア企業です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し、豊かな社会づくりに貢献することを経営理念とし、糖尿病マネジメント、診断、ライフサイエンスおよびヘルスケアサービス事業領域において、開発、製造、販売、サービスを行っています。その製品・サービスは、世界125カ国以上のお客様にお使いいただいています。
www.phchd.com/jp

<PHC株式会社・メディコム事業部について>

PHC株式会社は、糖尿病マネジメント、診断・ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うグローバルヘルスケア企業であるPHCグループの日本における事業会社です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念として、付加価値の高い製品・サービスを世界125カ国以上のお客様にお届けしています。メディコム事業部は1972年に国内で初めて医事コンピューターを開発、発売して以来、事業ブランド「メディコム」を掲げ、電子カルテシステムをはじめとしたヘルスケアIT製品・サービスの提供を通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率改善に取り組んでいます。
www.phchd.com/jp/medicom/about

<株式会社MICIN(マイシン)について>

株式会社MICINは医師で代表取締役の原聖吾が2015年に設立しました。オンライン診療/服薬指導などを手掛けるアプリケーション事業、医療データをAIなどで解析・活用するデータソリューション事業、医薬品の臨床開発向けデジタルソリューション事業を展開しています。「すべての人が納得して生きて、最期を迎えられる世界を」というビジョンの実現を目指しています。
https://micin.jp/

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200713005724/ja/

CONTACT

【お問い合わせ先】

PHCホールディングス株式会社

コーポレートコミュニケーション部

岡田 昌代

電話:03-6778-5311

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 武田通过与Moderna和日本政府合作,在日本扩大COVID-19疫苗供货
  • ABEC将向百因诺生物交付业内首台6000L一次性生物反应器
  • Ocular Therapeutix™ and AffaMed Therapeutics Announce License Agreement and Collaboration for DEXTENZA® and OTX-TIC in Asia
  • The McQuade Center for Strategic Research and Development Enters Collaboration Agreement with Rugen Holdings (Cayman) Limited to Develop Novel Treatment for Patients with Diverse Psychiatric Disorders
  • 国連世界都市デーを機に、G20のアーバン20(U20)エンゲージメント・グループがCOVID-19を受けて「世界都市強靭性基金」の創設を発表