医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

クインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスが世界的な臨床試験ラボサービスの提供で合弁会社を設立

2015年04月03日 PM09:25
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク & ニュージャージー州マディソン

(ビジネスワイヤ) –クインタイルズクエスト・ダイアグノスティクスは本日、世界的な臨床試験ラボサービス会社を設立する正式契約を発表しました。業界リーダー2社の臨床試験ラボ事業が一つになることで、新会社は複雑さを増しているバイオ医薬品業界で顧客企業が成功するために必要な深い能力と総合的な臨床試験ラボサービスを提供できます。新会社は意味の大きい価値提案を行い、世界で2番目に大きいセントラルラボサービス企業としての地位を強化します。

クインタイルズのトム・パイク最高経営責任者(CEO)(写真:ビジネスワイヤ)

クインタイルズのトム・パイク最高経営責任者(CEO)(写真:ビジネスワイヤ)

合弁会社は2014年であれば約5億7500万ドルの収益を上げていたと推定され、バイオ医薬品企業の上位20社すべてを含むバイオ医薬品業界のあらゆるセグメントの顧客に優れて幅広いサービスと業界をリードする試験メニューを提供します。取引が完了すると、合弁会社の60%をクインタイルズが、40%をクエスト・ダイアグノスティクスが保有することになります。

クインタイルズの規模、臨床試験の専門能力、そして多様な臨床経験がクエスト・ダイアグノスティクスの優れた運営、科学、質、サプライチェーンのネットワーク、情報力と組み合わされ、バイオ医薬品企業の顧客のための優れた革新、質、価値が約束されます。さらに、医学と臨床の深い知識を活用した最高品質のラボサービスの提供のみに力を傾ける世界的規模の機敏なビジネスモデルも、顧客にメリットをもたらします。

臨床、科学、統計面の優れた力は、薬事承認プロセスの一部としてのラボ作業を成功させる上で、ますます重要になっています。このようなニーズに応えるため、新会社はクインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスの科学、医学、データの深い専門能力を活用します。両社を合わせれば約3500人の医師、博士、生物統計家が働き、ゲノミクスと精密医療の分野でも最先端の経験、専門知識、能力を有しています。

新会社はまた、クインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスの全社が持つ多くの能力を活用します。これには、賞を受けたことのあるクインタイルズのInfosario®技術プラットフォームやクエスト・ダイアグノスティクスの確かなデータ分析能力が含まれます。両社は、それぞれの分野のバイオ情報のリーダーであり、これはこれまでの多様な経験とデータ収集を基盤として培われてきた立場です。クエスト・ダイアグノスティクスは200億件の試験結果を活用しており、クインタイルズは6000万人以上の患者履歴を含む電子健康記録や25万人の治験責任医師のネットワークを資産として有しています。

クインタイルズのトム・パイク最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「この合弁会社はクインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスの能力の良いところを基盤とし、お客さまのために最高品質のサービスを作り上げます。クインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスの全体的な規模、専門知識、包括的な能力を組み合わせ、顧客企業の成功の可能性を高めるために貢献できる世界クラスのラボサービスを提供することを強く重視します。クインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスは、患者の転帰と人の健康を改善するための相互補完的なサービス、能力、ビジョンによって、すでに業界のリーダーとなっています。私たちは、今後の機会と顧客に提供できる価値に期待を感じています。」

合弁会社は、クインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスが任命する経験豊富な世界的経営陣が率います。親会社の質の高いサービスの豊かな歴史と基盤を基に、新会社はさまざまな高度な試験能力およびサービスを顧客に提供します。これにより総合的なコンパニオン診断が規制面、診療報酬面、商業面の戦略と合わせて可能になり、バイオ医薬品企業の顧客による精密医療の推進に貢献します。新会社はまた、クエスト・ダイアグノスティクスのサプライチェーンも活用して質と効率を高める支援もします。このサプライチェーンは米国の医師と病院の約半数をカバーし、25万人の医療サービス機関が利用する2200のサービス・センターと3000社の運搬・接続サービス企業を含んでいます。

クエスト・ダイアグノスティクスのスティーブ・ラスコウスキー最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「当社はバイオ医薬品の世界最大手企業と提携して顧客の臨床試験の成功を支援し、精密医療の追求をサポートできることに期待を感じています。クエスト・ダイアグノスティクスにとって、この合弁モデルは臨床試験の資産から成長と価値を引き出し、同時に中心的な診断情報サービス事業への集中を強化できるものです。」

臨床試験のラボサービス支援における短期的な機会以外に、クインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスはその他の領域での協力によって生まれる機会を活用することも想定しています。これには、臨床試験での患者の募集と維持を強化する新たな方法、コンパニオン診断の検証、開発、商業化の促進、後期フェーズ治験の支援の強化、集団健康の新たな情報とツールの開発が挙げられます。

この取引は標準的・慣習的なクロージング条件が適用され、2015年第3四半期のクロージングが予想されています。本取引の詳細な情報と財務面の条件は、現時点では開示されていません。

投資家向け電話会議は、3月31日(火)米東部時間午前8時30分に開始します。電話会議のウェブキャストによる生中継をクインタイルズのウェブサイトの投資家対応セクション(www.Quintiles.com/investors)またはクエスト・ダイアグノスティクスのウェブサイトの投資家対応セクション(www.QuestDiagnostics.com/investor)で視聴できます。電話で参加される場合は、米国内からは+1 855-710-5091、米国外からは+1 706-902-0591へ会議開始予定時刻の約15分前にお電話ください。会議IDは15324767です。

クインタイルズについて

フォーチュン500企業の一社であるクインタイルズ(NYSE:Q)はバイオ製薬分野の開発と商業的アウトソーシングのサービスを提供する企業として世界最大です。 当社は約100カ国で働く3万2000人以上の従業員から成るネットワークを持っています。2013年度の市場販売成績トップ100の医薬品すべてに関して、その開発または商業化を支援してきました。顧客が医療成果を改善して効率と効果を向上させるべく努めている中で、当社は幅と深みのあるサービスに加え、治療領域・科学研究・分析における豊富な専門性により、顧客が複雑性を増すヘルスケア情勢を切り抜けることができるよう、支援しています。クインタイルズの詳細については、www.quintiles.comをご覧ください。

クエスト・ダイアグノスティクスについて

フォーチュン500企業のクエスト・ダイアグノスティクス(NYSE: DGX)は、医療の優れた意思決定に必要な診断情報サービスの世界的大手企業です。当社は、そのラボおよび患者サービス・センターのネットワークを通じて診断情報サービスへの最も幅広いアクセスを提供し、多数の医療および科学スタッフを通じて診断コンサルティングを提供しています。クエスト・ダイアグノスティクスは、患者ケアの改善に役立つ革新的な診断試験と高度な医療情報技術ソリューションの開発で先頭を歩んでいます。詳細情報は、www.QuestDiagnostics.comでご覧ください。当社の最新情報をFacebook.com/QuestDiagnosticsとTwitter.com/QuestDXでご覧ください。

将来見通しに関する記述

過去の事実ではない本プレスリリース内の記述は、合弁会社に関するものを含め、1933年証券法第27A条および1934年証券取引所法第21E条の意味における将来見通しに関する記述を含んでいることがあります。そのような将来見通しに関する記述は、とりわけ、クインタイルズおよびクエスト・ダイアグノスティクスの現在の期待および予想される事業業績を反映しており、そのすべては既知および未知のリスク、不確実性、およびその他の要因の影響を受け、それにより実際の結果、業績もしくは成果、市場トレンド、または業界の業績がかかる将来見通しに関する記述によって明言もしくは含意されたものと大きく異なるものとなることがあります。したがって、読者は、それがなされた日現在についてのみ言及している将来見通しに関する記述に過度に依存することのないようご注意ください。上記を制限することなく、「予見する」、「考える」、「推定する」、「予想する」、「意図する」、「かもしれない」、「計画する」、「予測する」、「はずである」、「目指す」、「だろう」、ならびにその否定形および類似の言葉および表現は、将来見通しに関する記述を特定することを意図しています。これらの記述は、リスク、不確実性および前提の影響を受け、これには合弁会社に関する競争、統合、所期の目的の達成の能力、競争環境、公訴または私的訴訟、予定中および将来の政府捜査の不利な結果、ならびにクインタイルズおよびクエスト・ダイアグノスティクスがSECに提出する定期提出物の中で説明されているその他の要因、中でも(i)クインタイルズが2015年2月12日にSECに提出したフォーム10-Kおよび(ii)クエスト・ダイアグノスティクスが2015年2月24日にSECに提出したフォーム10-Kによる2014年年次報告書の「リスク要因」のセクションで説明されているものが含まれますが、これらに限られません。このような要因は、それぞれの会社によるSECへの定期的提出物の中で随時更新されることがあり、SECのウェブサイト(www.sec.gov)で閲覧できます。これらの要因は網羅的なものと解釈されてはならず、本プレスリリースならびにクインタイルズおよびクエスト・ダイアグノスティクスによるSECへの提出物の中に含まれるその他の注意記述と合わせて読む必要があります。法的に要求されない限り、クインタイルズとクエスト・ダイアグノスティクスは、このような将来見通しに関する記述に影響する要因における実際の結果や変化を反映させるために将来見通し情報を更新する義務を一切負いません。

クインタイルズのモバイル通知を申し込むには、こちらをクリックしてください。

写真とマルチメディア・ギャラリーはこちらをご覧ください:http://www.businesswire.com/multimedia/home/20150331005314/ja/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Photos/Multimedia Gallery Available: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20150403005070/ja/

CONTACT

CONTACT:
Quintiles Contacts:
Phil Bridges,
+1-919-457-6347
Media Relations
phil.bridges@quintiles.com
or
Karl
Deonanan, +1-919-998-2789
Investor Relations
InvestorRelations@quintiles.com
or
Quest
Diagnostics Contacts:

Media:
Wendy Bost, +1-973-520-2800
or
Investors:
Dan
Haemmerle, +1-973-520-2900

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent