医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

武田薬品とenGene社の消化器系疾患に対する新規治療法開発に向けた戦略的提携について

2016年01月12日 AM09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪 & カナダ・モントリオール

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)とenGene, Inc.(本社:カナダ モントリオール、以下「enGene社」)は、このたび、enGene社の遺伝子導入基盤技術である“Gene Pill”を活用し、専門的な消化器系疾患領域に対する新規治療薬の研究、開発および製品化に関する戦略的提携を行う契約を締結しましたのでお知らせします。このたびの提携により、enGene社の有する非ウイルスベクター技術を用いた、治療遺伝子を腸管の内膜細胞に送達する専門技術ならびに知的財産の活用が可能となります。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20160111006617/ja/

本契約に基づき、enGene社は武田薬品が選定した最大2つの新規創薬ターゲットについて、前臨床のPOC(proof of concept)試験から臨床試験実施申請が可能となる試験までを行います。武田薬品は、創製された候補物質について、臨床試験実施申請が可能となる試験の段階で、全世界を対象とした独占的使用権を行使するオプション権を有します。

武田薬品は、当該オプション権を行使した場合、これらを用いた製品に関する全ての臨床開発や販売を行うことになります。enGene社は契約一時金を受領するとともに、武田薬品は選定されたターゲットの開発期間中に発生する全ての研究開発費を負担します。さらに、enGene社は、特定の研究、開発、申請、販売に関する成果に応じたマイルストンを受領する権利を有し、将来の売上に応じたロイヤルティを受領します。その他、本契約の詳細については開示しておりません。

武田薬品はenGene社と協力し、抗体の経口投与を可能にすべくGene Pill技術を追求します。武田薬品は、最大3つの抗体ターゲットについて、enGene社と最初に交渉できる独占的オプション権を有します。

武田薬品の消化器疾患創薬ユニット ヘッドのGareth Hicksは、「当社は、科学における他に類をみないイノベーションを、患者さんの健やかな人生に貢献できる消化器系疾患治療薬として応用できるよう努めています。このたびの提携により、enGene社の“Gene Pill”技術の可能性をさらに追求していけることを嬉しく思います」と述べています。

enGene社の共同創業者でCEOのAnthony T. Cheungは、「当社は、消化器専門疾患領域において、当社の革新的な遺伝子導入技術を用い、武田薬品のチームと共同で新たな治療法の探索に取り組めることを嬉しく思います。今回の提携により、当社が有する製品の開発に対し十分な資金的サポートが得られることに加え、消化器系疾患領域におけるリーディング・カンパニーとの協力を通じて、当社が優れた研究開発能力を有する企業として成長する機会を得ました」と述べています。

<enGene社について>
enGene社は、非上場のバイオテクノロジー企業であり、幅広く応用可能な、腸管の粘膜細胞に遺伝子を送達する非ウイルスベクター技術を有しています。このベクター系は、経口もしくは注腸にて腸管への投与が可能です。enGene社は、独自の遺伝子送達技術を経口投与可能な“Gene Pill”として開発しており、この技術により、広範にわたるタンパク薬について経口投与が可能となる可能性があります。目的は、様々な免疫異常の治療法として、腸管局所まで免疫調整タンパクを送達する技術を確立することです。

<武田薬品について>
武田薬品は、研究開発型の世界的製薬企業を目指して、自社研究開発を強化するとともに、ライフサイクルマネジメントの推進、導入・アライアンスの積極展開を通じて研究開発パイプラインの充実を図り、ミッションである『優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する』の実現に努めています。詳細についてはhttp://www.takeda.co.jp/をご覧ください。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20160111006617/ja/

CONTACT

<報道関係問い合わせ先>
武田薬品工業株式会社
CCPA コーポレート・コミュニケーション
小林一三
Tel:
03-3278-2095
Email: kazumi.kobayashi@takeda.com
または
enGene社
Dr.
Anthony Cheung, Chief Executive Officer
Tel: +1-514-332-4888, ext.
204
Email: acheung@engeneinc.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 年次世界患者安全・科学・技術サミットで初めて米国外向けにHDライブストリーミングを実施へ
  • Accelsiors CRO Expands Global Footprint
  • InFo 124M – スイス製の白内障手術用EDOF IOL
  • 武田药品工业株式会社开始对ARIAD Pharmaceuticals, Inc.所有流通股进行现金要约收购
  • Dr. Reddy’s to Release Q3 FY17 Results on Feb 4, 2017