医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスとQuotientが革新的な輸血診断プラットフォームMosaiQ™の商業化に向けた契約締結を発表

2015年02月03日 PM03:29
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米ニュージャージー州ラリタン

(ビジネスワイヤ) — オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス(OCD)は、診断用製品を手掛ける商業段階企業のQuotient Limited(“Quotient”)と、Quotientの輸血診断プラットフォームMosaiQ™の供給・販売を目的とした独占的契約を締結したと発表しました。

現在のところ開発段階にあるMosaiQ™は、Quotient専有の技術プラットフォームを使用して設計されています。この技術は、従来の輸血診断装置と比較して、検査結果を得るまでの時間の改善と、献血者と患者の血液のより包括的なマッチングを可能にすることを約束します。

供給販売契約の条件に従い、QuotientはMosaiQ™の開発と発売の責任を負い、OCDは世界規模の商業能力を活用して本製品を顧客に販売します。OCDは(血液型判定に関し)患者検査の世界市場と、(血液型判定と血清学的疾患スクリーニングに関し)発展途上国と日本に対し、MosaiQ™を供給する独占的権利を持ちます。Quotientは(日本を除く)先進国の献血者検査市場でMosaiQ™を商業化する権利を保有します。

OCDのMartin Madaus会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「革新的なMosaiQ™技術を対象にQuotientと今回の戦略的関係を構築したことは、世界の輸血診断市場にまったく新しいソリューションをもたらす可能性を持つと当社が考えています。当社は血液型判定の世界的リーダー企業として、血液型判定でQuotientが持つ新規手法を、市場有数のOCDの商品およびサービスに追加できる機会に大いに期待しています。両社は共同で、世界各国の献血機関、病院、リファレンスラボに対し、高度に差別化された高価値サービスを提供することになります。」

Quotientは、米国と欧州連合で血液型判定製品としてのMosaiQ™の承認と発売に関連して、薬事申請と商業化のマイルストーン完了に対し、最大5900万ドルを得る資格を持ちます。また供給販売契約の締結と同時に、OCDはQuotientに投資します。1000万ドルを1株当たり22.50ドルの発行価格でQuotientの新規普通株に、さらに1500万ドルを7%の年間配当がつくQuotientの新規償還可能優先株に投資します。

Quotientのポール・カウアン会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「Quotientは、MosaiQ™が世界規模で輸血診断の顧客に大きな改善をもたらすと考えています。商業化における強みとグローバル市場におけるプレゼンスを持ち、輸血診断で実績を上げているリーダー企業であるOCDと提携し、MosaiQ™の商業化に際して本プラットフォームへのアクセスを加速できるのは、当社にとって喜びです。」

QuotientはMosaiQ™と関連するあらゆる製品(機器、消耗品、付属品)の製造に責任を持ち、MosaiQ™に関するその他の商業的権利をすべて維持し、Quotientが血液型判定以外の用途でMosaiQ™を第三者と商業化する決定をした場合、OCDはそのファーストオファー権を獲得します。また本契約では、QuotientとOCDが、患者検査と献血者スクリーニング以外の診断用途でMosaiQ™を開発・商業化する機会について、検討が認められています。

輸血医療向けのサービスでリーダー企業の地位にあるOCDは、血液スクリーニングと血液型判定を改善する革新的なシステムの提供で定評があります。OCDは今回のQuotientとの提携を通じ、長期にわたって当社の広範な提供サービスの幅をさらに拡大し続けることが可能となります。OCDは最近、ORTHO Column Agglutination Technologies用全自動ORTHO VISION™アナライザーに対しCEマーク(Conformité Européenne)を取得しました。ORTHO Column Agglutination Technologies用ORTHO VISION™アナライザーは欧州、日本、オーストラリアで輸血医療ラボが利用可能となっています。ID-Micro Typing System™ Gel Testy用のORTHO VISION™アナライザーは現在、米国とカナダで規制当局の審査を受けています。

オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスについて

オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスが提供する高品質のインビトロ診断製品により、世界各国の医療専門家は、より優れた治療判断をさらに迅速に下すために必要な知識を得ることができます。当社は献血者スクリーニングと血液型判定の製品を世界の輸血医療界に提供することで、すべての患者が安全で正しい血液型、正しいユニットの血液を確実に与えられるようにしています。またオーソ・クリニカル・ダイアグノスティックスは、情報管理、検査技術、自動化・解釈用の高度なツールを世界各国の臨床ラボに提供し、これらのラボが効率を高め、患者ケアを改善するのに役立っています。詳細についてはwww.orthoclinical.comをご覧ください。

Quotient Limitedについて

Quotientは商業段階の企業として診断分野で地位を確立しており、画期的な検査法の開発と商業化を通じ、医療費の削減と患者ケアの改善に真摯な努力を傾けています。現在は血液型判定と血清学的疾患スクリーニングに傾注しています。Quotientは、市販のいかなる輸血診断装置プラットフォームも対抗できない広範な検査が可能となるよう、専有のMosaiQ™技術プラットフォームを開発中です。当社の事業はスコットランド・エディンバラ、米ペンシルベニア州ニュータウン、スイス・エザンを拠点としています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

MEDIA:
Ortho-Clinical Diagnostics, Inc.
Stephanie
Scott, (908) 218-8137
media@ocdus.jnj.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent
  • Clover Biopharmaceuticals Completes RMB 62.8 Million Series A Financing
  • 三叶草生物制药完成6,280万元人民币A轮融资
  • Corindus Announces First Commercial Installation of CorPath® GRX System Outside of U.S.
  • Walmart, JD.com, IBM and Tsinghua University Launch a Blockchain Food Safety Alliance in China