医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

SpeeDxの販売ネットワークが中東に拡大

2019年03月19日 PM04:06
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

シドニー

(ビジネスワイヤ) — SpeeDxは、UAE、サウジアラビア、オマーン、バーレーン、カタールにおけるResistancePlus®およびPlexPCR®の各検査キットの販売を目的に、Al Zahrawi Medical Supplies LLCを新しい提携先とする契約を締結したと発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。: https://www.businesswire.com/news/home/20190319005340/ja/

SpeeDx ResistancePlus tests combine detection of infection with genetic markers linked to antibiotic ...

SpeeDx ResistancePlus tests combine detection of infection with genetic markers linked to antibiotic resistance. Tests include ResistancePlus GC (pictured) for Neisseria gonorrhoeae detection with markers for ciprofloxacin susceptibility, and ResistancePlus MG for Mycoplasma genitalium detection with genetic markers for azithromycin resistance. (Graphic: Business Wire)

SpeeDxのコリン・デンバー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「Al Zahrawi Medicalは、この地域で医療・診断用品を供給する一流企業で、当社事業のGCCへの拡大に向けた提携先として完璧です。当社製品は、抗生物質耐性とリプロダクティブヘルスの世界的な課題に対処するものです。今回の取引により、マイコプラズマ・ジェニタリウムおよび淋病を対象とした当社のResistancePlus検査キットを利用し、世界中の患者に耐性誘導療法を提供できるラボの数がさらに増えることになり、当社はうれしく思います。」

SpeeDxのResistancePlus検査キットは、抗生物質耐性と関連した遺伝子マーカー検出を感染検出と組み合わせた有益な情報を提供することで、医師の力を高め、情報に基づいた治療判断を下せるようにします。耐性誘導療法は細菌感染の管理における大躍進として歓迎されており、治療に当たる医師に対し、感染感受性または一般的なフロントライン抗生物質への耐性特性に関する情報を提供することで、治癒率を改善し、全般的な医療費を削減します1,2

ResistancePlus GC*は、淋菌(GC)検出とシプロフロキサシン感受性のマーカーを組み合わせ、ResistancePlus MG*はマイコプラズマ・ジェニタリウムとアジスロマイシン耐性の一般的マーカーを同時に検出します。またSpeeDxは、セカンドライン抗生物質治療の失敗に関連する耐性マーカーを検出する新しいResistancePlus MG検査キットや、肺炎マイコプラズマとマクロライド耐性マーカーを検出するResistancePlus MP検査キットの発売も計画中です。SpeeDxのポートフォリオには、単純ヘルペスウイルス(1型および2型)、水痘帯状疱疹ウイルス、梅毒トレポネーマ(梅毒)を検出するマルチプレックス検査キットのPlexPCR VHS、ヘルペスウイルスのマルチプレックスパネルPlexPCR HSV-1, 2 & VZVも含まれます。

*米国では販売されていません。

References:
1. O’Neill J. The Review on Antimicrobial Resistance. May 2016:35
2. Read TRH. et al CID June 5 2018 doi.org/10.1093/cid/ciy477.

SpeeDxについて

2009年設立のSpeeDxは、オーストラリアに拠点を置く非上場企業で、ロンドンと米国に事業所を構え、広く欧州に販売店を擁しています。SpeeDxが専門とする分子診断ソリューションは単純な検出の域を超え、患者管理の改善のための包括的な情報を提供します。革新的なリアルタイムのポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)技術が、市場をリードする多重検出・プライミング戦略を推進しました。SpeeDxは、感染症の病原体、性感染症(STI)、抗菌剤耐性マーカーを検出するCE-IVDキットのポートフォリオを擁し、2019年のFDA承認に向けて臨床試験を現在実施中です。SpeeDxのResistancePlus検査によって耐性誘導療法が実現し、医療実務者の力を高め、情報に基づいた臨床判断を下せるようにすることで、患者転帰を改善します。
SpeeDxの詳細についてはhttp://plexpcr.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190319005340/ja/

CONTACT

Madeline O’Donoghue
Global Marketing Manager
madelineo@speedx.com.au
+61
2 9209 4170

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  •  Genetron Health Announces Strategic Collaboration with CStone
  • PCIファーマ・サービシズが英国トレデガー施設の開発・製造能力を拡大するための大規模投資を発表
  • 21St Century Oncology to Join Australia’s GenesisCare in a Partnership to Increase Access to High Quality Cancer Care in U.S. Communities
  • Konkuk University Research Team Identifies Drought-tolerant Process of Plants at the Molecular Level
  • Dabur Research Foundation™ and Flowerkist Incorporated™ to Co-Develop and Launch a Wide Range of CBD Infused Topical Therapeutic and Age Management Products