医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PHC株式会社:医療従事者の利便性および、患者さんへの医療サービス向上を目指したオンプレミスとのハイブリッド運用が可能なクラウド対応ソリューション「MedicomCloudシリーズ」第2弾を発売

2020年01月27日 PM01:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — PHC株式会社(本社:東京都港区)は、2月10日に、クラウド対応ソリューション「MedicomCloudシリーズ」の第2弾として、保険薬局向け「DrugstarLead クラウド薬歴(*1)」を発売しますのでお知らせいたします。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20200126005030/ja/

「DrugstrarLead クラウド薬歴」概念図(画像:ビジネスワイヤ)

「DrugstrarLead クラウド薬歴」概念図(画像:ビジネスワイヤ)

近年の急速な高齢化の進展と提供される医療が多様化する中、かかりつけ薬局・薬剤師の役割もまた、より重要となってきています。特に、在宅医療を受ける患者さんに対しては、薬剤師の訪問による服薬指導の充実など、より効率的で質の高い服薬指導を行うことで、一人ひとりの患者さんの状況に応じた最適なコミュニケーションを行うことが必要とされています。

「DrugstarLead クラウド薬歴」は、オンプレミス(*2)型保険薬局用電子薬歴システム「PharnesV-MX(*3)」および「DrugstarPrime2(*4)」に搭載し、タブレットなどのモバイル端末を用いて、服薬指導から薬歴承認まで、薬歴に関係する一連の業務を効率的に完結できる、オンプレミスとクラウドのハイブリッド型システムを搭載する対面型薬剤情報システムです。クラウドサーバーと薬局内サーバーとがリアルタイムで同期することで、最新の患者さんの薬歴データが常時双方に複製保存されるため、いつでもどこでも、薬歴情報の参照や入力作業が可能です。これにより、薬剤師の業務効率の向上と、在宅医療を含め、患者さんへの医療サービスの充実を図ります。

PHC株式会社は、糖尿病マネジメント、診断、ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うグローバルヘルスケア企業であるPHCグループの日本における事業会社です。このたび発売する「MedicomCloudシリーズ・DrugstarLead クラウド薬歴」は、ヘルスケアIT事業における製品ラインアップの拡充を目的とするものです。

PHC株式会社にて取締役およびメディコム(*5)事業部長を務める大塚孝之は、次のように述べています。「当社は、1972年に日本で初めて医事コンピューターを発売して以来、蓄積された経験と知識を活用し、医療情報システム分野において医療IT業界をリードする製品を提供してまいりました。日本のヘルスケアサービスにおいてベストインクラスのプレシジョンとデジタルソリューションを提供するリーダーとなることを目指す当社は、本年1月22日に発売した診療所用医事一体型電子カルテ『Medicom-HRf Standard』に続いて『DrugstarLead クラウド薬歴』を導入し、今後も『MedicomCloudシリーズ』のさらなる展開を図り、より利便性の高いオンプレミスとクラウドのハイブリッド型サービスの提供を推進します。」

また、大塚孝之は、続けて「『DrugstarLead クラウド薬歴』及び『DrugstarPrime2』の開発元である、東日本メディコム株式会社において取締役および開発部長を務める松本卓也氏との合意に基づき、『DrugstarLead クラウド薬歴』を活用した次世代調剤システムの共同開発にも着手いたします。そして、今後も医療をめぐる環境やニーズの変化を予測し、医療従事者の皆様に、より最適なソリューションを提供することで、より質の高い医療の実現に向けて貢献してまいります」と述べています。

なお、同製品は、1月28日より29日まで東京ビッグサイトで開催される「Care Show Japan ヘルスケアIT 2020」のPHCブースにて展示いたします。(展示会場:Bホール G-15)
www.phchd.com/jp/~/media/medicom/events/2019/healthit02.pdf

(*1)「DrugstarLead」は開発元である東日本メディコム株式会社の登録商標 www.phchd.com/jp/medicom/solution/drugstarlead
(*2)サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、使用者が管理している施設の構内に機器を設置して運用すること
(*3)薬局の働き方を効率化する電子薬歴システム www.phchd.com/jp/medicom/pharmacies/pharnes5mx
(*4)薬局の患者接点を強化し経営をサポートする電子薬歴システム
開発元である東日本メディコム株式会社の登録商標 www.phchd.com/jp/medicom/pharmacies/prime2
(*5)PHC株式会社におけるヘルスケアIT製品のブランド名

<PHC株式会社・メディコム事業部について>

PHC株式会社は、糖尿病マネジメント、診断、ライフサイエンス、ヘルスケアサービスの事業分野で開発、製造、販売、サービスを行うグローバルヘルスケア企業であるPHCグループの日本における事業会社です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念として、付加価値の高い製品・サービスを世界125カ国以上のお客様にお届けしています。メディコム事業部は1972年に国内で初めて医事コンピューターを開発、発売して以来、事業ブランド「メディコム」を掲げ、電子薬歴システムをはじめとしたヘルスケアIT製品・サービスの提供を通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率改善に取り組んでいます。
www.phchd.com/jp/medicom/about

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200126005030/ja/

CONTACT

【お問い合わせ先】

PHCホールディングス株式会社

コーポレートコミュニケーション部

岡田 昌代

電話:03-6778-5311

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda to Divest TachoSil® to Corza Health for €350 Million
  • 新たな研究:ハンドドライヤーによる手の乾燥はペーパータオルと同じくらい衛生的
  • Body Fit Training PTY LTD Sues to Invalidate F45 Training PTY LTD’s U.S. Patents
  • Singapore and Apple Partner on National Health Initiative Using Apple Watch
  • 最新研究:干手机与用纸巾擦干双手一样卫生