医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

レスメドとフィッシャー&パイケル・ヘルスケアが世界的な特許権侵害訴訟の和解を発表

2019年02月23日 AM02:04
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

サンディエゴ & ニュージーランド・オークランド

(ビジネスワイヤ) — レスメド(NYSE:RMD、ASX:RMD)とフィッシャー&パイケル・ヘルスケア(NZX:FPH、ASX:FPH)は本日、両社の間で争われてきた世界各地のあらゆる場での特許権侵害紛争に関してすべて和解する合意について発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。: https://www.businesswire.com/news/home/20190222005400/ja/

この和解では、どちらの企業も損害賠償金の支払いや承認を行いません。この合意に基づき、指定された商品に関して係属中の侵害訴訟はすべて取り下げられ、どちらの当事者も世界各地の訴訟で発生した自社の弁護士費用と経費を負担します。その他すべての条件は、秘密とされています。

この和解の結果として、AirSenseフロー・ジェネレーター、AirFit P10、Swift LTおよびSwift FXマスク、ClimateLine加温チューブを含むレスメド製品とSimplus、Eson、Eson 2を含むフィッシャー&パイケル・ヘルスケア製品に対して、今後は侵害訴訟は発生しません。

レスメドのミック・ファレル最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「紛争を解決することができ、うれしく思います。この合意は、レスメド、患者、医療事業者、医師、株主を含む利害関係者すべてに最善の利益をもたらします。レスメドは、今後も睡眠時無呼吸症、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、院外医療ソフトウェアのための革新的な製品、サービス、ソリューションで業界をリードしていきます。当社は、必要なところでは知的財産を保護し、当社のマスク、デバイス、ソフトウェアの顧客がふさわしい革新的なソリューションを確実に入手できるようにしていきます。」

フィッシャー&パイケル・ヘルスケア最高経営責任者(CEO)のLewis Gradon氏は、このように述べています。「紛争を終わらせることができ、うれしく思います。このプロセスを通じてお客さまや株主の皆様からいただいたご支援に感謝しています。過去50年間にわたって研究開発投資によって生み出してきた知的財産により、当社は何百万人もの患者様の生命に良い影響をもたらすことが可能です。当社は、知見に基づく世界をリードする医療ソリューションを通じて患者ケアと患者転帰を改善することに継続的に力を入れており、今回の解決はこの努力を支えることになります。」

この和解は即日発効し、両社は係属中の訴訟の取り下げ申請の手続きを開始しました。

レスメドについて
レスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は、患者を院外で治療して院外生活を維持するための革新的なソリューションを先駆的に開発することで、患者が健康と生活の質を向上させながら生活する能力を高めます。当社のクラウド接続型医療機器は、睡眠時無呼吸症、COPD、その他慢性疾患の患者に対するケアを変革します。当社の包括的な院外ソフトウエアプラットフォームは、患者が在宅または自分で選んだ医療環境にて健康を維持できるよう手助けする専門家やケア提供者を支援するものです。当社は120カ国以上で、より良いケアを可能とすることで、生活の質を改善し、慢性疾患の影響を低減して、消費者と医療制度にとってのコストを低減しています。詳細についてはResMed.comをご覧いただき、@ResMedをフォローしてください。

フィッシャー&パイケル・ヘルスケアについて
フィッシャー&パイケル・ヘルスケアは、呼吸治療、急性治療、手術、閉塞性睡眠時無呼吸症の治療のための製品・システムを設計、製造、販売するリーダー企業です。当社の製品は世界120カ国以上で販売されています。当社の詳細情報については、当社ウェブサイト(www.fphcare.com)をご覧ください。

将来見通しに関する記述について
本リリースに記載されている記述のうち、歴史的事実ではない記述は、1995年民事証券訴訟改革法の意味における「将来見通し」に関する記述です。将来の売上または収益、費用、新製品の開発、新製品の発売、製品の新規市場、買収による統合、訴訟、および税金見通しに対するレスメドの予測に関する記述を含め、これらの将来見通しに関する記述はリスクおよび不確定要素の影響を受け、このようなリスクおよび不確実性は、実際の結果が将来の見通しに関する記述において予測または示唆された内容と大きく異なる原因となり得ます。その他のリスクと不確定要素については、米国証券取引委員会に提出されたレスメドの定期報告書に記載されています。レスメドは、将来の見通しに関する記述を更新することを約束するものではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190222005400/ja/

CONTACT

ResMed contacts
For media:
Jayme Rubenstein
+1
858.836.6798 | news@resmed.com

For investors:
Amy Wakeham
+1 858.836.5000 | investorrelations@resmed.com

Fisher & Paykel Healthcare contacts
For media and
investors:

Marcus Driller
+64 27 578 9663 | investor@fphcare.co.nz

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • P&G Sets New Goal to Deliver 25 Billion Liters of Clean Drinking Water to Families in Need Worldwide
  • Puma Biotechnology’s Licensing Partner Specialised Therapeutics Asia Receives Regulatory Approval to Commercialize NERLYNX® (neratinib) for Extended Adjuvant Treatment of HER2-Positive Early Stage Breast Cancer
  • Takeda Receives U.S. FDA Approval to Manufacture FLEXBUMIN® at New Plasma Manufacturing Facility near Covington, Georgia
  • オクタファルマ・グループが2018年の好業績を発表
  • 香港贸发局香港国际医疗及保健展尖端医疗科技及保健产品 迎合采购所需