医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

2017年CESアジアのダイナミックなカンファレンスプログラムの見出しを飾るのは技術革新

2017年06月06日 PM08:06
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米バージニア州アーリントン

(ビジネスワイヤ) — 2017年CESアジアでは、上級幹部陣と影響力のあるメディアが3日間にわたり、130人以上の技術専門家に接し、最先端技術について学ぶことができます。業界リーダーたちは、19の製品カテゴリーの最新トレンドを取り上げながら、独自の洞察を披露します。画期的な技術に囲まれている世界の技術リーダーたちは、市場を越えたパートナーシップの形成、新しいビジネスチャンスについての情報収集、非常に人気のある専門家との交流を求めて、CESアジアにやってきます。来場者は、既存の有名企業に加えて、10カ国以上の75社を超える新興企業と交流する機会を得ます。CTAが所有・運営し、上海インテックス・エキシビション(上海インテックス)と共催する2017年CESアジアは、6月7~9日に中国・上海で開催されます。

CTAのCESおよびコーポレート事業戦略担当シニアバイスプレジデントを務めるカレン・チュプカは、次のように述べています。「CESアジアのカンファレンスプログラムには技術分野全体から革新的な考えを持つ人々が集まり、技術業界の話題のトレンド、重要な問題、直面している機会と課題について議論します。ビジネスリーダーにとって、自動運転車から拡張現実・仮想現実、ロボット工学に至るまでのさまざまな技術が将来どのように私たちの生活を変えるのかという話を聞ける場所は、アジアではCES以外にはありません。」

2017年CESアジア・カンファレンスのハイライトは次の通りです。

  • 自動運転車両技術のロードマップ6月9日(金)午前9:00~9:45
    自動運転車が急速に実現に向かっている今、輸送体験はどのように変化するでしょうか? 運転者を含むすべての関係者のためにスムーズな体験を確保するには何が必要ですか? 業界の中心的な人々が、この先に待ち受ける重要な出来事と、革新者がどのように成功への道を歩むのかについて、概説します。
    講演者:
    アリジット・ボーズ氏、コンチネンタルのインテリジェント・トランスポーテーション・システム事業部門、ビジネス開発アジア地域担当責任者
    エリック・ブラウン氏、BMWグループ・デザインワークスのインタラクションデザイン担当ディレクター
    ドンハイ・ダイ氏、SVP、NavInfo
    Poorab Sarmah氏、デルファイのエレクトロニクス&セーフティー事業部、エンジニアリング&テクニカル担当マネジャー
    イン・チャン氏、ブルームバーグニュースのジャーナリスト
  • 新技術が命を救う4つの方法6月7日(水)午後3:00~3:45
    人工知能、手足を失った人のための外骨格、遠隔医療、慢性疾患管理が生活を一変させようとしています。このセッションでは、能力や知覚などが一変した患者に関するケーススタディーを通して、最先端デジタルヘルス企業を詳しく見ていきます。
    講演者:
    ジアン・リー氏、VivaLnkの最高経営責任者(CEO)
    ロビン・ラスキン氏、リビング・イン・デジタル・タイムズの創業者
    Saketaram Soussilane氏、MEOの最高経営責任者(CEO)
    Hsiao Jen Ying氏、3MのAPACビジネス開発リーダー
    Gamp Zhu氏、LOHAS Tech(北京)の創業者兼最高経営責任者(CEO)
  • 国境を越えて成長する:国際拡大の鍵6月8日(木)午後3:15~4:00
    海外展開はいつが好機でしょうか? 新しい市場に参入する最も効果的な戦略とは? 投資家、プラットフォーム企業、その他の新興企業の洞察に耳を傾け、自社に適した国際展開の計画を立てましょう。
    講演者:
    Sandy Diao氏、インディーゴーゴーの戦略プログラム担当ディレクター
    Xiao Mei Peng氏、GGVキャピタルのベンチャーパートナー
    デビッド・タン氏、ノキア・グロース・パートナーズのパートナー
    Meng Qiu Wang氏、ゼロゼロロボティクスの創業者兼最高経営責任者(CEO)
    ジェーソン・ウォン氏、オムニチャージの最高経営責任者(CEO)

すべてのセッションはケリーホテルが会場となり、英語または標準中国語で行われます。全座席と同時通訳サービス(英語、標準中国語)のご利用は会場での先着順となります。カンファレンスは消費者には開放されていません。CESアジアのカンファレンスプログラムは、全日パス(2500人民元)または1日パス(1500人民元)のカンファレンスパスに含まれています。カンファレンスパスは、CESアジアに登録して、さまざまな種類のパスの中から選択してご購入ください。資格証明書をお持ちの報道関係者の場合、カンファレンスセッションは常時無料です。

CESアジアでは多彩なカンファレンスセッションに加え、影響力のあるブランドの上級幹部陣が基調講演を行います。ファーウェイ(華為技術)消費者業務集団の万飈首席運営官(COO)は、ファーウェイの戦略的ビジョンと、より良いインテリジェント端末エコシステムの構築方法に関する業界の見通しについて語ります。バイドゥ(百度)GMのGu Weihao氏は、オープンですべて完備された信頼できるソフトウエア・プラットフォームを提供して、自動車業界や自律運転業界のパートナーによる独自システムの開発を可能にするバイドゥの「アポロ計画」について語ります。JD.comのZhang Chen最高技術責任者(CTO)と副総裁のLi Kefeng博士は、中国最大のオンライン小売業者であるJD.comがAI、スマートデバイス、ビッグデータを活用して電子商取引をよりスマートで相互接続性の高いものにすることについて話し合います。マイクロソフトVPのピーター・ハン氏とロドニー・クラーク氏は、主要パートナーによる一連の革新的なWindows機器やモノのインターネット体験を発表し、コンピューティングの未来と、それが暮らしを向上させ、ビジネスを変革する力について紹介します。楽視影業(ル・ビジョン・ピクチャーズ)会長兼最高経営責任者(CEO)および楽視控股(ル・ホールディングス)副会長のZhang Zhao氏と、ル・ビジョン・エンターテインメント社長のアダム・グッドマン社長は、エンターテインメントと技術が交わることで生まれた機会について話し合い、さらに、映画やメディアの事業をめぐる両人の体験・洞察・戦略と、世界の技術業界の全体的な状況について語ります。基調講演はCESアジア登録の一環として、すべての来場者が無料で参加できます。

CESアジアのカンファレンスセッションの全ラインアップをご覧ください。2017年CESアジアで出展企業が何を紹介するかについては、売り込みビデオのプレイリストをご覧ください。参加・出展方法の詳細については、CESAsia.comをご覧ください。

編集者への注記:中国以外から来訪するジャーナリストにはJ-1またはJ-2 ビザが必要です。CESアジアへの出展に関するご質問は、Brian Moon(bmoon@CTA.tech)、または+1 703-907-4351にお問い合わせください。

CESアジアについて:

全米民生技術協会(CTA)が所有・運営し、上海インテックス・エキシビション(上海インテックス)と共同プロデュースするCESアジアは、消費者向け技術業界の一流イベントで、アジア市場における革新のバリューチェーンを徹底的に幅広く掘り下げて紹介します。この新イベントに参加する主要なグローバル企業は、消費者向け技術業界の幹部、海外の仕入れ担当者、国際報道関係者、一部限定の中国消費者に最新の技術・製品を披露し、その成長・強化を図ります。参加者は、中国を含む世界の最大手ブランドの一部に独占的な形で触れ、消費者向け技術業界を形作る革新成果を称えます。

全米民生技術協会について:

全米民生技術協会(CTA)は、米国で1500万人以上の雇用を支え、米国の2920億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

上海インテックスについて:

本来、上海インテックス・エキシビションは1995年に設立された先駆的な展示会運営会社である上海インテックスの展示会企画部門でした。上海インテックスは、上海のCCPIT(中国国際貿易促進委員会)とPNOエキシビション・インベストメント(ドバイ)リミテッドにより共同で統括されています。1998年以来、上海インテックスは100を超える国際展示会および会議を主催しており、展示総面積は200万平方メートルを超えます。上海インテックスは、クリエイティブ業界のほか、ヘルスケア、ライフスタイル、先進製造、コンシューマー・エレクトロニクスの各業界を網羅する主要な国際イベントの開催で豊富な経験を有する専門家チームにより構成されています。

今後のイベント

  • 2017 年CESアジア– 登録
    6月7〜9日、中国・上海
  • CEOサミット
    6月21〜24日、イタリア・アマルフィ海岸
  • イノベート!&セレブレート
    10月9〜11日、カリフォルニア州サンフランシスコ
  • CESアンベールド・アムステルダム
    10月26日、オランダ・アムステルダム
  • 2018年CES 
    1月9〜12日、ネバダ州ラスベガス

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20170606005795/ja/

CONTACT

Consumer Technology Association
Bernice Morquette,
703-907-7651

bmorquette@CTA.tech
www.CESAsia.com
or
Sarah
Brown, 703-907-4326

sbrown@CTA.tech
www.CTA.tech

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Ligand to Receive $2 Million from WuXi Biologics for Licensing Clinical-Stage anti-PD-1 Antibody Discovered Using the OmniAb® Technology
  • New Data Shows Previously Allergic Children Still Able to Tolerate Peanut Four Years after Treatment with a Novel Immunotherapy Licensed by Prota Therapeutics
  • Mannatech Australia Makes the Morning Healthier with New Nutrient-Rich Coffee
  • CDISC Releases Therapeutic Area User Guide to Assist in Discovery of New Treatments for Prostate Cancer
  • 迪拜卫生署部署Masimo Patient SafetyNet™