医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

シンガポール総合病院とサーモフィッシャーサイエンティフィック がアジア人特有のがん遺伝子変異の保有率を同定するための研究で提携

2015年11月05日 AM09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州カールスバッド

(ビジネスワイヤ) — シンガポール総合病院(SGH)とサーモフィッシャーサイエンティフィック は本日、サーモフィッシャーの次世代シーケンシング(NGS)プラットフォームIon Torrentでアジア人集団と結び付いたがん遺伝子変異を同定するための提携パートナーシップを構築したと発表しました。

このSmart News Release(スマート・ニュース・リリース)にはマルチメディアのコンテンツが含まれています。リリース全文はこちらから: http://www.businesswire.com/news/home/20151104007024/ja/

今回の研究提携は段階的なアプローチにより、アジア系の先祖を持つがん患者のサンプルで後ろ向き分析を行い、変異プロファイルと、主として白人の先祖をもつ人々から得たデータを含む参照集団の既存データとの違いを同定します。プロジェクトの最初の段階ではSGHがIon Torrent PGMプラットフォームとOncomine Comprehensive Assayを使用して検証研究を実施します。プロジェクトはその後、ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織と、可能性としてその他の臨床試料を使用して、NGSによる多種類のがんの前向きデータ解析の段階に移行し、将来において臨床的に実行可能な新試験につながる最高水準のデータ取得を実現します。

サーモフィッシャーサイエンティフィック のオンコロジー担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーであるMike Nolanは、次のように述べています。「当社はそれぞれのオンコロジー研究で世界の顧客に貢献し、また臨床コミュニティーを支えることに一貫して真剣な努力を傾けており、シンガポール総合病院との今回の提携は、当社のこうした取り組みを浮き彫りにするものです。当社は今後も、がんに対処するための世界的な努力に大きな価値を付加する最先端ツールを提供するという道を歩み続けます。」

SGH病理科長のTan Puay Hoon教授は、次のように述べています。「異なる集団間でがん遺伝子変異の違いを調査することは、多人種/多文化社会における医療を前進させる上で不可欠な要素です。本提携により、オンコロジーコミュニティーはこの領域で医療の向上と個別化治療を実現するための取り組みを前進させることができます。」

本研究は、POLARIS@SingHealthプログラムの一環として5月に開始しました。A*STARが資金提供する同プログラムは、最先端のオミックス技術を実現し、将来において同技術をシンガポールにおける疾患の診断と治療に役立てることが目的です。この目的は、必要とされるインフラと資源を確立し、臨床パートナーと協力することで実現します。

本プロジェクトはサーモフィッシャーサイエンティフィック のライフサイエンスソリューショングループの中央研究開発組織が部分的に支援しています。

シンガポール総合病院について

シンガポール総合病院はシンガポール・ヘルス・サービスに属し、同公共セクターの主力病院です。1821年創立のSGHはシンガポール最大の3次救急病院で1600床のベッドを擁し、構内に総合的な36の専門臨床科を持つ国立のレファラル病院として機能しています。毎年約100万人のシンガポール人が、同院の800人の専門医が提供する先端医療の恩恵を受けています。SGHは学術医療機関および医学教育の基盤として、医師、看護師、関連する医療専門家の養成で重要な役割を果たしており、患者に最高の医療と転帰を提供するために一貫して尽力している中で、革新的な橋渡し/臨床研究に真剣な努力を傾けています。

www.sgh.com.sg

サーモフィッシャーサイエンティフィック について

サーモフィッシャーサイエンティフィック (NYSE: TMO)は、科学に貢献する世界的リーダー企業で、売上高は170億ドルを計上し、50カ国で約5万人の従業員を擁しています。当社の使命は、顧客が世界をより健康・清浄・安全なものにできるようにすることです。当社は顧客によるライフサイエンス研究の加速、複雑な分析上の問題の解決、患者診断の改善、ラボ生産性の向上に貢献しています。当社は有力ブランドのThermo Scientific、Applied Biosystems、Invitrogen、Fisher Scientific、Unity Lab Servicesを通じ、革新的技術、購買の利便性、総合的サポートの比類なき組み合わせを提供します。詳細についてはwww.thermofisher.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20151104007024/ja/

CONTACT

Thermo Fisher Scientific
Mauricio Minotta, 760-929-2456
Mauricio.minotta@thermofisher.com
または
Singapore
General Hospital
Carol Ang, +65-6321-4999
carol.ang@sgh.com.sg

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表