医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

セジデム・リレーションシップ・マネジメントがマルチチャネル白書シリーズの3冊目となる「デジタルチャネルエンゲージメント:測定可能な機会」を発表

2015年03月16日 PM06:37
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

パリ

(ビジネスワイヤ) — セジデム・リレーションシップ・マネジメントはソートリーダーシップ白書「デジタルチャネルエンゲージメント:測定可能な機会」を発表しました。本白書はマルチチャネルエンゲージメントに関するセジデムの報告書として3冊目となるものです。

デジタルチャネルエンゲージメントにおける新たな傾向と機会
白書はデジタルチャネルエンゲージメントが、ライフサイエンス企業に定量可能な機会を提供することを明らかにしています。この報告書では、さまざまなデジタルチャネルに対するヘルスケア専門家(HCP)の評価や、HCPのライフサイエンス企業とのやり取りが行動に及ぼす影響をチャネルの種類別に分析した結果を含め、セジデム・ストラテジック・データ(CSD)が世界規模で実施した調査の結果を示しています。データは、世界の多くの市場で、デジタルエンゲージメントが処方箋発行の意欲を高めるという証拠を提示しています。

マルチチャネルエンゲージメントというコンテクストの中で、デジタルチャネルは、マーケティングミックスへの組み入れのまだ初期段階にあるものの、以下の理由から世界各国で採用が拡大しています。

  • 一般的にHCPの時間をあまりとらない
  • HCPが医療および製品の詳細情報を得る際、希望する内容、時間、形式の選択で高度の柔軟性を提供
  • ライフサイエンス企業にとって費用対効果を改善
  • エンゲージメント効果を得られる傾向が非常に高い

セジデム・リレーションシップ・マネジメントの製品ポートフォリオ管理担当バイスプレジデントであるEmiliano Gummatiは、次のように述べています。「現在では患者とHCPの両方にとって情報の重要性が高まっています。従ってライフサイエンス企業は、デジタルコンテンツの売り手として、最高位の立場に立つ必要があります。この目標を達成するため、デジタル戦略ではインタラクションデータを収集・分析し、それぞれのデジタルチャネルにおけるカスタマージャーニーへの理解を深めるためのエンゲージメントシステムが必要です。企業は顧客のデジタルプレゼンスに関する理解を深めるほど、コミュニケーション戦略はより個別化され、有効なものとなります。」

世界的な採用傾向と処方行動
デジタルチャネルエンゲージメントの採用率は世界各国の市場によって異なり、CSDによれば、最も高い率を示しているのは日本(34%)、米国(24%)、ポーランド(20%)です。最近の調査では、低い採用率の市場を含め、多くの市場で確かな機会の存在が明らかにされています。例えばイタリアでは、2%のみがデジタルチャネルを採用していると報告していますが、その層の中で43%はデジタルエンゲージメントが自分たちの処方意思にプラスの影響を及ぼすと報告しています。

ライフサイエンス業界向けに顧客関係管理、医療データ、法令順守、マーケティングのためのソリューションを提供する世界的リーダー企業のセジデム・リレーションシップ・マネジメントは、本ソートリーダーシップ白書を2015年第1四半期に発表しました。本報告書と、当シリーズの1冊目および2冊目である「2014年マルチチャネル:リモートインタラクション(2014 Multichannel: Remote Interactions)」および「2013年マルチチャネル:有効性の測定(2013 Multichannel: Measuring Effectiveness)」については、こちらをクリックしてご覧ください。

セジデム・リレーションシップ・マネジメントについて:   セジデム・リレーションシップ・マネジメントはライフサイエンス業界における顧客関係管理(CRM)ソリューションの大手プロバイダーです。ライフサイエンスに特化して設計されたセジデム・リレーションシップ・マネジメントの革新的なビジネスソリューションは、各国や各地域、さらに世界の動向を徹底的に理解し、サービスに反映しています。セジデム・リレーションシップ・マネジメントは、世界でもトップレベルの革新的企業のユーザー約20万人以上が、業界の抱える課題に優位に対応できるよう支援しています。セジデム・リレーションシップ・マネジメントはCRMのほか、マーケティング、データ最適化、法令順守のためのソリューションを世界80カ国以上で提供しています。セジデム・リレーションシップ・マネジメントは、フランスを拠点とするセジデムS.A.グループの一員です。
詳細については、

www.cegedim.com/rmをご覧ください。
リンクトインおよびツイッターでセジデム・リレーションシップ・マネジメントの情報をフォローしてください。

 
セジデムについて: 1969年に設立されたセジデムは、医療分野向けの技術・サービスを提供するグローバル企業です。セジデムは、各種サービス、技術ツール、専門ソフトウエア、データフロー管理サービス、およびデータベースを提供しています。セジデム製品の対象は、医療関連企業、ライフサイエンス企業、医療従事者、さらに保険関連企業に特化しています。ライフサイエンス業界向けCRMで世界をリードするセジデムはまた、戦略的医療業界向けデータの主要プロバイダーです。セジデムは世界80カ国以上に8000人近くの従業員を擁し、2014年の売上高は9億1200万ユーロでした。セジデムS.A.はユーロネクスト・パリに上場しています(EURONEXT:CGM)。

詳細についてはwww.cegedim.comをご覧ください。

また、ツイッター(@CegedimGroup)でセジデムをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Drew BUSTOS
Cegedim Relationship Management
Global
Communications
Tel.: +1 (908) 443.2451
drew.bustos@cegedim.com
または
Aude
BALLEYDIER

Cegedim
Media Relations
Tel.: +33 (0)1 49
09 68 81
aude.balleydier@cegedim.fr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent