医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

テラヴェクティスがレンチウイルスベクターを使用した治療用ワクチンの第I/II相試験の最新情報を提供

2014年11月20日 PM05:51
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

パリ

(ビジネスワイヤ) — 完全統合型の創薬・臨床開発バイオテクノロジーを手掛ける企業として治療用ワクチンと免疫療法の開発に傾注するテラヴェクティスは、レンチウイルスベクターを使用した史上初のワクチン接種試験の有望な中間結果を報告します。

現在、フランスとベルギーの12の臨床施設で強力な抗レトロウイルス療法(HAART)を受けている38人のHIV陽性患者をランダム化プラセボ対照試験に組み入れ、当社の治療用ワクチン候補を3つの異なる投与量(5.106、5.107、5.108 TU)にて安全性、忍容性、免疫原性をプラセボと比較することを目標にしています。

治療レジメンは、特許で保護されたテラヴェクティスのヒトプロモーター(ß2-マイクログロブリン)の調節下で疾患特異的抗原をコードする非複製的な自己不活性化型レンチウイルスベクター2回にわたって筋肉内注射するものです。

患者38人のいずれにも重篤有害事象は発生せず、製品と関連した安全性の問題もなく、中間結果はテラヴェクティスのレンチウイルスベクター技術プラットフォームの優れた安全性プロファイルを裏付けています。

また最初の2つの患者コホートから得た免疫学的データに関してテラヴェクティスが実施した中間解析は、ワクチン接種を受けた患者において多重特異性・多機能性の細胞性免疫反応(CD4+、CD8+)を引き出す当社ワクチン候補の能力を示しました。ワクチンが引き出した免疫反応は、一番低い投与量でも観察されました。

当社は2014年12月の試験完了後、詳細結果を国際会議における査読研究発表および科学出版物で報告していきます。

本試験の中間解析は、オンコロジーおよび感染性疾患の分野における治療用ワクチンおよび免疫療法の将来の開発に向け、テラヴェクティスが開発したレンチウイルスベクター技術プラットフォームが持つ潜在力を支持するものです。

テラヴェクティスは今後数カ月以内に、HTLV-1誘発性成人T細胞白血病/リンパ腫に対する免疫療法薬候補の第I/II相臨床試験を開始し、当社専有のCAR T細胞の臨床開発に関して規制当局との意見交換を開始できると期待しています。

テラヴェクティスについて

テラヴェクティスは完全統合型の創薬・臨床開発バイオテクノロジーを手掛ける非上場企業で、パスツール研究所を前身としています。

テラヴェクティスは15年以上にわたってレンチウイルスベクター分野の基礎研究に投資しており、パスツール研究所の知的財産権について世界規模での独占権を確保しています。

テラヴェクティスは、保有するレンチウイルスベクター技術プラットフォームを基盤に、当社専有の差別化したCAR T細胞技術プラットフォームを含め、がんおよび感染性疾患と闘うための治療用ワクチンおよび免疫療法の開発に当たっています。

テラヴェクティスは著名な投資家や、世界的なバイオ製薬企業の元経営幹部らの強い支持を得て、研究開発活動とGMP順守の社内生産設備で急速な進歩を続けています。

テラヴェクティスは単独または提携先との協働にて、臨床開発プログラムを加速し、2015年にオンコロジー分野でさらに2件の第I/II相臨床試験を開始する計画です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Theravectys SA
Audrey Bonafos, +33 1 43 90 19 20
contact@theravectys.com
BioPark
Villejuif
1 mail du Professeur Georges Mathé
94800 Villejuif
FRANCE

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Corindus Announces First Commercial Installation of CorPath® GRX System Outside of U.S.
  • Walmart, JD.com, IBM and Tsinghua University Launch a Blockchain Food Safety Alliance in China
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer