医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ミスフィットがウエアラブルコントロール機能を披露

2015年01月29日 PM09:46
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州バーリンゲーム

–(ビジネスワイヤ)– ウエアラブル製品とスマートホーム製品を製造するミスフィットは、複数企業と一連の提携関係を構築し、当社のフィットネス/スリープモニターのフラッシュ(Flash)とウエアラブルコントロール機能の統合を実現したと発表しました。50ドル未満でフル機能を搭載した初のアクティビティー/スリープトラッカーであるフラッシュにより、ユーザーは間もなく、ボタン表面を2度または3度押して、お気に入りのアプリやスマートハードウエアを操作できるようになります。

当社はCESで、自宅の照明を好みに設定できる無線接続電球のミスフィット・ボルト(Misfit Bolt)のリリースに合わせて、最初のフラッシュ向けウエアラブルコントロール機能のデモを行ないました。ユーザーはフラッシュを使い、ボルトの入/切や明るさ調節ができます。

ミスフィットは近々、以下のような統合を行ないます。

  • ユーザーはフラッシュを使って、スポティファイのプレイリストの再生/停止ができるようになります。
  • ミスフィットは、ユーザーが当社のスリープトラッキング機能と目覚まし機能を、ネストのラーニング・サーモスタット(Learning Thermostat)と統合して、理想的な室温で目覚めることができるように、ネストと協力しています。
  • ユーザーは間もなくIFTTTにより、ミスフィット・フラッシュを利用してデバイスの入/切を操作したり、メッセージを素早く送ったり、外出先からフィットネス情報をアーカイブに送信したりできるようになります。
  • ロジテックのハーモーニーAPIにより、フラッシュで照明、TV、音楽プレーヤーなどのスマートホーム機器を制御できるようになります。
  • メッセージングサービスのYoは、ユーザーがフラッシュを2度押しするだけで、友達や家族とつながりを保てるようにします。
  • オーガスト・スマート・ロックのユーザーがミスフィット・フラッシュを使って、スマートフォンなしでもドアを解錠できるようにします。

ミスフィットの新しいウエアラブルコントロール機能の詳しい情報については、http://youtu.be/OGL02_jRFBAをご覧ください。パートナー企業の一覧と詳細情報については、build.misfit.comをご覧いただくか、build@misfit.comまでお問合せください。

フラッシュについて

特殊なソフトタッチのプラスチックで製造したミスフィット・フラッシュは、快適な使用感を持ち、耐久性に優れ、30メートルの防水性能を備えています。シャインと同様、フラッシュは充電不要で、事実上どこにでも装着することができます。フラッシュは歩数、カロリー、距離、睡眠の質と時間を自動的に計測するほか、サイクリングや水泳に関するデータも自動的に追跡します。フラッシュはiOS/アンドロイド対応ミスフィット・アプリと、ワイヤレスで同期します。

ミスフィットについて

ミスフィットは、ウエアラブル製品やスマートホーム製品を発明・製造しています。当社は2011年、Sonny Vu、アップルおよびペプシの最高経営責任者(CEO)ジョン・スカリー、AgaMatrixの共同設立者で元最高技術責任者(CTO)のSridhar Iyengarによって設立されました。

ミスフィット製品の画像と動画: http://www.misfit.com/media

Copyright 2014 Misfit Wearables Corporation. All rights reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Misfit
Amy Puliafito, 603-475-9782
apuliafito[at]misfit[dot]com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表