医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

CMMI®インスティテュートがCapability Counts 2016 カンファレンスを開催へ

2016年03月07日 PM11:50
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ピッツバーグ

(ビジネスワイヤ) — CMMI®インスティテュートは、メリーランド州アナポリスで5月10~11日に開催する毎年恒例のCapability Countsカンファレンスのラインアップを発表しました。カンファレンスには業績向上の専門家350人以上が世界中から来場する予定で、自分たちが能力を構築し、各自の組織内で成熟度を向上させていく中で、自らの課題、専門知識、成功事例を関連付けて考え、学び、共有する機会が提供されます。

CMMIインスティテュート最高経営責任者(CEO)のカーク・ボトゥーラは、次のように述べています。「私たちは、今日のグローバルな職場環境の動的な性質を反映させたイベントを開催してこの業界に世界規模で貢献できること、そして戦略を行動に結びつける方法や、組織において高い業績と俊敏性を推進する方法に関して、新たなアプローチを共有できることをうれしく思います。」

世界で採用されている能力向上フレームワークのCMMIは、企業が業績を向上させて迅速に競争相手を追い抜くための最優先課題として、構築能力をとりわけ挙げています。2015年のマッキンゼー・アンド・カンパニーの調査によれば、能力の戦略的重要性は、優秀な業績を上げる組織にとって重要な差別化要因であり、顧客の需要と戦略的重要性によってつき動かされています。同調査では、全エグゼクティブの半数が能力構築は最優先事項であると回答しています。

Capability Countsカンファレンスは、組織や専門家が能力構築のスキルを磨くことができるようにしています。この2日間のイベントでは、人脈構築の機会、興味深い基調講演、コラボワークショップ、有益な事例研究のプレゼンテーションを広く用意します。来場者は、世界中から集まった業界ソートリーダーと出会い、素晴らしい業績を達成するための組織能力を構築する方法に着眼した成功事例に耳を傾けます。さらに、出展企業が各組織による能力向上の取り組みを支援するために利用できる種々のツール、方法、サービスを展示します。

ハネウェルのアンドレアス・クランヴィス副会長は、「ソフトウエアの機能を介した高業績文化の構築」(Building a High Performance Culture through Software Capability)について、オープニング基調講演を行います。クランヴィス副会長は、改善した開発プロセスを通じてハネウェルのソフトウエアイニシアチブを前進させている取り組みと、拡大の推進をテーマとします。Livantaのカーク・グローテ最高経営責任者(CEO)は、2日目の基調講演として、革新と競争優位性を推進する上での組織成熟度の役割に触れます。これに加えて、Bleumのエリック・ロングレーCEOが午後のスピーカーとして登壇することになっています。ロングレーCEOの専門力は、戦略的な方向性を成長と発展に向かって設定すると同時に、ハイパフォーマンス・ソフトウエアセンターを構築することから生まれています。

Capability Countsには、組織の業績を向上させる責任を担っている最高技術責任者、最高情報責任者、バイスプレジデント、取締役、マネジャー、実務家を含むあらゆるレベルの専門家が集まります。今年の来場者は、4コースの中から選んで自分の経験を形作ることができます。

1. 能力探究の長い取り組みを開始 – セッションは組織内で能力を構築する方法を学びたい人向けのガイダンスになります。能力向上やCMMIに初めて触れる方なら、このコースのセッションに参加すれば恩恵を受けることができます。

2. ゲーマーのコース - このコースのコーチは賞品や楽しさをたっぷり取り入れながら、CMMIとアジャイルの手法を活用する実践的環境で、来場者がコラボレーション、反復的実現、継続的改善について詳しく学習できるように、一連の競合学習ゲームをファシリテーターとして開催します。また、CMMIとアジャイルのコーチやインストラクターでもある経験豊富なゲームマスターの進行で、XPゲーム、コラボレーションゲームなどのイベントが同時開催されます。

3. CMMI on Board - 成功事例を通じて、また、組織がCMMIの採用を成功させて業績を向上させ、リスク・コスト・欠陥・開発期間を削減しながら品質・性能・顧客満足度を向上させるといった測定可能な結果を点検した方法から学んだ教訓を通じて学習します。

4. 能力を向上 – 能力ギャップを見極める力を活用して俊敏性と革新の文化を構築してきた世界中の組織から学習するという方法で、高い成熟度を追求するための長い活動に取りかかります。

Broadswordのプログラムチェア兼CEOのジェフ・ダルトン氏は、次のように述べています。「Capability Countsは、対話と実践的学習を通じて高業績を実現するための新たなアプローチを専門家、企業、政府機関が共有する上で、活力に満ちた会議の場です。」

CMMIインスティテュートによるCapability Counts 2016 カンファレンスの詳細と登録の詳細については、http://CMMIConferences.comをご覧ください。

CMMI®インスティテュートについて

CMMIインスティテュート(CMMIInstitute.com)は、人、プロセス、テクノロジーのベストプラクティス推進における世界的リーダーです。当インスティテュートは、組織が業務をベストプラクティスと比較して業績のギャップを見極めることによって、組織の能力をベンチマーク評価し、成熟度を確立するための手段と支援を提供します。25年以上にわたり、航空宇宙、金融、医療サービス、ソフトウエア、防衛、運輸、通信を含め、多様な業界の数多くの優秀な組織がCMMI成熟レベル評価を獲得し、有能なビジネスパートナーやサプライヤーであることを証明しています。組織の業績向上を支援するCMMIの詳細については、cmmiinstitute.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160307005980/ja/

CONTACT

CMMI® Institute
Chavonne Hoyle, 215-353-6524
choyle@cmmiinstitute.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Shinkowa Pharmaceutical Co., Ltd., Distributor of the World’s First Supplements Containing β-Nicotinamide Mononucleotide (NMN), Has Begun World-Wide Distribution of the Special Products “NMN PURE 3000″ and “NMN PURE 1500″
  • Interim Analysis of Ignyta’s Entrectinib Suggests Potential Best-in-Class Profile as a First-Line Targeted Therapy in Patients With ROS1-Positive Non-Small Cell Lung Cancer
  • Spectrum Pharmaceuticals Highlights Poziotinib Data in Non-Small-Cell Lung Cancer (NSCLC) Presented at the 18th IASLC World Conference on Lung Cancer in Japan
  • 武田呈报ALUNBRIGTM (brigatinib)治疗ALK阳性非小细胞肺癌枢纽性2期ALTA试验的更新结果
  • GenePeeks Expands Distribution to India with Exclusive Agreement with CORE Diagnostics