医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

アピラ・サイエンスがiGrow育毛システムのグローバルフットプリントをアジアおよび中東で拡大

2015年11月16日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米フロリダ州ボカラトン

(ビジネスワイヤ) — アピラ・サイエンスは本日、iGrow育毛システムの韓国、タイ、シンガポール、エジプトでの流通・販売が承認されたと発表しました。最近のこれらの承認は、5大陸に拡大するアピラのグローバルリーチを浮き彫りにしています。

韓国食品医薬品安全庁(KFDA)、タイ食品医薬品局(FDA)、シンガポール保健科学庁(HSA)、エジプト保健人口省(MoHP)による承認により、iGrowの特許取得済みの低出力レーザー治療(LLLT)技術がこれらの市場にもたらされることになります。これら4カ国は、既にiGrowが承認されている地域、すなわち米国、欧州連合28カ国のすべて、カナダ、メキシコ、香港、インド、ペルー、トルコに続くものです。

iGrow育毛システムは画期的で安全、効果的なハンズフリーのLLLT育毛装置で、家庭用としてFDAの承認を取得しています。iGrowの特許取得済みのレッドライト・テクノロジーは、赤色レーザーおよびLEDダイオードという高生産性の組み合わせから構成され、臨床研究では16週間の治療で毛髪の成長を39パーセント増大させ、手持ち型のレーザーくし/ブラシと比較して、10週間も早く毛髪の総成長量を2倍近くに増やしました。

アピラ医療製品部門プレジデントのJeff Braileは、次のように述べています。「薄毛や脱毛は国境や大陸を越え、国籍や年齢、性別に関係なく広がっています。アジアと中東の4カ国で新たに承認を取得したことで、男性型脱毛症やその他の原因の脱毛で悩んでいる人々に、臨床的に実証済みのLLLT治療を提供できることになります。当社は一貫して市場を拡大しており、年末までに他の多くの主要市場で承認を取得する見込みです。

iGrow育毛システムの詳細についてはwww.igrowlaser.comをご覧ください。

アピラ・サイエンスについて

アピラ・サイエンスは10年以上にわたって低出力レーザー治療(LLLT)装置を他社に先駆けて切り開いてきました。当社のiGrow育毛プラットフォームは、シンプルで安全、有効な育毛治療装置を提供するためのLLLTの応用に関する当社の専門技術とイノベーションを活用しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20151115005022/ja/

CONTACT

Gregory
FCA

Denise DiMeglio, 610-228-2102
denise@gregoryfca.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 中国のヘルスケア市場は今後15年間で投資と機会が急拡大の見込み
  • Dr. Reddy’s and Integra LifeSciences Enter into an Agreement to Market and Distribute DuraGen Plus® and Suturable DuraGen® Dural Regeneration in India
  • Latest clinical research confirms that IQOS reduces smoker exposure to select harmful chemicals as compared to cigarette smoke
  • 中国医疗市场将在未来15年内迎来投资热潮和诸多机遇
  • NZMP GOLD Whole Milk Powder for UHT Launches