医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ホライゾン・ディスカバリー・グループとサーモフィッシャーサイエンティフィックが供給・商業化契約を締結

2015年05月13日 PM09:12
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

英ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — ゲノム研究と個別化治療薬の開発を促進する研究ツールとサービスを提供する国際的ライフサイエンス企業のホライゾン・ディスカバリー・グループ(LSE:HZD)は本日、科学サービスの世界的リーダー企業サーモフィッシャーサイエンティフィックと供給・商業化契約を締結したと発表しました。

契約の条件に従い、サーモフィッシャーはホライゾンのX-MANヒト1倍体/2倍体アイソジェニック細胞株コレクションを流通・販売し、さらに日本を除く世界規模の顧客基盤に対しホライゾンのX-MAN 1倍体細胞株の作製サービスを提供します。ホライゾン・ディスカバリー・グループと住商ファーマインターナショナル(SPI)の日本における独占販売契約に変更はありません。

X-MAN細胞株のシリーズは、遺伝的に定義されたヒト細胞株の広範なバンクで、これらのモデルは疾患の原因となる遺伝的特徴を正確に示し、高度なバリデーションと品質管理を受けています。これらのモデルは、複雑な遺伝的疾患がいかにして現れるかを研究者が理解するのに役立ち、標的の特定、標的のバリデーション、アッセイ開発、薬剤スクリーニング、リード最適化、バイオマーカーを駆使した臨床試験デザインを含め、医薬品開発の多くの面を合理化することで、新しい個別化治療薬を上市するためのコストを削減することができます。

X-MANのカタログは、ホライゾン専有の正確(rAAV)で高スループット(HT-CRISPR)のゲノム編集技術を利用して開発した2倍体細胞株(各遺伝子の天然のコピーを2つ持つ細胞)と1倍体細胞株(各遺伝子のコピーを1つだけ持つよう操作した専有の細胞)の両方を含みます。またホライゾンは操作した1倍体細胞株の迅速で低コストのオンデマンド作製サービスも提供していますが、このサービスは遺伝子と遺伝的変異の基礎および応用機能を研究している7万2000カ所以上のラボに対し、これらの貴重な研究ツールを初めて提供するものです。

ホライゾンのX-MAN細胞株はすべて「アイソジェニック・ペア」の形で提供されます。これは改変細胞のそれぞれが、マッチングさせたコントロールと合わせて提供されることを意味し、研究者は実験を実施する際に、実験の結果における差の原因が特定のゲノム改変によるものであると自信をもって判断することができます。これは従来の患者由来細胞株を使用するのであれば困難なことです。

ホライゾン・ディスカバリー・グループの製品担当プレジデントであるDr. ポール・モリルは、次のように述べています。「この戦略的な契約はホライゾンのX-MAN細胞株コレクションとゲノム編集サービスの価値を浮き彫りにするものですが、2015年1月のハプロジェン ・ゲノミクス買収を受け、研究界に対しホライゾンの1倍体モデルが既に与えている影響を特に際立たせるものです。この契約に従い、サーモフィッシャーは自社の電子商取引/直接販売チャネルを使用し、世界各国の研究者にこれらの製品を販売することになります。」

サーモフィッシャーサイエンティフィックの戦略/ポートフォリオ/営業開発担当バイスプレジデントであるLalit Dhirは、次のように述べています。「サーモフィッシャーは、世界各国の研究者に対し、科学研究を前進させる上で役立つ最先端技術を提供することに、真剣な努力を傾けています。当社とホライゾン・ディスカバリー・グループの契約は、研究に携わる当社顧客に対するこの誓約を示す一例です。」

以上

編集者への注記

ホライゾン・ディスカバリー・グループについてwww.horizondiscovery.com/

ホライゾンは収益性を確保しているライフサイエンス企業として、ゲノム研究と個別化治療薬の開発に従事する組織に研究ツールを供給しています。ホライゾンは50カ国近くの国々で、製薬・バイオテクノロジー・診断の大手企業や一流学術研究センターを含め、1000組織以上の多様で国際的な顧客基盤を持っています。当社は数多くの市場に製品とサービスを提供しており、その総額は2015年までに290億ポンドを超えると見込んでいます。

ホライゾンの中核能力は、専有のトランスレーショナル・ゲノミクス・プラットフォームを中心に構築されています。本プラットフォームは、ヒトまたは哺乳類の細胞株のほとんどすべての内因性遺伝子配列を改変できる遺伝子編集ツールの高精度で柔軟性のあるスイートです。ホライゾンは1万6000点以上の製品を提供していますが、そのほとんどすべてで遺伝子編集の応用を基盤として、遺伝子に基づく疾患で発見された疾患原因となる突然変異を正確にモデリングする細胞株を作製しています。これらの「試験管内の患者」を顧客が使用し、個別または複合的な遺伝子突然変異が薬剤活性、患者反応、抵抗性に及ぼす影響を見極めており、これは患者のどのサブグループが現在および将来の薬物治療に対して効果を示すかという予測の成功につながる可能性を持っています。

さらにホライゾンは、rAAV、ZFN、CRISPRに基づく遺伝子編集ツール、研究/生物学的生産用途のカスタム細胞株作製サービス、定量用分子リファレンススタンダード、インビボ疾患モデル、受託研究およびカスタムスクリーニングのサービス、カスタムshRNA開発サービス、既製品のバリデーション済みshRNA(ホライゾンパートナーのSirion取り扱い)を提供しています。

ホライゾンは英国のケンブリッジに本社を置き、ロンドン証券取引所AIM市場にティッカー「HZD」にて上場してます。詳細についてはwww.horizondiscovery.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Horizon Discovery Group plc:
Consilium Strategic
Communications (Financial Media and Investor Relations)

Amber
Bielecka / Jessica Hodgson / Matthew Neal / Laura Thornton
+44 (0)
20 3709 5701
horizon@consilium-comms.com
または
Zyme
Communications (Trade and Regional Media)

Katie Odgaard
+44
(0)7787 502 947
katie.odgaard@zymecommunications.com
または
Panmure
Gordon (UK) Limited (NOMAD)

Corporate Finance: Freddy Crossley
/ Fabien Holler / Duncan Monteith / Fred Walsh
Corporate Broking:
Tom Salvesen
+44 20 7886 2500

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ベルタンとザイモリサーチが新しい連携を発表
  • The First China (Chongqing) Selenium Enrichment Industry Development Conference, Organized by the Chongqing Jiangjin Agriculture Commission, Was Held in Jiangjin
  • Takeda and Seattle Genetics to Present Positive Data from Phase 3 ECHELON-1 Clinical Trial Evaluating ADCETRIS® (brentuximab vedotin) in Frontline Advanced Hodgkin Lymphoma
  • Herbalife Nutrition Hong Kong and Po Leung Kuk Set New World Record in Launching Healthy Active Lifestyle Mobile App
  • Median Technologies Inks a Research Collaboration Agreement for Lung Cancer Screening Programs With Xingtai People’s Hospital, Xingtai City, China