医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Replicorが2015年ランセット・ウイルス性肝炎会議で発表へ

2015年04月10日 PM09:09
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) — 慢性B型肝炎(HBV)およびD型肝炎(HDV)に感染した患者向けの治療薬に絞った開発に取り組む非公開バイオ製薬企業のReplicor Inc.は本日、2015年4月10~12日に中国・上海で開催されるランセット・ウイルス性肝炎会議で、最新の臨床データを公表すると発表しました。データは、REP 2139-Caと免疫療法および/またはエンテカビル(ETV)の併用療法を受けた慢性HBV感染患者を対象とする研究に基づくものです。

REP 2139-Ca単剤またはペガシス/ザダキシン/ペガシス+ETVとの併用は、安全性と良好な忍容性が確認され、著しい抗ウイルス反応をもたらすことが示されています。抗ウイルス反応としては、HBsAgとHBeAgの両方に対するセロコンバージョンでのHBsAgの消失(最大7の対数減少値からLLOQ)、血清HBV DNAの消失(最大6の対数減少値からLLOQ)があります。これらの臨床試験は、REP 2139-Caが既存治療薬と比べ、12カ月 SVR率を明らかに著しく増加させることを示しています。

Replicorのポスタープレゼンテーションは会議終了後、当社ウェブサイト(www.replicor.com/science/conference-presentations)からご覧いただけます。2015年ランセット・ウイルス性肝炎会議の詳細情報については、www.asianoncologysummit.com/vhep-summit.aspをご覧ください。

Replicorについて

Replicorは非公開のバイオ製薬企業として、HBV/HDV治療薬の開発において、動物とヒトの最も先進的な臨床データを保有しています。当社はHBVやHBV/HDVに感染した患者のための効果的治療薬の開発促進に専心しています。Replicorに関する詳細情報については、当社ウェブサイト(www.replicor.com)をご覧ください。ツイッター(@replicorinc)で当社のフォローをお願いします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Replicor
Alexandra Peterson, 212-508-9709
apeterson@makovsky.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TimeLine:
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表