医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

東芝:スキャッタネット対応Bluetooth® Smart機器向けICのサンプル出荷開始について

2016年02月23日 PM07:46
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社は、Bluetooth® Low Energy通信方式注1対応ICのラインアップ拡充として、Bluetoothコア仕様バージョン4.1でLow Energyにも規定されたスキャッタネット(Scatternet)注2に対応した新製品「TC35667WBG-006」のサンプル出荷を本日から開始します。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20160223005902/ja/

東芝:スキャッタネット対応Bluetooth(R) Smart機器向けIC「TC35667WBG-006」(写真:ビジネスワイヤ)

東芝:スキャッタネット対応Bluetooth(R) Smart機器向けIC「TC35667WBG-006」(写真:ビジネスワイヤ)

本製品は、2014年2月に発表した現行製品「TC35667FTG/FSG-005」のパッケージの小型化と、内蔵ROM搭載ソフトウェアの変更を行い製品化しました。チップサイズパッケージを採用し、外形寸法は、2.88mm x 3.02mm x 0.3mm と薄型化を実現しており、カード型薄型機器や、超小型機器への搭載がより容易になります。
スキャッタネットでは、「Master機器とSlave機器との複数同時接続」、「Slave動作時に複数のMaster機器との複数同時接続」のいずれか、または両方の機能をサポートしている必要があります。従来のBluetooth通信方式でも使用されていましたが、本ICはLow Energy通信で両機能に対応しています。

また、本製品のリリースに併せ、既存パッケージ製品、およびNFC Forum Type 3 Tag規格に準拠した通信機能を搭載した製品「TC35670FTG-006」についても、ソフトウェア変更を行ったサンプルの出荷を開始します。

当社は、スキャッタネットによる小型機器同士による通信ネットワーク構築の実現・促進に貢献し、IoT分野で期待される通信ネットワークを生かした遠隔モニタの自動化や高機能化のアプリケーションを提案し、実現をサポートします。

 

新製品の主な特長

・低消費電力   送受信時 5.9mA(3.3V、-4dBm送信出力時/受信時)
Deep Sleep時 50nA(3.3V、Typ.)
・受信感度 -92.5dBm
・Bluetooth Low Energy Ver.4.1 セントラル・ペリフェラル対応
・GATT(Generic Attribute Profile)内蔵
・GATTにて規定されるサーバー・クライアント対応
 

アプリケーション/用途
スマートホーム対応機器、ウェアラブル機器、ヘルスケア機器、汎用無線データ通信機器(リモコン、玩具など)、IoT機器などのBluetooth Smart製品

 

新製品の主な仕様

型 番   TC35667WBG-006   TC35667FSG-006   TC35667FTG-006
電源電圧

1.8V~3.6V

動作時消費電流 5.9mA (3.3V、-4dBm出力動作時および受信動作時)
Deep Sleep時消費電流 50nA (Typ) (3.0V動作時)
動作温度範囲

-40~85℃

パッケージ WCSP41

2.88mm×3.04mm×0.3mm

ピンピッチ0.4mm

QFN40

5mm×5mm×0.9mm

ピンピッチ 0.4mm

QFN40

6mm×6mm×0.9mm

ピンピッチ 0.5mm

通信方式 Bluetooth Low Energy Ver.4.1、セントラル・ペリフェラル対応
送信出力

0dBm~20dBm (4dB ステップ)

受信感度 -92.5dBm
対応プロファイル GATT(Generic Attribute Profile)内蔵

サーバー、クライアント対応

インタフェース UART、I2C、SPI、GPIO
その他、特長 DC-DCコンバータ内蔵

レギュレータ内蔵

汎用ADC内蔵

ユーザプログラム実行機能

ホストウェイクアップ機能

PWM生成機能

GPIO端子数   14   16
 

注1:Bluetooth Ver.4.0規格以降で導入された省電力無線技術。
注2:スキャッタネット(Scatternet):Bluetooth通信の中で定義されている機器間ネットワーク。Bluetoothデバイスが接続される小規模ネットワークをさらに相互に接続して構成される。

*Bluetoothは、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標であり、東芝はライセンスに基づき使用しています。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ミックスドシグナルIC営業推進部 Tel:044-548-2821
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160223005902/ja/

CONTACT

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社
長沢千秋
Tel:
03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • FDA Grants Priority Review for Genentech’s Actemra® (Tocilizumab) Supplemental Biologics License Application for Giant Cell Arteritis, a Form of Vasculitis
  • TL PLASTIC SURGERY in South Korea, the Best Choice for Your Satisfying Breast Augmentation Surgery
  • Ascendia Pharmaceuticals宣布其治疗急性冠脉综合征的ASD-002项目获颁一项新专利
  • 年次世界患者安全・科学・技術サミットで初めて米国外向けにHDライブストリーミングを実施へ
  • Accelsiors CRO Expands Global Footprint