医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

フェリング・ファーマシューティカルズが成長を強化するため、最高医学責任者と最高科学責任者を任命

2015年01月30日 PM06:42
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

スイス・サンプレ

(ビジネスワイヤ) — フェリング・ファーマシューティカルズは本日、パスカル・ダングラス(MD)を執行副社長兼最高医学責任者(CMO)、パー・フォーク(MD、PhD)を執行副社長兼最高科学責任者(CSO)に任命すると発表しました。いずれの任命も2月1日付となります。

フェリングの執行理事会会長兼最高業務執行責任者(COO)のミシェル・ペティグリューは、次のように述べています。「フェリングはポートフォリオを拡大し、当社製品をさらに多くの患者様に届けることを目指しています。この2人の実績あるリーダーの下、研究開発および患者アクセスに努力を集中させることで、フェリングは成長を加速し、患者様のニーズに対応できるようになります。」

パスカル・ダングラスはCMOとして、新たな製品候補を評価し、助言を与えます。また医学界、患者団体、国の保険償還当局に対する当社の窓口として、フェリング製品への患者アクセスを強化することにも注力します。業界経験豊かなダングラスの前職は、フェリングの臨床・製品開発担当執行副社長でした。

パー・フォークがフェリングにCSOとして着任する以前には、ノボ ノルディスクでバイオ医薬品研究担当上席副社長の職で成功を収めています。フォークは新しい役職において、基礎研究から規制当局への申請承認取得に至るまで、フェリングの研究開発活動全体を統括します。

– 以上 –

フェリング・ファーマシューティカルズについて:

スイスのサンプレに本社を置くフェリング・ファーマシューティカルズは、研究主導型のスペシャルティバイオ医薬品企業グループとして、世界市場で活動しています。当社はリプロダクティブヘルス・泌尿器科・消化器科・内分泌科・整形外科の分野で革新的な製品の発見・開発・販売を手掛けています。フェリングは60カ国近くに事業子会社を有しており、110カ国で製品を販売しています。フェリングとその製品に関する詳細情報については、www.ferring.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Ferring Pharmaceuticals
Helen Gallagher
Tel. +41 (0) 58
301 00 51
helen.gallagher@ferring.com
or
Patrick
Gorman
Tel. +41 (0) 58 301 00 53
patrick.gorman@ferring.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表