医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

武田薬品: 2016年度(4-3月期)の連結業績および2017年度の連結業績予想について

2017年05月10日 PM03:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業株式会社 (東証:4502):

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20170509006884/ja/

2016年度も対前年で大幅な成長を達成

  • 売上収益の実質的な成長は、タケダ成長ドライバー(消化器系疾患領域、オンコロジー、中枢神経系疾患領域、新興国事業)の+14.7%の伸長により、対前年+6.9%を達成。すべての地域で増収(米国+12.8%、日本+5.0%、欧州およびカナダ+4.7%、新興国+4.5%)。財務ベースでは、為替影響(∆6.6ポイント)や事業等の売却影響(∆4.5ポイント)により対前年∆4.2%
  • コア・アーニングスの実質的な成長は、対前年+24.2%となり、売上収益に対するコア・アーニングス比率は180bps向上。財務ベースの営業利益は、力強い実質的な成長およびテバ社への事業譲渡にかかる利益が、為替や事業等の売却による減益影響を吸収し、対前年+19.1%
  • コアEPSの実質的な成長は、コア・アーニングスの力強い成長により対前年+20.9%。財務ベースのEPSは前年の102円から43.9%増加し147円
  • 営業フリー・キャッシュ・フロー(調整後)は1,588億円となり、2年連続で配当支払以上

タケダ成長ドライバーは+14.7%の実質的な売上成長

  • 消化器系疾患領域は「エンティビオ®」や「タケキャブ®」が牽引し対前年+33.5%の実質的な成長
  • オンコロジーは「ニンラーロ®」や「アドセトリス®」が牽引し対前年+7.5%の実質的な成長
  • 中枢神経系疾患領域は「トリンテリックス®」の力強い伸長により対前年+26.7%の実質的な成長
  • 新興国事業は主要市場である中国、ロシアおよびブラジルの貢献により対前年+4.5%の実質的な成長

当社 代表取締役社長CEOのクリストフ・ウェバーは、「良好な2016年度実績は、戦略的な変革の順調な進行を反映したものです。タケダ成長ドライバーは、力強いモメンタムを維持しており、売上成長と規律ある経費管理により、大幅な増益を達成しました。変革を推し進めていくなかで、当社は、収益力の向上を中期的に継続して達成するとともに、強固なパイプラインを長期的に構築してまいります」と述べています。

2016年度(4-3月期)の財務ベース連結業績

(億円)   2015年度   2016年度   成 長
財務ベース     実質的な成長率2
売上収益 18,074 17,321

∆4.2%

    +6.9%
コア・アーニングス1 2,920 2,451

∆16.0%

+24.2%
営業利益 1,308 1,559 +19.1% N/A
当期利益3 802 1,149 +43.4% N/A
EPS 102 円 147 円 +43.9% N/A
コアEPS   255 円   220 円  

∆13.6%

    +20.9%

1

  コア・アーニングスは、売上総利益から販売費及び一般管理費、および、研究開発費を控除して算出します。
さらに、非定常的もしくは本業に起因しない(ノン・コア)事象であり、かつ、金額の大きい影響を調整します。

2

実質的な成長率とは、持続的な事業活動のパフォーマンスを実質的に把握する目的で、当期と前年同期の業績を共通の基準で比較したものであり、為替影響および事業等の売却影響を除いています。

3

親会社の所有者帰属分
 

2017年度の年間

マネジメントガイダンス:利益率を改善し、収益力向上の成長戦略に注力

    マネジメントガイダンス(成長率 %)

実質的な売上収益

1桁台前半
実質的なコア・アーニングス 10%台半ばから後半
実質的なコアEPS 10%台前半から半ば
1株当たり年間配当金   180円
 

2017年度

財務ベース年間公表予想:財務ベースのEPSは20%伸長の177円

 

(億円)

 

2016年度実績

 

2017年度公表予想

  増減(%)

 

売上収益

17,321

16,800

∆3.0%

 

営業利益

1,559

1,800 +15.5%

 

当期利益

1,149

1,380 +20.1%

 

EPS

147 円

  177 円   +20.1%

 

為替レート
(年間平均)

 

1米ドル= 109円
1ユーロ= 120円

 

1米ドル= 110円
1ユーロ= 120円

 

2016年度連結業績の詳細およびその他の決算関連情報については、当社ホームページをご覧ください。http://www.takeda.co.jp/investor-information/results/

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20170509006884/ja/

CONTACT

<投資家関係問い合わせ先>
武田薬品工業(株)
グローバルファイナンス IR
Tel: 03-3278-2306
Email:
takeda.ir.contact@takeda.com
<報道関係問い合わせ先>
武田薬品工業(株)
CCPA
コーポレート・コミュニケーション
多田 毅
Tel: 03-3278-2417
Email: tsuyoshi.tada@takeda.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 十年磨一剑,Biosafe Defenses LLC宣布新突破性消毒剂
  • バイオセーフ・ディフェンシズ が10年にわたる研究を経て画期的な新消毒剤を発表
  • 第6届世界患者安全暨科技年度峰会将在英国伦敦召开
  • Avita Medical and BARDA Execute a US$24.3m Contract Option
  • CDISC and Cohen Veterans Bioscience Announce Public Review for Post Traumatic Stress Disorder Therapeutic Area User Guide