医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

市場をリードするTEVARデバイスが初めて世界販売台数10万台を突破したデバイスに

2016年06月10日 PM06:33
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米アリゾナ州フラッグスタッフ

(ビジネスワイヤ) — W. L. Gore & Associates(ゴア)は本日、GORE® TAG® Thoracic Deviceファミリーの販売台数が世界で10万台を超えたと発表しました。このGORE TAG Thoracic Deviceファミリーは臨床研究と実臨床の商業使用で18年以上に及ぶ成功を基盤とするもので、こうした重要な大台を達成した市場初の製品となります。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20160610005223/ja/

GORE® TAG® Thoracic Device (Photo: Business Wire)

GORE® TAG® Thoracic Device (Photo: Business Wire)

この胸部ステントグラフトファミリーでは幾つもの「初事例」を達成していますが、その最新例となる今回の大台達成はゴアが大動脈血管内治療デバイスの前進に真剣な努力を傾けていることを改めて浮き彫りにするものです。

  • CEマークを欧州で初めて取得 – 1998年
  • 初めてFDA承認を取得 – 2005年
  • 初めて日本で承認を取得 – 2008年
  • 外傷性損傷を含む孤立性病変を適応に初めてFDA承認を取得* – 2012年
  • 動脈瘤・損傷・全B型解離を適応に初めてFDA承認を取得 – 2013年
  • 初めてデバイスの販売台数10万台を達成 – 2016年

米国では2011年から市場有数の胸部血管内(TEVAR)治療ソリューションであるConformable GORE TAG Deviceは、動脈瘤、外傷性損傷を含む孤立性病変、B型解離を適応に、ほとんどの地理的地域で承認されています。胸部血管内治療オプションとなるようデザインされたGORE TAG Deviceは、従来のデバイスに取って代わる低侵襲デバイスです。このステントグラフトファミリーは手術死亡率/罹病率を低減し、開胸修復治療に取って代わって安全性と有効性を患者にもたらすデバイスであることを実証済みです**。

ノースカロライナ州チャペルヒルの血管外科医(大動脈の専門家)であるマーク・ファーバー医師(MD)は、次のように述べています。「医師らはあらゆる病因を対象に実証済みの結果と耐久性を実現するシングルデバイスを求めています。ゴアは常に私たちの診療のための実用的な臨床ソリューションの創出に当たってくれます。こうした大台達成の重大性は、Conformable GORE TAG DeviceがTEVAR治療の標準治療として採用されていることを実証するものです。」

ファーバー医師は2016年米国血管外科学会年次学術総会のプレゼンテーション「耐久性を実現するTEVAR:世界販売台数10万台のGORE TAG Thoracic Deviceがもたらした結果」で今回の成果に言及します。日時は東部夏時間の6月10日(金)午後1時です。詳細についてはこちらをクリックしてください

GORE TAG Deviceファミリーは市販されている胸部ステントグラフトの中で最も研究が進んでいるものです。1998年に初めて臨床で植え込まれて以来、GORE TAG Thoracic Deviceファミリーは米国食品医薬品局が承認した臨床研究10件、欧州での臨床試験1件(ADSORB)、グローバルレジストリー1件(GREAT)で研究されてきました。

ゴアの大動脈関連事業部門リーダーを務めるライアン・タケウチは、次のように述べています。「当社の胸部ステントグラフトはTEVAR治療で信頼されるソリューションであり、全医師の半数以上が最も複雑な症例においても本デバイスを選択しています。こうした自信の基は、20年近くにわたり医師と協力して本デバイスを発展させてきたこと、つまり胸部大動脈の血管内修復治療を先駆的に切り開いて、妥協なしの血管追従性を実現してきた当社の取り組みにあります。」

Conformable GORE TAG Deviceは拡大を続ける当社の血管内治療製品ファミリーの一角を占めるものであり、本ファミリーの共通の目的はゴアの高く評価されている臨床サポートチームと教育サービスの支えによって大動脈疾患を効果的に治療することです。今年既にゴアは、腹部大動脈瘤(AAA)患者向けの低侵襲の治療選択肢として位置変更機能・耐久性・開存性という伝統を備えたGORE® EXCLUDER® AAA Endoprosthesisにより、25万人の患者***が治療を受けるという成果を達成したことも発表しました。

ゴアの大動脈関連製品の詳細情報については、www.goremedical.com/aorticをご覧ください。

*Conformable GORE TAG Deviceは2011年に動脈瘤を適応に米国で承認されました。

**典拠データ:W. L. Gore & Associates, Inc. GORE® TAG® Thoracic Endoprosthesis Annual Clinical Update. Flagstaff, AZ: W. L. Gore & Associates, Inc., 2015.

*** 販売されたGORE® EXCLUDER® AAA Endoprosthesis Trunk-Ipsilateral Legsの数に基づく。

当社について

ゴア・メディカルは40年にわたり、医療上の複雑な問題に対する創造的な治療ソリューションを提供してきました。その間に世界各国で4000万個を超えるゴアの革新的 な医療デバイスが植え込まれ、患者の命を救い、生活の質を向上させています。当社の広範な製品ファミリーには血管グラフト、血管内治療・インターベンショ ン治療用デバイス、ヘルニア/軟部組織再建用外科メッシュ、ステープルライン補強材、血管/心臓/一般外科手術で使用する縫合糸が含まれます。当社は米国 の「最も働きがいのある企業トップ100社(100 Best Companies to Work For)」の諸ランキングが1984年に最初に発表されて以来、すべてに掲載されてきた数少ないえり抜き企業の1つです。詳細情報についてはwww.goremedical.comをご覧ください。

掲載製品は全市場で提供できるとは限りません。GORE®、TAG®、EXCLUDER®と各デザインはW.L. Gore & Associatesの商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160610005223/ja/

CONTACT

Chempetitive Group for W. L. Gore & Associates
Andrea Vuturo,
+1 (312) 997-2436
GoreMedical@Chempetitive.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Nike Announces Results of the Active Schools Innovation Award in China to Fuel the Culture of Sport and Play for Chinese Youth
  • Samsung Bioepis Announces RENFLEXIS™ (infliximab-abda) Now Available in the United States
  • ニューランド・ラボラトリーズがプロセスエンジニアリング専用ラボを公開
  • 美泰上市全球最先进的人参补剂
  • SpinalCyteが新たな日本国特許を取得