医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

オンコイミュニティー、機械学習を使用した新生抗原予測技術の臨床使用に対しCE-IVDマークを取得した初の企業に

2019年03月12日 PM10:05
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ノルウェー・オスロ

(ビジネスワイヤ) — オンコイミュニティーは、機械学習を使用した新生抗原予測技術の臨床使用に対しCE-IVDマークを取得した初の企業になりました。今回の品質保証認定は、個別化がんワクチン/細胞療法のデザインへの新生抗原予測技術の使用の水準を高める上で重要な前進となります。

本認定は、個別化がんワクチン/細胞療法の開発企業が、オンコイミュニティーの品質保証付き手法を活用することで、各社における臨床開発でそれぞれの品質保証要件を満たせるようになったということを意味します。Immuneoprofiler™として知られるオンコイミュニティーの新生抗原予測技術は、がん免疫療法の開発企業が、腫瘍細胞表面に対する新生抗原の提示に関する予測性能にも優れた品質保証付き予測技術を利用できます。

オンコイミュニティーのリチャード・ストラトフォード最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています:

「オンコイミュニティーは新生抗原予測の複雑さと、高い臨床水準を満たす個別化がん免疫療法のための新生抗原を選別する必要性をよく理解しています。当社は、新生抗原予測の問題における未解決部分の一部を解消するための機械学習ソリューションを設計しました。今回のImmuneoprofiler™の品質認定により、当社提携先のがん免疫療法プラットフォーム認定に向け、経費節減と同時に時間効率の良い申請が促進されます。」

CE-IVDについて

CEマーク(CE-IVD)は、IVD機器が欧州体外診断用医療機器指令(98/79/EC)に適合し、同機器をEU内で合法的に商業化・販売できることを示します。

オンコイミュニティーについて

オンコイミュニティーは機械学習技術の企業として、個別化がん免疫療法向けに、正真正銘の免疫原性新生抗原の予測における主な知識の欠落に対処するための専有技術を提供します。オンコイミュニティーのソフトウエアは、がん免疫療法の対象となる患者の効果的な選別を促進し、臨床的に実行可能な時間枠での真に個別化されたがんワクチンと細胞療法のための新生抗原標的を特定します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190312005526/ja/

CONTACT

Trevor Clancy Ph.D.
CSO OncoImmunity
E-mail: trevor@oncoimmunity.com
Phone:
+ 47 41 43 12 42

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • SpinalCyte在China Focus @ Europe Vienna上进行呈报
  • デンタル・モニタリングがビトルビアンと提携して革新的AIソリューションの世界的普及を促進
  • InterSystems IRIS for Health Empowers MediWay Technology to Accelerate the Digital Transformation of Healthcare in China
  • SpeeDx经销网络扩展至中东
  • SpeeDxの販売ネットワークが中東に拡大