医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

国際的な食品・飲料企業の連合が、世界の供給食料から人工トランス脂肪酸を排除するための世界保健機関とResolve to Save Livesによる呼び掛けを支持

2018年05月16日 PM08:24
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ジュネーブ

(ビジネスワイヤ) — 国際食品・飲料アライアンス(IFBA)は本日、世界の供給食料から人工トランス脂肪酸を2023年までに排除するとの世界保健機関と非政府組織 Resolve to Save Lives(リゾルブ・トゥー・セイブ・ライブズ、命を守るための決断)による呼び掛けを支持すると発表しました。

IFBAのロッコ・レナルディ事務局長は、次のように述べています。「世界保健機関とResolve to Save Livesによるこの行動を歓迎します。IFBA加盟企業は、各社の製品に含まれる人工トランス脂肪酸を2018年末までに、世界規模で栄養学的に重要でないレベルにまで削減することを2年前に約束しています。IFBAの活動は素晴らしく前進しており、2017年末までの総計で、加盟各社の世界的な製品ポートフォリオの98.8%から人工トランス脂肪酸を除去したと推計しています。」

IFBA加盟各社の努力が実ったのは、品質と風味を損なうことなしに、部分水素添加油(PHO)を非PHOソリューションに、可能な限り高オレイン酸油などの不飽和脂肪酸に置き換えた結果です。

レナルディ事務局長は次のように続けています。「IFBAは各国政府、市民社会、食品・飲料業界と協働して最優良事例を共有することに傾倒しており、あらゆる分野の食品製造業者のすべてに対し、この公衆衛生上の優先課題を達成するための活動に参加するよう呼び掛けます。」

IFBAの声明のテキストはこちらからご覧いただけます。

国際食品・飲料アライアンス(IFBA)について:IFBAは、多国籍の食品・ノンアルコール飲料企業であるザ コカ・コーラ カンパニー、ダノン、フェレロ、ゼネラル・ミルズ、グルポ・ビンボ、ケロッグ、マース、マクドナルド、モンデリーズ・インターナショナル、ネスレ、ペプシコ、ユニリーバの12社から成る企業連合として、世界中の人々がバランスのとれた食生活と健康なライフスタイルを達成できるよう支援するという共通目標を共有しています。IFBAは非商業・非営利団体で、国連の経済社会理事会(ECOSOC)の特別諮問機関です。IFBAの詳細については、www.ifballiance.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20180516005652/ja/

CONTACT

International Food & Beverage Alliance (IFBA)
Rocco Renaldi,
+32 473 40 18 27
rrenaldi@ifballiance.org

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TimeLine:
 

同じカテゴリーの記事 

  • Dr. Reddy’s Q4 and FY18 Financial Results
  • 武田薬品が米国臨床腫瘍学会(ASCO)と欧州血液学会(EHA)の年次総会でオンコロジーの広範なポートフォリオとパイプラインのデータを発表
  • ResMed赞助的研究显示,采用居家吸氧与居家无创通气相结合治疗COPD具有成本效益
  • 武田在美国临床肿瘤学会(ASCO)和欧洲血液学会(EHA)年会上重点介绍其强大的肿瘤产品阵容和后续产品线数据
  • AVITA Medical Announces Presentation at ISPOR Meeting Validating Acute Burn Health Economic Model