医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

シエラレオネ・アクションがフレゼニウスカービより輸血用医療装置の寄贈を受ける

2014年11月20日 AM04:50
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

シエラレオネ・フリータウン

(ビジネスワイヤ)– シエラレオネの医師やその他の専門家のグローバルチームから構成される組織のシエラレオネ・アクションは本日、フレゼニウスカービが9台のFenwal Autopheresis-C®装置、必要な関連物品すべて、エボラウイルス病に対する治療法を学ぶための訓練資源を寄贈したと発表しました。シエラレオネ・アクションは、シエラレオネ政府と密接に協働する事業実施パートナーの1つで、同国内で回復期血清療法(CST)の臨床試験とCST治療を開始すべく準備しています。同国で血清療法が実施されるのは初めてです。

CSTは、ウイルスと闘う患者の免疫系を活性化してウイルスを撃退する試みとして、エボラ生存者が献血した血液を使用して現在の患者の治療を行うものです。 Autopheresis-C®システムは全自動式の血漿分離交換装置です。ドナーの血漿のみを回収し、赤血球や血小板を含むその他の血液成分をドナーに戻します。

発表に際し、米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校の臨床助教授でシエラレオネ・アクションの創立メンバーのDr. S. Ahmed Tejan-Sieは、次のように述べています。「私たちはフレゼニウスカービの気前良さに大いに感謝しています。同社は最大1万8000人を治療するのに十分必要な装置と供給品のすべてを寄贈しており、シエラレオネの人々が同国におけるエボラの感染拡大を押しとどめる活動に着手し、最終的に撲滅する上で貢献していきます。シエラレオネ・アクションはシエラレオネ政府と協力する事業実施パートナーとして、Autopheresis-C®システムを活用することで、患者が早期に病院を受診することを促し、治療センターがより早く患者を治療できるようにします。従って私たちはこの寄贈が病気の伝播を減らし、流行を終わらせるのに貢献すると期待しています。」

「フレゼニウスカービは治療を6カ月間行うのに十分な物品を寄贈しました。シエラレオネ・アクションは、適切なプロトコルの実施により、この時間枠の中でエボラ生存者数に改善が見られると期待しています。試験と治療は当初、シエラレオネの首都フリータウンのヘイスティングス治療センターで、共同治験責任医師を務めるDr. Foday Sahrの指揮の下で開始されます。」

フレゼニウスカービUSAのジョン・ダッカー社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「シエラレオネ・アクションの重要な仕事を支援できるのは当社にとって喜びです。この試験が、シエラレオネで命を救う闘いに大きな効果を上げ、その結果として得られるデータと経験が、西アフリカ全域における患者ケアを改善するのに役立つと期待しています。今回の寄贈はフレゼニウスカービの使命に従うものですが、その使命とは命を救う医薬品や技術を、患者ケアに携わる人々の手に届けることです。」

Dr. Ahmed Tejan-Sieは、次のように結んでいます。「装置は数週間後にシエラレオネに向けて出荷されることになっており、シエラレオネ・アクションの米国に拠点を置くチームメンバーが装置の使用とメンテナンスの方法につき訓練を受けます。私たちが回復期血清療法を開始するに当たり、チームはシエラレオネに飛び、診療所のスタッフに訓練を施します。」

編集者への注記:

2014年8月に設立されたシエラレオネ・アクションの目的は、エボラウイルス病に感染した患者の治療に向け、回復期血清療法のシエラレオネへの導入を提唱することにあります。シエラレオネ・アクションの使命は以下の通りです。

  • エボラ被害者の死亡率を低減し全転帰を改善すること
  • 域内および世界の専門力を活用して、エボラウイルス病の封じ込めと根絶という全体目標を達成すること

回復期血清療法とシエラレオネ・アクションの詳細についてはwww.saloneaction.comをご覧ください。

フレゼニウスカービについて

フレゼニウスカービ(www.fresenius-kabi.us)は世界的なヘルスケア企業として、輸液・輸血・臨床栄養のための命を救う医薬品および医療機器を専門としています。当社の製品とサービスは、重篤疾患または慢性的疾患の患者ケアに使用されています。フレゼニウスカービの米国本社はイリノイ州レイクズーリック、世界本社はドイツのバートホンブルクに置かれています。世界各国におけるフレゼニウスカービの詳細についてはwww.fresenius-kabi.comをご覧ください。

メディアコンタクト:Matt Kuhn, (847) 550-5751, matt.kuhn@fresenius-kabi.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Media contact:
for Sierra Leone Action
Aderonke Bademosi Wilson
Email:
aderonke@thestratfordgroup.bm
Phone:
+1 441 333 0200

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表
  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作