医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

GORE® EXCLUDER® デバイスが節目となる重要な成果を達成

2016年02月19日 PM01:57
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米アリゾナ州フラッグスタッフ

(ビジネスワイヤ) — W. L. Gore & Associates, Inc.(ゴア)は本日、25万人以上の患者がGORE® EXCLUDER® AAA Endoprosthesisによる治療を受けた*と発表しました。GORE EXCLUDER デバイスは、1997年に欧州でCEマーク、2002年にFDA承認を取得して以来、世界各国で臨床医が信頼を寄せるソリューションとなっています。この信頼は、20年近くにわたる植え込みの経験で安全かつ有効であることが証明されているデバイスデザインに由来するものです。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20160218006787/ja/

GORE EXCLUDER AAA Endoprosthesisは、腹部大動脈瘤(AAA)患者向けの低侵襲の治療選択肢で、能動的に腎臓下大動脈瘤に固定するようデザインされ、位置移動に抵抗性を持つように ...

GORE EXCLUDER AAA Endoprosthesisは、腹部大動脈瘤(AAA)患者向けの低侵襲の治療選択肢で、能動的に腎臓下大動脈瘤に固定するようデザインされ、位置移動に抵抗性を持つように設計されています。また本デバイスはよじれと閉塞を防ぐため、ePTFE製グラフトと、フルサポート型のネスト化ニチノール製ステントというデザインを独自に兼ね備えており、並外れたリム性能を特徴としています。2015年米国血管外科学会年次総会における発表の1つとして、数種類の血管内動脈瘤修復(EVAR)デバイスのメタ解析が取り上げられ、そこではGORE EXCLUDERデバイスのリムが1年後、3年後のいずれでも閉塞発生率が最も低いことが示されています。(写真:ビジネスワイヤ)

ゴアの大動脈関連事業部門リーダーを務めるライアン・タケウチは、次のように述べています。「初期臨床試験を完了して以来、当社はGORE EXCLUDER AAA Endoprosthesisのデザインに1カ所修正を加え、グラフトに低透過性フィルム層を追加しました。このようにグラフトにほとんど修正を加える必要がないという例はかつてないものですが、当社は各サイズのポートフォリオを拡大し、低プロファイル化して、位置変更できる革新的な留置システムを導入することで、患者への適用性を拡大してより多くの患者に価値をもたらすべく尽力してきました。」

GORE EXCLUDER AAA Endoprosthesisは、腹部大動脈瘤(AAA)患者向けの低侵襲の治療選択肢で、能動的に腎臓下大動脈瘤に固定するようデザインされ、位置移動に抵抗性を持つように設計されています。また本デバイスはよじれと閉塞を防ぐため、ePTFE製グラフトと、フルサポート型のネスト化ニチノール製ステントというデザインを独自に兼ね備えており、並外れたリム性能を特徴としています。2015年米国血管外科学会年次総会における発表の1つとして、数種類の血管内動脈瘤修復(EVAR)デバイスのメタ解析が取り上げられ、そこではGORE EXCLUDERデバイスのリムが1年後、3年後のいずれでも閉塞発生率が最も低いことが示されています**

ゴアは、大動脈疾患を永続的に治療するための選択肢の最も完全なポートフォリオを患者と医師に提供することに真剣な努力を傾けていますが、節目となる重要な成果を幾つか上げており、最近では米国初となるGORE® EXCLUDER® Thoracoabdominal Branch Endoprosthesisの植え込みを発表しました。今回の初期実現可能性試験は、患者を最大10人まで組み入れることでFDAの合意を得たもので、内臓分枝に食い込むか内臓分枝にまたがる大動脈瘤の治療における本デバイスの植え込み術の安全性を評価するものです。またFDAによるGORE® EXCLUDER® Iliac Branch Endoprosthesisの承認が2016年に予想され、弓部大動脈瘤用のGORE® TAG® Thoracic Branch Endoprosthesisを評価する各種試験への患者組み入れを継続しており、分岐型ポートフォリオを前進させています。

ウィスコンシン大学メディカルスクール/公衆衛生大学院の血管外科教授兼科長で本デバイスの初期臨床試験で米国の治験責任医師を務めたジョン・マツムラ医師(MD)は、次のように述べています。「ゴアは血管内治療用デバイスを評価する長期臨床試験に資金を投じてきました。これら試験の結果は政府の資金によるランダム化試験と非常に類似しており、この種の低侵襲療法が患者の健康向上にもたらす一定のメリットを確立しました。また米国のOVER試験では、血管内修復が総医療費を削減しました。」

ゴアは患者転帰改善のための努力の一環として、市販後調査に専心し、デバイスの長期性能をモニタリングしています。3000人以上の患者が組み入れられたGore Global Registry for Endovascular Aortic Treatment(大動脈血管内治療のためのゴア・グローバル・レジストリー、GREAT)では2010年8月以来、GORE EXCLUDER AAA EndoprosthesisやGORE® TAG® Thoracic Endoprosthesis、Conformable GORE TAG Thoracic Endoprosthesis、つい最近ではGORE® EXCLUDER® Iliac Branch Endoprosthesisによる治療を受けた患者のデータが収集されています。世界各国の最大300施設から計5000人の治療継続患者をレジストリーに登録し、その治療成績を10年間にわたって追跡します。

AAA治療の詳細についてはwww.goremedical.com/aorticをご覧ください。

* 販売されたTrunk-Ipsilateral Legsの数に基づく

** 社内資料

W. L. GORE & ASSOCIATESについて

ゴアは40年にわたり、医療上の複雑な問題に対する創造的な治療ソリューションを提供してきました。その間に世界各国で4000万個を超えるゴアの革新的な医療デバイスが植え込まれ、患者の命を救い、生活の質を向上させています。当社の広範な製品ファミリーには血管グラフト、血管内治療・インターベンション治療用デバイス、ヘルニア/軟部組織再建用外科メッシュ、ステープルライン補強材、血管/心臓/一般外科手術で使用する縫合糸が含まれます。当社は米国の「最も働きがいのある企業トップ100社(100 Best Companies to Work For)」の諸ランキングが1984年に最初に発表されて以来、すべてに掲載されてきた数少ないえり抜き企業の1つです。

掲載製品は全市場で提供できるとは限りません。

GORE®、EXCLUDER®、TAG®はW. L. Gore & Associatesの商標です。AU0754-EN1 FEBRUARY 2016

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160218006787/ja/

CONTACT

Chempetitive Group for W. L. Gore & Associates
Andrea Vuturo,
+1-312-997-2436
GoreMedical@Chempetitive.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TimeLine:
 

同じカテゴリーの記事 

  • Gynesonics Names James Sparks Vice President of Manufacturing
  • Takeda Announces Ricardo Marek as New President of Emerging Markets Business Unit
  • Takeda’s Dengue Vaccine Candidate Elicited Broad Immune Responses in Children and Adolescents Living in Dengue-Endemic Areas; Interim Phase 2 Analysis Published in The Lancet Infectious Diseases
  • Heliae宣布首次使用TruAzta品牌的天然虾青素
  • ノボキュア社が日本で第2世代オプチューンの薬事承認を厚生労働省から取得