医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ヒルトンが清潔なホテルの新基準を設定し、RB/ライゾールおよびメイヨークリニックとの協力でチェックインからチェックアウトまでの衛生慣習を向上

2020年05月01日 AM04:04
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米バージニア州マクリーン

(ビジネスワイヤ) — ヒルトン(NYSE:HLT)は本日、世界各地のヒルトン施設で業界の新基準となる衛生・消毒基準を実施する新たなプログラムについて発表しました。ホテル業界で初の試みとして、ヒルトンはRB(ライゾールとデトールのメーカー)と協業し、メイヨークリニックの指導を受けて衛生プロセスの強化とチームメンバーの訓練プログラム開発に取り組みます。チェックインからチェックアウトまで、これまで以上に清潔で安全な滞在体験をヒルトンのゲストの皆さまにご提供いたします。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20200430005900/ja/

ヒルトンが清潔なホテルの新基準を設定し、RB/ライゾールおよびメイヨークリニックとの協力でチェックインからチェックアウトまでの衛生慣習を向上させる。(写真:ビジネスワイヤ)

ヒルトンが清潔なホテルの新基準を設定し、RB/ライゾールおよびメイヨークリニックとの協力でチェックインからチェックアウトまでの衛生慣習を向上させる。(写真:ビジネスワイヤ)

Hilton CleanStay with Lysol Protection(北米での名称)は、清掃方法と提供商品に関するRBの信頼されるノウハウと科学的アプローチを取り入れた厳格なシステムとなります。メイヨークリニックの感染症予防・抑制チームの専門家が助言を提供し、ヒルトンの清掃・消毒手順の強化を支援します。

世界各地のヒルトン施設では、既に高水準の施設管理と衛生基準が採用され、現在医療グレードの清潔な製品と新たな手順が使用されていますが、Hilton CleanStayはそれをさらに強化します。Hilton CleanStayの目的は、18ブランドで6,100箇所を超えるヒルトン施設のどこに滞在するゲストの皆さまにも保証と安心を提供することです。このイニシアチブは、客室、レストラン、フィットネス・ルーム、その他の共用スペースなど、ゲストの皆さまが滞在期間中に接触するところでの清潔さに重点を置きます。

Hilton CleanStayは、COVID-19パンデミック中に変化してきた消費者の期待に応えるために考案されました。調査によれば、消費者の間では旅行中の衛生に関する心配が高まっており、衛生基準に対する信頼が旅行の再開に不可欠な要素となります。

ヒルトンのクリストファー・J・ナセッタ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社は常にゲストとチームメンバーの安全を最優先してきました。Hilton CleanStayは、私たちが過去数カ月間に構築したベスト・プラクティスと手順を発展させ、ゲストの皆さまに安心してくつろいでいただき、私たちが提供できる忘れられない体験を十分に享受していただけるようにするものです。また同時に、ホスピタリティの最前線で働くチームメンバーの身体も守ります。」

この複数年のパートナーシップにおいて、RBは衛生・消毒面の主要人材とライゾールのエキスパートを提供し、130年を超える科学的研究とソートリーダーシップを活用することで、意識向上、訓練・教育、商品提供、システムに関するサポートを行います。RBとヒルトンは、このプログラムを世界的なパートナーシップへと拡大する機会も模索しています。

「RBは、清潔で健康的な世界の飽くなき追求を進めています。私たちが皆、新たな形で仕事とレジャー活動に戻ることを心待ちにする中で、現在と未来のすべての消費者を守ることは極めて重要です。私たちは、ヒルトンおよびメイヨークリニックと協力してこの専門能力と独自の製品ソリューションをHilton CleanStay with Lysol保護プログラムに提供できることをうれしく思います」と、RBの北米、衛生・家庭部門担当EVPのRahul Kadyan氏は述べています。

メイヨークリニックとヒルトンには、過去に接点がありました。晩年に、コンラッド・ヒルトンはメイヨークリニックの患者となり、支援者にもなりました。1972年にヒルトンが行った1,000万ドルの寄付を受けて発足したthe Conrad N. Hilton Building for Laboratory Medicineは、臨床検査医学のために特別に設計されたメイヨークリニック初の複合施設となりました。この建物は1974年10月18日にオープンし、今もミネソタ州ロチェスターにあるメイヨークリニックの施設の一部を構成しています。

米国で最高位にランクされる医療機関であるメイヨークリニックは、その経験と専門能力を発揮して、清掃手順、訓練プログラム、質の確保に関する助言をヒルトンの各ホテルに提供します。

「私たちが世界各地で仕事と余暇の活動を再開するに当たり、個人の安全は極めて重要です。私たちは、国家や世界規模でのCOVID-19対応のためにメイヨークリニックの専門能力と知識を生かすことができることを誇りに思います。メイヨークリニックは、プログラムの手順と訓練に関してヒルトンのスタッフに協力して助言を提供できることを楽しみにしています」と、メイヨークリニック感染症専門家のStacey Rizza氏(M.D.)は語っています。

メイヨークリニックの医療面・技術面の専門家の支援を得て、ヒルトンは清掃手順を改め、医療水準の衛生基準のベスト・プラクティスをホテルの客室に応用します。メイヨークリニックのCOVID-19対応チームの医療専門家も新たな技術やアプローチに関して助言を行い、訓練開発を支援し、厳格な質保証プログラムを作り上げます。

プログラムの完全な詳細は現在検討中であり、近いうちに発表できる見込みですが、ホテル・ブランド基準として現在検討されているものを以下に紹介します。

  • ヒルトン・クリーンステイ・ルーム・シール:客室のドアに封印をすることで、部屋が隅々まで清掃された後に誰も入室していないことを示し、安心感を高めます。
  • 10箇所のハイタッチ・ディープクリーン・エリア:客室内で最も頻繁に手を触れる部分を追加消毒します(照明スイッチ、ドアの取っ手、テレビのリモコン、空調スイッチなど)。
  • 紙製アメニティの片付け:ペン、用紙、ゲストブックを撤去し、デジタル化するか要望に応じた提供に切り替えます。
  • フィットネス・センターへの注力:ホテルのフィットネス・センターの消毒ガイドラインを改善します。例えば、1日に何度か閉鎖して清掃を行うことや、同時に利用するゲストの人数を制限することが考えられます。
  • 何度も何度も清掃:共用エリアの清掃頻度を高めます。
  • ゲスト用消毒ワイプ:主な出入り口や通行量の多いエリアにステーションを設け、例えばゲストがエレベーターのボタンを押す前にボタンを自分で拭くことができるようにします。
  • 非接触チェックイン:ヒルトンは、到着時に非接触での手続きを望まれるゲストのために、受賞歴のあるデジタルキー技術を推進します。ヒルトン・オナーズのモバイルアプリを使用することで、対応ホテルでは、チェックイン、部屋の選択、デジタル・ルームキーでの部屋の解錠、チェックアウトがモバイル端末で可能になっています。ヒルトンは、デジタルキーの機能を今後も拡大し、ホテル内のいろいろなドアや出入り口にも使用できるようにしていきます。
  • 革新的な消毒技術:ヒルトンは、新しい技術の導入も検討しています。これには、静電気を帯びたミストで消毒する静電気噴霧器や壁・物体を消毒する紫外線の利用が含まれます。

新しい清掃プロセスを通じて、ホテルのチームメンバーには個人防護具が支給され、訓練も強化されます。これは、ヒルトンだけのホスピタリティを提供しながら自分の健康を守るために考えられたものとなります。

ヒルトンについて

ヒルトン(NYSE: HLT)は、世界119ヵ国に6,100軒以上(97万1,000室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、「the 2019 World’s Best Workplaces list(2019年度世界で最も働きがいのある会社)」のトップに、またダウ・ジョーンズ持続可能性指数では「2019 Global Industry Leader(2019年度世界的業界リーダー)」に選ばれています。ヒルトンはこれまで100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億300万人以上を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は宿泊日数に応じてポイントを獲得し、お金では手に入れることのできない経験を得ることができるほか、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。最新の情報はこちらをご覧ください。newsroom.hilton.comFacebookTwitterLinkedInInstagramYouTube.

RBについて

RB*は、清潔で健康的な世界の飽くなき追求を推進する中で、守り、治し、育むことを目的に活動しています。私たちは、最高水準の衛生、健康、栄養の入手があらゆる人々の特権ではなく基本的権利となるように、闘っています。RBは、190カ国以上の家庭で愛用いただいている信頼される家庭用品ブランド群を有していることを誇りとしています。当社ブランドには、Enfamil、Nutramigen、Nurofen、Strepsils、Gaviscon、Mucinex、Durex、Scholl、Clearasil、Lysol、Dettol、Veet、Harpic、Cillit Bang、Mortein、Finish、Vanish、Calgon、Woolite、Air Wickなどがあります。世界で毎日2000万個のRB製品が消費者によって購入されています。

PBは、消費者と人々を最優先し、新たな機会を追求し、あらゆる面で優れた業務遂行に努力し、全パートナーと共有できる成功を目指しており、それを正しい行いを進めながら追求することに熱意を持っています。これが、当社が世界各地に擁する4万人を超える多様な有能な人材が行うあらゆる仕事の指針となっています。詳細情報については、www.rb.com/usをご覧ください。

*RBは、レキットベンキーザー・グループ企業の商号です。

メイヨークリニックについて

メイヨークリニックは、臨床業務や教育・研究の革新に力を入れる非営利団体であり、治癒を必要としているあらゆる人々に思いやり、専門能力、回答を提供しています。メイヨークリニックの最新情報についてはMayo Clinic News Networkを、詳細情報についてはAn Inside Look at Mayo Clinicをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200430005900/ja/

CONTACT

Kristen Wells

Director, Global Brand Communications

+1 703 883 5826

Kristen.Wells@Hilton.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda to Divest TachoSil® to Corza Health for €350 Million
  • 新たな研究:ハンドドライヤーによる手の乾燥はペーパータオルと同じくらい衛生的
  • Body Fit Training PTY LTD Sues to Invalidate F45 Training PTY LTD’s U.S. Patents
  • Singapore and Apple Partner on National Health Initiative Using Apple Watch
  • 最新研究:干手机与用纸巾擦干双手一样卫生