医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

胸腹部大動脈瘤の臨床試験で初の植え込みを完了

2016年01月14日 PM11:15
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米アリゾナ州フラッグスタッフ

(ビジネスワイヤ) — W. L. Gore & Associates, Inc.(ゴア)は本日、内臓分枝にまたがる大動脈瘤の治療を目的とした臨床試験で、米国初となるGORE® EXCLUDER® Thoracoabdominal Branch Endoprosthesisの植え込みが行われたと発表しました。手術を実施したのはミネソタ州ロチェスターのメイヨー・クリニック血管・血管内外科の外科教授を務めるGustavo Oderich医師(MD)です。実現可能性を検討するこの初期試験は、患者を最大10人まで組み入れることでFDAの合意を得たもので、内臓分枝に食い込むか内臓分枝にまたがる大動脈瘤の治療における本デバイスの植え込み術の安全性を評価するものです。この初期実現可能性試験は、2014年にブラジルで開始されて進行中の第1相臨床試験に続くものです。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20160114005686/ja/

GORE® EXCLUDER® Thoracoabdominal Branch Endoprosthesis (Photo: Business Wire)

GORE® EXCLUDER® Thoracoabdominal Branch Endoprosthesis (Photo: Business Wire)

内臓部分にまたがる大動脈瘤の患者にとって、現在の治療選択肢は限られています。医師はこれらの複雑な症例の治療に当たり、多くの場合はこの目的で設計されていない血管内デバイスに頼るか、特注のデバイスが出来上がるまで数週間待つ必要があります。ゴアの新しいデバイスは治験段階にありますが、大動脈の内臓部分に食い込むか同部分にまたがる大動脈瘤を対象に、そのまま即使用できる完全な血管内ソリューションを医師に提供するものです。

ピッツバーグ大学メディカルスクール血管外科長で本試験の米国における治験責任医師を務めるMichel Makaroun(MD)は、次のように述べています。「内臓部分にまたがる大動脈瘤の治療は極めて困難で、これらの患者にとって治療選択肢は現在限られています。私たちは本試験を通じ、大動脈修復のための低侵襲アプローチの選択肢が現時点で限られている患者集団を対象に、本デバイスの使用を支持する初期の証拠を集められると期待しています。」

本デバイスは直感的な段階的デリバリーシステムを通じて導入するもので、血管外科医が部分的に留置したグラフトの位置を変更し、内臓分枝に対する選択的なカテーテル挿入ができるように設計されています。内臓分枝用の枝付きステントグラフトを留置するため、4本のポータルを事前装着した本デバイスは、迅速な植え込み術を実現するためのものです。

Dr. Oderichは次のように述べています。「この初期実現可能性試験に参加できるのは大きな喜びで、GORE EXCLUDER Thoracoabdominal Branch Endoprosthesisがこの患者集団にとって、耐久性があって即使用できる選択肢であることが証明されると私たちは期待しています。手術は技術的問題もなく順調に進みました。極めて大きな動脈瘤のためすべての内臓動脈を手当てする必要がある患者に対し、本デバイスは優れた代替手法となりました。」

ゴアの大動脈関連事業部門リーダーを務めるライアン・タケウチは、次のように述べています。「当社は、分岐型大動脈エンドグラフトのポートフォリオを前進させる大きな進歩を遂げました。この最近の節目となる成果は、当社の継続的コミットメントを支持するものですが、それは単純な大動脈疾患や複雑な大動脈疾患の治療を目的とした完全なポートフォリオを提供し、医師が従来は選択肢が限られていた患者を助けられるようにするという取り組みです。」

GORE® EXCLUDER® DeviceおよびGORE® TAG® Deviceの各ファミリーは、18年の継続的な改善、世界各国で販売された34万4000個のデバイス、5年間の前向き対照比較試験のデータによって支えられています。

当社について

ゴア・メディカルは40年にわたり、医療上の複雑な問題に対する創造的な治療ソリューションを提供してきました。その間に世界各国で4000万個を超えるゴアの革新的な医療デバイスが植え込まれ、患者の命を救い、生活の質を向上させています。当社の広範な製品ファミリーには血管グラフト、血管内治療・インターベンション治療用デバイス、ヘルニア/軟部組織再建用外科メッシュ、ステープルライン補強材、血管/心臓/一般外科手術で使用する縫合糸が含まれます。当社は米国の「最も働きがいのある企業トップ100社(100 Best Companies to Work For)」の諸ランキングが1984年に最初に発表されて以来、すべてに掲載されてきた数少ないえり抜き企業の1つです。詳細情報についてはwww.goremedical.comをご覧ください。

掲載製品は全市場で提供できるとは限りませんGORE®、EXCLUDER®、TAG®、各デザインはW. L. Gore & Associatesの商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160114005686/ja/

CONTACT

Chempetitive Group for W. L. Gore & Associates
Andrea Vuturo
+1
(312) 997-2436
GoreMedical@Chempetitive.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • GI Dynamics Selects Proven Process Medical Devices as Contract Manufacturer
  • Takeda and BioSurfaces Announce Joint Research Program to Explore Promising Devices to Treat Gastrointestinal Diseases
  • Co-Diagnostics, Inc. Announces Joint Venture in India
  • Optibrium and Bugworks Sign Agreement for StarDrop License
  • Nike Announces Results of the Active Schools Innovation Award in China to Fuel the Culture of Sport and Play for Chinese Youth