医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PHC株式会社:医薬品や試料のより適切な冷蔵保存および、省エネルギーと地球環境保護を追求した薬用冷蔵ショーケースを発売

2020年04月14日 PM02:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — PHC株式会社(本社:東京都港区)は、このたび、医療機関および研究施設向けに、ノンフロン自然冷媒(*1) とインバーター制御コンプレッサーを搭載した、薬用冷蔵ショーケース(品番:MPR-S300H/MPR-S150H)(*2) を発売しましたので、お知らせいたします。

当製品は、医療機関や創薬・ライフサイエンス研究で使用される医薬品や試料を安心して冷蔵保存できるだけでなく、地球環境に配慮しながら、大幅な省エネルギーを実現した薬用冷蔵ショーケースです。主な特徴は以下のとおりです。

1. ノンフロン自然冷媒とインバーター制御コンプレッサーで消費電力量を約56%削減

冷却効率の高いノンフロン自然冷媒の採用と、電力消費を低減するインバーター制御コンプレッサーの搭載により、従来機種と比べて約56%(*3) の消費電力量削減を実現しました。また、フロンや代替フロンを用いないノンフロン自然冷媒の活用により、オゾン層を破壊せず地球温暖化防止にも貢献する、環境にやさしく経済的な製品です。

2. 扉ガラスの結露の低減と庫内の温度精度の向上

アルゴンガスを封入した高断熱複層ガラス(*4) の採用と、扉下部からの送風により、扉ガラスの結露の発生を抑制(*5) します。さらに、インバーター制御コンプレッサーの採用によって温度制御性能の向上を実現し、医薬品や試料のより適切な温度帯での冷蔵保存が可能となります。

3. 庫内温度のトレーサビリティと、より詳細な温度表示

0.1℃単位による温度表示が選択できる他、温度変化による警報やドア開閉履歴の自動保存を通じて庫内温度を継続的にトレースすることで、医薬品や試料が正しい温度範囲で冷蔵保存され、適切に管理されていることをエビデンスとして残すことが可能です。

PHC株式会社は、糖尿病マネジメント、診断・ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うグローバルヘルスケア企業であるPHCグループの日本における事業会社です。このたび発売した製品は、「ライフサイエンス」事業における地球環境保全および省エネルギーを追求した製品ポートフォリオの拡充につながるものです。

PHCホールディングス株式会社にて執行役員および診断・ライフサイエンス共同ドメイン長、PHC株式会社にて取締役およびバイオメディカ事業部長を務める中村伸朗は、「2018年4月の社名変更に伴い、新しい事業ブランド『PHCbi』を採用したライフサイエンス事業の歴史は、1966年の薬用保冷庫の発売に始まります。高い技術と品質を誇る同製品は、日本国内でNo.1の市場シェア(*6)を有するまで成長し、医療の発展を支えています。このたび発売した薬用冷蔵ショーケースは、ノンフロン自然冷媒およびインバーター制御コンプレッサーの採用により、温室効果ガスの排出抑制と、さらなる省エネルギー化を実現することで、持続可能な地球環境の創生への貢献にもつながると期待しています。今後も、医療をめぐる環境やニーズの変化を予測し、医療従事者や研究者の皆様に、より付加価値の高い研究・医療支援機器およびサービスを提供することで、次世代医療の実現に向けた最先端の研究に貢献してまいります」と述べています。

(*1)アンモニア、二酸化炭素などの自然界に存在する物質を使用した冷媒。従来、冷媒に使われていたオゾン層破壊物質であるフロンを用いていないため、環境への悪影響が少ないとされる。
(*2)製品に関する詳細:
www.phchd.com/jp/biomedical/preservation/pharmaceutical-refrigerators/mpr-s300h (MPR-S300H)
www.phchd.com/jp/biomedical/preservation/pharmaceutical-refrigerators/mpr-s150h (MPR-S150H)
(*3)従来機種: MPR-S313、MPR-S163、MPR-414Fとの比較
(*4)アルゴンガスは熱が伝わりにくい特性をもつ。複層ガラスの間にアルゴンガスを封入することで、ガラス間の空気層が熱の流出を抑制し、遮熱、断熱、防露、UVカット機能に優れている。
(*5)具体的な画像はバイオメディカ事業部の公式Facebookサイトを参照:www.facebook.com/PHCbiJP/
(*6)出典:富士経済「ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性2019」(2018年実績)

<PHC株式会社・バイオメディカ事業部について>
PHC株式会社は1969年に設立し、糖尿病マネジメント、診断・ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うPHCホールディングス株式会社の日本における事業会社です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念として、付加価値の高い製品・サービスを世界125カ国以上のお客様にお届けしています。バイオメディカ事業部ではCO2インキュベーターや超低温フリーザーをはじめとした研究・医療支援機器・サービスの提供を通じて、110カ国以上の科学者と研究者への研究支援に取り組んでいます。
www.phchd.com/jp/biomedical/about-phcbi

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200413005530/ja/

CONTACT

PHCホールディングス株式会社

コーポレートコミュニケーション部

岡田 昌代

電話:03-6778-5311

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda to Divest TachoSil® to Corza Health for €350 Million
  • 新たな研究:ハンドドライヤーによる手の乾燥はペーパータオルと同じくらい衛生的
  • Body Fit Training PTY LTD Sues to Invalidate F45 Training PTY LTD’s U.S. Patents
  • Singapore and Apple Partner on National Health Initiative Using Apple Watch
  • 最新研究:干手机与用纸巾擦干双手一样卫生