医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

日本ノーベンバーリサーチ株式会社が国内の製薬企業向けPRIMO MR™をリリース

2015年01月27日 AM09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 日本ノーベンバーリサーチ株式会社(本社:東京都新宿区、日本法人代表取締役:セス・ワーハフティグ)は、製薬企業向けに、PRIMO MR™を発表します。

PRIMO MR™は、製薬会社の医薬情報担当者様 (MR) と安全管理部門が、正確・迅速、かつ効率的な方法で有害事象 (AE) の収集・管理を行うことを可能にし、安全管理部門への報告漏れや行政当局への報告遅延などのリスク回避に大きく貢献するモバイルソリューションです。

PRIMO MR™は現在の紙やファックスベースのAE収集に関連するワークフローを改善することを想定した次世代ツールです。
MRが医師からAE情報を入手した後、外出先からノートパソコン、タブレット、またはスマートフォンで有害事象報告を作成し、安全管理部門へ迅速かつ正確に報告することができ、その入力操作も極めて簡単です。さらに、カメラ機能によって、医師が記入した詳細調査票や、実際の製品を撮影して報告書に添付することができます。
また、PRIMO MR™から送られたAE報告は、E2Bファイルで安全性情報管理システムと連携することができるので、安全管理部門の担当者が手入力する手間を削減することができます。

PRIMO MR™は、MRと安全管理部門とのコミュニケーションを、安全・迅速・正確に行えるメッセージングツールを備えており、両者のコミュニケーションの内容についてもAE報告に関連する情報として記録することができます。
PRIMO MR™を使用したすべてのデータは、同一のAE報告に関連したデータを同一のIDで管理するため、各AE報告およびその関連記録についてオンラインで簡単に検索することができます。
以上のとおり、PRIMO MR™導入により、MRと安全管理部門の間で交わされるAE報告について、第一報から詳細調査報告完了までのすべてを効率的に管理することができ、ワークフローの効率化に大きく貢献します。

最高技術責任者であるブラッド・ギャリアンは次のように述べています。

「PRIMO MR™の開発にあたって、数々の日本の製薬企業様の安全管理部門やMRの方々から直接、課題やニーズを聞き取りました。弊社は既に欧米で実績のあるグローバルインテイクソリューションのPRIMO™の技術とノウハウを生かして、日本独自の業務プロセス及び各企業様のワークフローに柔軟に対応できるPRIMO MR™を開発しました。」

PRIMO MR™はノーベンバーリサーチグループのPRIMO™プロダクトファミリーの最新ソフトウェアです。

関連資料リンク(データシートダウンロード)

http://www.novemberresearch.com/files/PRIMOMRDatasheet.pdf

ノーベンバーリサーチグループについて

ノーベンバーリサーチグループ(NovemberResearch.com/jp)は、製薬・ライフサイエンス業界にファーマコビジランスの分野に特化したプロフェッショナルサービスやソフトウェア開発を提供しております。弊社は豊富な専門知識と経験を有し以下の製品・サービスを提供しております。

ソフトウェアの開発(PRIMO™, PRIMO MR™, WebReprots™)、Oracle Argus Safety導入から運用までの支援、Oracle AERS サポート、データマイグレーションプロジェクト、品質管理システム、ビジネスプロセスマネージメントプロジェクト、ビジネストランスフォーメーションの支援。

CONTACT

日本ノーベンバーリサーチ株式会社
担当者: 大川美帆
電話: (03)5325-3029
Email: info-jp@novemberresearch.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent