医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ライフ・ライン・スクリーニングが製品基盤をDNA検査と臨床試験に拡大

2017年09月15日 AM04:32
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米テキサス州オースティン

— (ビジネスワイヤ) — 地域密着型予防医療におけるリーダー企業のライフ・ライン・スクリーニングは、フェイスツーフェイスの患者ケア提供モデルを深化させ、DNA検査と臨床試験を通じて先端的な精密医療へのアクセスを提供していきます。

このサービス拡張は、既に厳密な活動を行ってきた当社研究部門の当然の結果で、それらの活動は800万件の当社記録データベースを解析した何十という論文や発表につながっています。研究パートナーにはニューヨーク大学ランゴーン医療センター、オックスフォード大学、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の教授陣が含まれています。

ライフ・ライン・スクリーニングが地域密着型スクリーニング市場の先駆者となった当時は、20年以上前に事業を開始した時であり、移動血管検査および検査室検査の基準策定に貢献しました。

当社独自の対面相談は、全米1万5000カ所を超える地域拠点と手を組みながら、疾患の危険因子に関して人々を個別に評価し、現地で臨床検査を実施するとともに、ナースプラクティショナーなどの有資格医療専門家を活用して臨床試験の機会を消費者にお知らせする希少な機会を提供します。ライフ・ライン・スクリーニングは、当社のポイントオブケア・プラットフォームを迅速かつ効果的に利用するという能力を既に実証済みで、60件以上の臨床試験のための患者を募集しましたが、この実績は従来の手法を桁違いに上回るものです。

ライフ・ライン・スクリーニングのショーン・シュルツ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社は、疾患を早期に発見し、医師に医療データを提供することに加え、連続的医療過程において独自の位置を占め、臨床試験の伝統的な患者募集モデルを根本的に変革し、新しい医薬品の市場投入を迅速化することに貢献しています。当社は1カ月当たり5万人~6万人のスクリーニングを行い、何十年にもわたってそれらの人々と関係を維持します。当社のこの活動はまだ早期段階にありますが、洗練された形で急速に発展しています。当社は豊富な主観的データを保有していますが、より重要な点として客観的なスクリーニングデータも保有しています。DNAサービスは顧客経験をさらに高め、一層有益な知見を学界に提供します。」

「当社の目標は、個々の患者に固有の決定的な措置を可能にする情報により、個々の患者に合わせた医療モデルを創出することです。技術の進歩は速く、当社は患者アウトリーチとサービス提供に関して融通の利くモデルのおかげで、他社より飛び抜けることができます。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20170914006333/ja/

CONTACT

Life Line Screening
Kelly Daubach, VP, Business Development,
407-734-4082
Kelly.Daubach@llsa.com
or
Joelle
Reizes, Communications Director, 216-518-8456
Joelle.Reizes@llsa.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 十年磨一剑,Biosafe Defenses LLC宣布新突破性消毒剂
  • バイオセーフ・ディフェンシズ が10年にわたる研究を経て画期的な新消毒剤を発表
  • 第6届世界患者安全暨科技年度峰会将在英国伦敦召开
  • Avita Medical and BARDA Execute a US$24.3m Contract Option
  • CDISC and Cohen Veterans Bioscience Announce Public Review for Post Traumatic Stress Disorder Therapeutic Area User Guide