医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

COVID-19ウイルスに対するBETADINE®うがい・洗口液の有効性を裏付けるラボ研究

2020年07月03日 AM09:21
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

マレーシア・クアラルンプール

(ビジネスワイヤ) — マレーシアのマラヤ大学熱帯感染症研究教育センター(TIDREC)が完了したラボ試験で、COVID-19疾患を引き起こす新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対し、BETADINE®(ベタジン)うがい・洗口液が有効であることが裏付けられました。BETADINE®はマレーシアでムンディファーマが製造販売しています。

BETADINE®うがい・洗口液は2種類の濃度、すなわち原液(PVP-I 1% w/v)および1:2希釈液(PVP-I 0.5% w/v)にて、確立された欧州標準(EN14476)の手法・規格に従い、殺ウイルス活性の試験を実施しました。試験ではインビトロでの強力な殺ウイルス活性が示され、被験製品はわずか15秒でSARS-CoV-2ウイルスの99.99%を死滅させました。

TIDRECの研究成果はブリティッシュ・デンタル・ジャーナル(BDJ)誌に受理され、2020年6月26日にレターとして掲載されました。同誌は、英国歯科医師会に代わってシュプリンガー・ネイチャーが発行しています。

本研究の主任研究員でマラヤ大学TIDRECポスドク研究員のPouya Hassandarvish博士は、次のように述べています。「ラボ試験でBETADINE®うがい・洗口液は、COVID-19に対し有効で、人々やコミュニティーの安全を保つために続けられている活動に貢献し得ることを示しました。」

ムンディファーマのラマン・シン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「これらの結果は、BETADINE®うがい・洗口液が、適切に、そしてPPEを含む他の予防措置オプションと併用することで、COVID-19を含む感染症の拡大制限において役割を果たし得るという当社の考えを裏付けるものです。」

「またこれらの結果から、医療・歯科コミュニティーは、特にCOVID-19対策の研究が実施された製品を使用しているという、科学に基づく自信が得られます。」

ポビドンヨード(PVP-I)を含むBETADINE®殺菌剤製品はすでに、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの大流行をもたらしたコロナウイルスを含め、広範なウイルスに対し有効であることが証明されています。BETADINE®殺菌剤製品シリーズは、細菌・ウイルス・真菌を含む広範な微生物に対して有効で、病院や家庭で一般的に使用されているポビドンヨード(PVP-I)を含んでいます。

TIDRECについて

TIDRECは、マレーシアの学術機関および研究産業のための国内および国際の共同研究の中心地として機能しています。またTIDRECは、教育と能力開発も重視しています。TIDRECは安全なラボサイエンスの唱導を通じ、世界各地の医療ニーズに貢献する熱帯感染症の研究・教育における卓越拠点として国際的に認められることを目指しています。

TIDRECは、強毒性の病原体を扱う研究のためのバイオセーフティーレベル2および3の完全認定を受けたモジュール式ラボを設置したマレーシア初の研究センターです。またTIDRECは、模擬バイオセーフティーレベル3訓練施設を現時点で運営している唯一のセンターです。またTIDRECの施設内には、WHOアルボウイルス・リファレンス研究協力センターがあります。本センターは薬剤スクリーニング、診断キット用妥当性確認試験、ベクター媒介性疾患の研究協力などのサービスを提供しています。

TIDRECの使命は、国際社会に大きな影響を及ぼす潜在力があり、顧みられない熱帯感染症の研究に傾注することで、知識を向上させることです。

ムンディファーマについて

ムンディファーマの各独立関連会社は、世界各国の製薬市場をカバーする非公開企業です。ムンディファーマは、常に高品質の製品を提供すると同時に、自社を象徴する価値に忠実な企業の典型例です。当社の使命は、がん性および非がん性の疼痛による患者の苦しみを緩和し、これら患者の生活の質を大きく改善することです。ムンディファーマは、疼痛、オンコロジー、がん支持療法、眼科、呼吸器疾患、コンシューマーヘルスケアなどの分野で、重度の衰弱性疾患を持つ患者に対し、新規治療選択肢の利点を提供することに専心しています。

BETADINE®について

BETADINE®シリーズの製品は世界中の病院と消費者から60年以上にわたり信頼されており、感染症の予防と治療に使われてきました。ムンディファーマは過去数年間、BETADINE®シリーズを拡張して、上気道感染症から傷口感染、婦人科衛生、感染症と大流行、個人衛生と手指衛生まで、幅広い症状の予防・治療・管理に使用するポビドンヨードと非ポビドンヨードのシリーズを取り揃えるようにしました。生体外研究と臨床研究から、BETADINE®ポビドンヨードは抗生物質耐性菌株を含む広範な細菌・ウイルス・真菌を殺菌することが実証されています。

®: BETADINEはムンディファーマの登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200702005604/ja/

CONTACT

For further information please contact:

Alice George

Principal Consultant

AG Global Communications

A-13-4, Tiara Faber

456, Jalan Desa Utama

Taman Desa

58100 Kuala Lumpur

Malaysia

Email: alice.agcomm@gmail.com

Mobile: +60196008157

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda FY2020 H1 Results Demonstrate Portfolio Resilience; Confirms Full-Year Management Guidance & Raises Forecasts for Free Cash Flow, Reported OP & Reported EPS
  • 武田薬品工業: 2020年度上期はポートフォリオの底力を実証:通期のマネジメント・ガイダンスを維持、フリー・キャッシュ・フロー、財務ベース営業利益、財務ベースEPSを上方修正
  • Moderna Partners with Takeda and the Government of Japan to Supply 50 Million Doses of mRNA Vaccine Against COVID-19 (mRNA-1273) to Japan
  • Takeda Expands COVID-19 Vaccine Supply in Japan Through Partnership with Moderna and Government of Japan
  • First Patients Treated with the World’s Smallest Heart Pump, the 9Fr Impella ECP