医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Xagenic がティモシー・I・スティルを社長兼最高経営責任者に任命

2014年10月24日 PM11:42
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

トロント

(ビジネスワイヤ) — 分子診断分野の企業として、20分で結果が得られる初のラボ不要分子診断プラットフォームを開発中のXagenicは本日、ティモシー・I・スティルを社長兼最高経営責任者(CEO)に任命したと発表しました。スティルはXagenic Inc.の取締役会にも加わることになります。

スティルは最近までアキュメトリクスの社長兼CEOを務めました。5年の期間で同社に変革をもたらし、ポイントオブケア検査装置メーカーとして商業的な成功に導き、最終的には2013年のITCによる買収に持ち込みました。アキュメトリクス以前は、Hemosenseのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高商務責任者(CCO)を務めました。Hemosenseはポイントオブケア分野の企業で、携帯型のCLIA適応免除装置を開発・製造・商業化しました。Hemosenseは2007年、インバネス・メディカル(現アリーア)に買収されました。Hemosenseの前は、コレステックで販売・マーケティング担当バイスプレジデントを務め、ベーリンガーインゲルハイムおよびバイオ・ラッド ラボラトリーズで商務を担当しました。

Xagenicのティモシー・スティルCEOは、次のように述べています。「XagenicのX1™分子診断プラットフォームは、ポイントオブケアで即時に正確な検査を可能にすることで、臨床診断に革命をもたらし、患者ケアを劇的に改善できる可能性を備えています。Xagenicの有能なチームに加わり、この革新的な診断プラットフォームの臨床研究を成功裏に完成させ、米国および国際市場で発売できるよう当社を率いることは、喜ばしい限りです。」

ドメイン・アソシエイツの取締役でパートナーのJesse Treuは、次のように述べています。「新しいポイントオブケア診断装置の商業化で広範な経歴を持つエグゼクティブを任命できるのは大きな喜びです。Xagenicがリードプロダクトを市場に投入し、プラットフォームのためのメニュー構築を続ける上で、診断業界で商業的に実現可能な企業を作り上げることに関してスティルが持つ経験は、非常に貴重なものとなります。XagenicがX1プラットフォームの商業化に向けて前進するに当たり、スティルを取締役会に迎えることができ、大いに期待しています。」

Treuは「Xagenicの取締役会を代表し、常勤会長としての貢献と尽力に対し、ブルース・コーエンに感謝の意を表したいと思います」とも述べています。ティモシー・スティルの任命に伴い、ブルース・コーエンは当社取締役の職を退きました。

Xagenicについて

トロントに拠点を置き、サンフランシスコに営業所を構えるXagenicは、分子診断分野の株式非公開企業として、20分で結果が得られ、ラボ不要の検査を実現する全自動分子診断プラットフォームの開発に当たっています。当社が開発中の一連の感染性疾患の検査法は、患者ケアにプラスの影響を与え、医療費を削減するものです。当社はドメイン・アソシエイツ、CTIライフサイエンシズ・ファンド、オンタリオ・キャピタル・グロース・コーポレーション、BDC キャピタルを含む民間投資家から支援を受けています。Xagenicは最近、フロスト&サリバンから2014年「ポイントオブケア診断用新製品イノベーション・リーダーシップ賞」を授与されました。詳細についてはhttp://www.xagenic.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Xagenic
Shana Kelley, Ph.D., 1-416-363-1999 x300
Founder &
Chief Technology Officer
shana.kelley@xagenic.com
or
Timothy
I. Still, 1-416-363-1999 x250
President & Chief Executive Officer
timothy.still@xagenic.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Walmart, JD.com, IBM and Tsinghua University Launch a Blockchain Food Safety Alliance in China
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗