医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

GORE® EXCLUDER® Iliac Branchエンドプロテーゼの世界各国での植え込み数が1000件を超える

2015年11月18日 AM02:47
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米アリゾナ州フラッグスタッフ

(ビジネスワイヤ) — W. L. Gore & Associates, Inc.(ゴア)は本日、GORE® EXCLUDER® Iliac Branchエンドプロテーゼの世界各国での植え込み数が1000件を超えたと発表しました。この大台となる成果は、本デバイスが欧州でCEマークを取得してからわずか2年後に達成されました。本デバイスは現在、欧州とオーストラリアで市販され、米国では臨床試験の段階にあり、カナダでは特別アクセスにより利用可能となっています。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20151117006672/ja/

GORE® EXCLUDER® Iliac Branch Endoprosthesis has exceeded 1,000 implants worldwide. (Photo: Business  ...

GORE® EXCLUDER® Iliac Branch Endoprosthesis has exceeded 1,000 implants worldwide. (Photo: Business Wire)

本デバイスは総腸骨動脈瘤または大動脈腸骨動脈瘤の血管内治療を目的としたシステムとしては、十分に設計された初の完全なシステム(ゴアが腸骨枝および内腸骨のコンポーネントを設計)です。GORE® EXCLUDER® AAAエンドプロテーゼの各コンポーネントと組み合わせて使用することで、総腸骨動脈を全身の血流から隔離して外腸骨動脈と内腸骨動脈の血流を温存する本腸骨枝デバイスは、証明済みのゴアの技術プラットフォームを基盤とし、AAAエンドプロテーゼと同様、丈夫な延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)製グラフトとニチノール製ステントの組み合わせを使用したデザインとなっています。

ワイルコーネル医科大学血管/血管内治療科長のDarren Schneider医師(MD)は、次のように述べています。「従来のEVAR技術では、総腸骨動脈瘤を持つ患者で内腸骨動脈への血流を温存するのは非常に困難な場合があります。腸骨枝デバイスを使用して骨盤内血流の温存を可能にする完全なEVARシステムは、これまで存在しませんでした。世界各地から良好な転帰の例が多く報告されている現在、本デバイスがもたらす臨床的利益をさらに多くの患者が受けられるのを目にするのは大きな喜びです。」

GORE EXCLUDER Iliac Branchエンドプロテーゼは、治療範囲が内腸骨動脈の場合で6.5-13.5 mm、外腸骨動脈の場合で6.5-25 mmとなっています。装着カテーテルのデリバリープロファイルにより、腸骨枝コンポーネントの場合は16 Frイントロデューサーシース、内腸骨コンポーネントの場合は12 Frの柔軟な補強型イントロデューサーシースの使用が可能になります。

ゴアの大動脈関連事業部門リーダーを務めるライアン・タケウチは、次のように述べています。「腸骨動脈の修復専用の当社コンポーネントは、総腸骨動脈瘤の管理のための完全な低プロファイルシステムを一貫して提供しています。この革新的な技術ソリューションは、多様な構成が可能であるため、個々の患者にとって最適な治療のための適切な製品の選択に供することができます。」

GORE EXCLUDER Iliac Branchエンドプロテーゼは、GORE EXCLUDERデバイスおよびThoracic Conformable GORE® TAG®デバイスの拡大を続ける製品ファミリーの一部です。これらの製品は、評価が高いゴアの臨床サポートチームと総合的な訓練サービスを支えに、低侵襲の手段で動脈瘤を効果的に治療するという共通の使命を持っています。

VEITHsymposiumについて

42年目となるVEITHsymposiumは血管外科医、インターベンション放射線医、インターベンション心臓医、その他の血管治療専門家に対し、血管疾患の治療における新たな重要事項につき、独自の素晴らしい様式で最新情報を学ぶための場を提供します。5日間にわたる本イベントでは、最近の進歩、診断・管理における概念の変化、喫緊の論争点、新技法に重点を置いて、世界の有名な血管治療専門家が立て続けにプレゼンテーションを行います。VEITHsymposiumに参加登録するには、www.VEITHpress.orgにアクセスするか、Pauline T. Mayer(631.979.3780)までご連絡ください。

W. L. GORE & ASSOCIATESについて

ゴアは40年にわたり、医療上の複雑な問題に対する創造的な治療ソリューションを提供してきました。その間に世界各国で4000万個を超えるゴアの革新的な医療デバイスが植え込まれ、患者の命を救い、生活の質を向上させています。当社の広範な製品ファミリーには血管グラフト、血管内治療・インターベンション治療用デバイス、ヘルニア/軟部組織再建用外科メッシュ、ステープルライン補強材、血管/心臓/一般外科手術で使用する縫合糸が含まれます。当社は米国の「最も働きがいのある企業トップ100社(100 Best Companies to Work For)」の諸ランキングが1984年に最初に発表されて以来、すべてに掲載されてきた数少ないえり抜き企業の1つです。

掲載製品は全市場で提供できるとは限りません。GORE®、EXCLUDER®、TAG® はW. L. Gore & Associatesの商標です。AU0711-EN1 NOVEMBER 2015

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20151117006672/ja/

CONTACT

Chempetitive Group for W. L. Gore & Associates
Andrea Vuturo,
+1 312-997-2436
GoreMedical@Chempetitive.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda and BioSurfaces Announce Joint Research Program to Explore Promising Devices to Treat Gastrointestinal Diseases
  • Co-Diagnostics, Inc. Announces Joint Venture in India
  • Optibrium and Bugworks Sign Agreement for StarDrop License
  • Nike Announces Results of the Active Schools Innovation Award in China to Fuel the Culture of Sport and Play for Chinese Youth
  • Samsung Bioepis Announces RENFLEXIS™ (infliximab-abda) Now Available in the United States