医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

株式会社ピーエスシー: エンジニアに頼らないデータ取得・利用を実現

2014年10月06日 AM09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

愛媛県松山市

(ビジネスワイヤ) — 株式会社ピーエスシーは、医療システムメーカーとして、医療機関のお客様へのシステム提案・コンサルティング、自社システム開発を行っています。常にお客様の求めていることが何なのかを考え、それを解決する為のシステムを自らの手で生み出してきました。そのポリシーは医療の分野に限らず、あらゆる分野において必要とされるシステムを生み出す大きな活力であると考えています。
当社には、医療機関において有効に活用されてきたさまざまな製品がありますが、その根底にある考え方や仕組み、新しい発想は医療以外の分野においても十分に活用されるものであると確信しています。
今後は高い安全性と安定性を求められる医療の世界で培ってきた信頼と実績を活かし、医療以外の分野でも活用できる製品を提供していくと共に、国内だけでなく世界に新しいイノベーションを起こしていきたいと考えています。

当社は今回のCEATEC JAPANに3つの製品を出展します。今までエンジニアにしかできなかったデータ取得や連携、文書フォーム作成、データ管理をユーザ自身の手によって行うことを実現した製品を是非ブースにてご覧下さい。

■P-Launcher/BCR
ユーザー自身の手で、簡単かつ安全にデータ取得できる製品です。独自特許技術により、一般的な文字認識(OCR)では成し得なかった100%の精度で、画面上の文字を取得し利用することを実現しました。

■ID-Connector/BCR
P-Launcher/BCR同様ユーザーによるデータ取得を可能にした製品で、利用目的に合わせた取得項目の設定が可能です。より高度なデータ取得・利用を実現できるプロフェッショナル向けのツールです。

■DocuMaker
ユーザー自身で簡単にフォーム作成ができる製品です。記載した文書情報はデータベース管理でき、統計・解析・検索など二次利用が可能です。

CONTACT

株式会社ピーエスシー
事業戦略室 横田千明
089-947-3388
c.yokota@hos.ne.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Brightree发布面向居家医疗器械的首个患者App
  • Brightreeが初のHME向け患者アプリを発表
  • Takeda to Present Results from Phase 3 ALTA-1L Trial Highlighting Intracranial Efficacy of ALUNBRIG® (brigatinib) Versus Crizotinib in First-Line Advanced ALK+ Non-Small Cell Lung Cancer
  • ポットネットワーク・ホールディングスがSEC報告会社登録に基づきPCAOB監査人による完全な監査・レビュー済みの財務報告書を公表
  • Takeda Receives Clearance from the Japan Fair Trade Commission for the Proposed Acquisition of Shire plc