医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

グラミネックス、女性のPMSと更年期症状の処置に花粉エキスを使用するというセレリスの特許への異議申し立てに成功

2018年08月03日 PM05:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米オハイオ州デシュラー

(ビジネスワイヤ) — グラミネックスは、米国特許局がセレリスの特許を拒絶したとことを発表します。この特許は女性のPMSと更年期症状の処置に同社の花粉エキスを使用するというものです。

米国特許第6569471号および第6669967号を並行して再審査したところ、米国特許局は最近、両特許の請求項すべてを拒絶しました。提出された圧倒的な証拠に基づき、同局は溶剤抽出のGC FEMとPI 82の花粉エキスが女性のPMSと更年期症状の処置に使用できるとの請求項は特許性がないことを見いだしました。最終拒絶書は再審査通し番号の90/014,026および90/014,027の下、USPTO Public PAIR(https://portal.uspto.gov/pair/PublicPair)からダウンロードして入手可能で、USPTO Public PAIRには特許範囲失効の証拠および詳細説明の公的記録全文が掲載されています。

グラミネックスは、溶剤不使用のライ麦花粉エキスを生産する唯一の企業です。グラミネックス花粉エキスのみが溶剤不使用です。溶剤の残留物を残さず「きれいなままで」(Keep It Clean™)を当社は保証します。

グラミネックスについて

グラミネックスは溶剤不使用の天然グラミネックス花粉エキスを生産する一流企業です。グラミネックスはオハイオ州北西部における8500エーカー以上の農地を直接的に所有・経営しています。グラミネックスの活性原材料は、栄養補助食品、製薬、食品、スキンケアの各産業での使用向けに生産・加工されています。グラミネックスは前立腺ケア、泌尿器ケア、更年期サポート、スキンケアに特化した臨床的な裏付けのある花粉エキスを市販しています。卸売業者、小売業者、製造業者と提携しているグラミネックスの製品は米国で生産し、6大陸の44カ国以上で販売しています。

詳細情報については、電話((419) 278-1023) または電子メール(info@graminex.com)でグラミネックス広報部のColleen E. Mayまで連絡いただくか、www.graminex.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20180803005135/ja/

CONTACT

Colleen E. May
Public Relations
Graminex L.L.C.
2-300
County Road C
Deshler, Ohio 43516
(419) 278-1023

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Brightree发布面向居家医疗器械的首个患者App
  • Brightreeが初のHME向け患者アプリを発表
  • Takeda to Present Results from Phase 3 ALTA-1L Trial Highlighting Intracranial Efficacy of ALUNBRIG® (brigatinib) Versus Crizotinib in First-Line Advanced ALK+ Non-Small Cell Lung Cancer
  • ポットネットワーク・ホールディングスがSEC報告会社登録に基づきPCAOB監査人による完全な監査・レビュー済みの財務報告書を公表
  • Takeda Receives Clearance from the Japan Fair Trade Commission for the Proposed Acquisition of Shire plc