医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ティルレイが国際諮問委員会の設立を発表

2018年12月17日 PM04:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

加ブリティッシュコロンビア州ナナイモ

(ビジネスワイヤ) — カンナビス生産販売の世界的パイオニア企業ティルレイ(NASDAQ:TLRY)は本日、国際諮問委員会の設立を発表しました。本委員会は、実業界と政界のリーダーらで構成される尊敬すべきグループで、ティルレイが積極的な世界的成長戦略を追求する際に、当社経営陣と取締役会に指針を与えていきます。

ティルレイのブレンダン・ケネディ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちは、著名なリーダーらから成るこの素晴らしいグループをティルレイのチームに迎えることができて光栄に思います。当社が世界規模でこの業界の将来を切り開くに当たり、国際諮問委員会は急速に拡大する当社の世界事業に関して助言を与えてくれます。」

ティルレイ国際諮問委員会の発足メンバーは次の通りです。

  • ハワード・ディーン元知事は民主党全国委員会(DNC)委員長、大統領候補、バーモント州知事(6期)を歴任し、医師の資格があります。さらに「デモクラシー・フォー・アメリカ」の創設者、イェール大学の講師、世界的法律事務所デントンズの戦略コンサルタントでもあります。
  • マイケル・スティール氏は、州の公職に選出された初のアフリカ系アメリカ人として2003年にメリーランド州副知事に選出され、続いて共和党全国委員会(RNC)の委員長を務めるという歴史的な偉業を成し遂げました。スティール氏のリーダーシップの下でRNCは資金調達の新記録を樹立し、共和党は2010年に下院で63議席を上乗せしましたが、この数は1938年以来最大でした。スティール氏は著述家やメディアコメンテーターとして熟達しています。
  • ロイド・アックスワージー閣下(P.C.、C.C.、O.M.)は世界難民協議会(World Refugee Council)の会長で、人々の国際移動と難民保護に関するカナダの指導的発言者です。政治家としての27年間のキャリア中、カナダの外務大臣や雇用・移民大臣などの職を務めました。
  • ヨシュカ・フィッシャー氏はドイツ連邦共和国の外務大臣兼副首相を務めました。また国際危機グループの評議会委員、欧州外交評議会の理事を務めています。さらに現在、世界的な戦略コンサルティング企業• ヨシュカ・フィッシャー&カンパニーのマネジングパートナーを務め、ドイツと欧州連合に関連する問題につき顧客に助言を与えています。
  • ジャイメ・ガマ氏はポルトガルの外務大臣を最も長く務めた人物です。公共政策における優れた経歴を持つガマ氏は外務大臣、内務大臣、国防大臣、国務大臣を歴任しています。ガマ氏は、ポルトガルが薬物の非犯罪化・ハームリダクション政策を採用した2001年に政府の一員を務めていました。国会議員に選出され、国会議長を務めました。また銀行と私立財団の会長も務めています。
  • アレクサンダー・ジョン・ゴス・ダウナー閣下(AC)はオーストラリアの外務大臣を歴代最も長く、10年間にわたって務めました。また駐英高等弁務官も務めました。ダウナー氏は外務省で外交官として、欧州連合オーストラリア代表部、北大西洋条約機構(NATO)オーストラリア代表部、ベルギーおよびルクセンブルクのオーストラリア大使館に勤めました。
  • ドナルド・マキノン卿(ONZ、GCVO)はニュージーランドの外務貿易大臣を最も長く務め、軍縮・軍備管理、退役軍人、戦争年金、太平洋諸島の各省の大臣を歴任しています。マキノン氏は副首相、院内総務を務め、女王陛下の枢密院の一員に任命されています。また1997年にブーゲンビル島民とパプアニューギニア政府との間の停戦を持ちかけ停戦監視を行った功績に対しノーベル平和賞の候補に指名されました。
  • マリア・ロレーナ・グティエレス・ボテロ氏はフアン・マヌエル・サントス大統領の政府一員としてコロンビアの商工観光大臣、駐独大使を務めました。グティエレス氏は、欧州経営開発財団、Sumaq Alliance、中南米経営スクール協議会、中南米研究事業協会、Quality Corporation of Colombiaなど、数多くの国際機関や大学の理事を歴任しています。
  • ジェームズ・オブライエン氏は2代の米政権で大統領特使を務めました。オブライエン氏は米国務長官上級顧問、国務省の政策立案担当副長官を歴任しました。現在はオルブライト・ストーンブリッジ・グループ(ASG)の副会長を務め、同社の欧州での実務を指揮しています。
  • ローナ・マースデン博士は、オンタリオ州選出の元カナダ上院議員で、ピエール・トルドー元首相より任命を受けています。8年半にわたって上院議員を務め、国家財政常任委員、社会問題・科学技術常任委員会委員長を歴任しました。またヨーク大学学長兼副総長、ウィルフリッド・ローリエ大学(オンタリオ州ウォータールー)学長兼副総長も務めました。

ティルレイについて

ティルレイはカンナビスとカンナビノイドの研究・栽培・生産・販売の世界的パイオニアです。現在、5大陸にわたる12カ国の何万人という患者の役に立っています。

将来見通しに関する記述についての注記

本プレスリリースには、ティルレイの世界戦略および国際諮問委員会に関する記述を含め、「将来見通しに関する記述」が含まれていますが、それら記述は「可能性がある」、「かもしれない」、「あり得る」、「つもりである」、「しそうである」、「見込む」、「期待する、「考える」、「意図する」、「計画する」、「予見する」、「予測する」、「推定する」、「見通し」などの言葉やその他の類似表現によって特定できる場合があります。将来見通しに関する記述は将来における業績を保証するものではなく、現在および将来の市場状況に関する想定を含め、(動向、現在の状況、予想される展開についての)経営陣の経験と知見に加え、現状で妥当で合理的と経営陣が考えるその他の要因を経営陣が考慮しての数多くの推定や仮定に基づいています。実際の結果、業績、成果は、本プレスリリースの何らかの将来見通しに関する記述で明示ないし暗示されたものと大きく異なる場合があり、そのため読者の皆さまはこれら将来見通しに関する記述のいずれに対しても過度の信頼を寄せるべきではなく、それらの記述は将来の結果を保証するものではありません。将来見通しに関する記述は、大きなリスク、仮定、不確実性、実際の将来における結果ないし予想された出来事が何らかの将来見通しに関する記述で明示ないし暗示されたものと大きく異なる場合の原因となり得るその他の要因を含んでいます。2018年6月30日を末日とする四半期のティルレイのフォーム10-Q報告書の「リスク要因」の項目と、米国証券取引員会に対しティルレイが提出したその他の書類で検討されているリスクをご覧になり、実際の結果が将来見通しに関する情報と大きく異なる場合の原因となり得る重要なリスク要因を検討してください。適用される証券諸法に従う場合を除き、ティルレイは本リリースに含まれる将来見通しに関する記述のいずれについても更新する義務を負いません。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20181212005924/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20181216005053/ja/

CONTACT

Media: +1-833-206-8161, news@tilray.com
Investors:
Katie Turner, +1-646-277-1228, Katie.turner@icrinc.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • SpinalCyte在China Focus @ Europe Vienna上进行呈报
  • デンタル・モニタリングがビトルビアンと提携して革新的AIソリューションの世界的普及を促進
  • InterSystems IRIS for Health Empowers MediWay Technology to Accelerate the Digital Transformation of Healthcare in China
  • SpeeDx经销网络扩展至中东
  • SpeeDxの販売ネットワークが中東に拡大