医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

武田薬品とLightstone社によるCerevance社の設立について

2016年12月02日 PM04:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪 & 米マサチューセッツ州ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とLightstone Ventures(所在地:米国カリフォルニア州メンローパーク、以下「Lightstone社」)は、このたび、神経・精神疾患に対する新薬の研究開発に注力する神経科学関連の企業であるCerevance社を設立しましたのでお知らせします。Cerevance社は、ロックフェラー大学のNathaniel Heintz博士が率いるHoward Hughes Medical Institute laboratory で生み出された新規技術を活用します。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20161201006599/ja/

このたび閉鎖が決定した英国の武田ケンブリッジからMark Carlton 博士を含む25名の神経科学研究チームがCerevance社に移籍するとともに、武田ケンブリッジの十分に整備された研究施設をCerevance社が活用することで、同社の活動は設立時から活発化します。また、武田薬品は前臨床および臨床段階のポートフォリオをCerevance社に移管します。Cerevance社は、武田薬品およびLightstone社より、シリーズA融資の2,150万米ドルを含む3,600万米ドルの出資を受け、Cerevance社の取締役には、武田薬品とLightstone社からも選任されます。

Cerevance社のCEOであるBrad Margusは、「世界の身体障がいの原因として、上位10のうち7つが中枢神経系の障害によるものです。豊富な資金、実績のあるチーム、既に進行中の有望なプログラムにより、当社は、パイプラインを迅速に臨床に進めるとともに新規技術を用いて脳疾患に対する新たなアプローチを拡大します」と述べています。

武田薬品のChief Medical and Scientific OfficerであるAndrew Plumpは、「社外のイノベーションのさらなる活用のために当社の優秀な研究者、プログラム、リソースが集まることを大変嬉しく思います。当社は、武田ケンブリッジの閉鎖を公表した際、当社の最も有望な中枢神経系疾患のプログラムを活かすことができるとともに当社の優秀な研究者が起業家精神あふれる環境で活躍できる外部との革新的な提携を実施することを目標としていました。Cerevance社は、当社の新たな研究開発戦略の好事例です」と述べています。

Lightstone社のパートナーであるJason Lettmannは、「当社がCerevance社のシリーズAの融資をリードできることを大変嬉しく思います。当社は、Heintz博士の専門性、技術基盤、実績と情熱のある経営層、武田薬品の強力な支援の全てが揃った中に、魅力的な早期段階の投資機会があると考えました。Cerevance社は、世界中で何百万人もの方が罹患している中枢神経系疾患の治療薬の開発に革新的な技術をもたらすことが可能です」と述べています。

武田薬品とHeintz博士およびMargus氏が協力するのは今回が初めてではありません。2009年に武田薬品が出資し、その後に中枢神経系疾患の創薬に関する共同研究を行ったEnvoy社には、創設者としてHeintz博士とMargus氏が参加しており、同社はロックフェラー大学から技術のライセンス供与を受けていました。2012年に武田薬品はEnvoy社を買収しています。

Cerevance社は、バイオ技術と製薬企業を支える活気ある研究エコシステムに囲まれた米国マサチューセッツ州と英国に拠点を構える予定です。

<Lightstone社について>
Lightstone Venturesは、革新的な医療機器およびバイオ医薬品に注力する企業として、Life Science Partners of Advanced Technology Ventures (ATV) と Morgenthaler Ventures により2012年に設立されました。Lightstone社のチームは、MorgenthalerとATVの30社以上の生命科学関連会社(Acceleron、Ardian、FivePrime、FoldRx、Hypnion、MicroVention、Morphotek、Plexxikon、Portola、Proteolix、 Scioderm、Transcend、Threshold、Twelve、Zeltiqなど)の生命科学関連ポートフォリオを管理しています。Lightstone社は国際企業であり、米国カリフォルニア州メンローパーク、コロラド州ボルダー、マサチューセッツ州ボストン、アイルランド ダブリン、シンガポールに拠点を設けています。詳細についてはhttp://www.lightstonevc.com/をご覧下さい。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20161201006599/ja/

CONTACT

<報道関係問い合わせ先>
Cerevance社
Robert Middlebrook
Tel:
+1-408-220-5722
Email: rob@cerevance.com
または
武田薬品工業株式会社
CCPA
コーポレート・コミュニケーション
小林一三
Tel: 03-3278-2095
Email: kazumi.kobayashi@takeda.com
または
Lightstone
Ventures
Donna von Halle
Tel: +1-781-771-4574
Email: donna@vonhalle.net

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent
  • Clover Biopharmaceuticals Completes RMB 62.8 Million Series A Financing