医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

BioJapan 2014 World Business Forum 出展企業プロフィール

2014年10月01日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

横浜

(ビジネスワイヤ) – BioJapan 2014 World Business Forumが、2014年10月15日(水)~ 17(金)に、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催されます。

ビジネスワイヤはBioJapan 2014の公式メディアパートナーです。最新のニュースリリース、オンライン・プレスキットなどは、ビジネスワイヤの見本市・イベント関連ニュースサイトTradeshownews.com でご覧いただけます。

BioJapan 2014の出展企業プロフィール:

会社名:CINTELLIOS LLC
ブース番号:B505
Web:http://www.cintellios.com/

当社は、アセアンを中心とした新興市場国内の製薬会社動向を、今までにない画期的な形でお届けします。一般公開されている情報を最大限に活用すべく、すべての情報は当社アナリストによりレビュー・分類されています。カスタマイズ可能な週刊速報と使いやすいWebツール(ATLASデータベース)は、ひとつの情報源から対象国全体の製薬会社動向の有効なモニタリングを可能にします。

会社名:SOLIZE株式会社
ブース番号:C603
Web:http://www.solize-group.com/

SOLIZE(ソライズ)は欧州のお客様を中心に、ドラッグデリバリーデバイスの開発支援サービスを提供しています。特に、超短納期かつ高精度の金型を製作し、クリーンルームで成形する点に高い評価を得ており、数々のデバイス開発支援の実績があります。また、英国Oval Medical Technologies社と提携し、バイオ医薬向けの革新的なオートインジェクタもご紹介しています。会期中は各種サンプル展示の他、ドラッグデリバリーデバイスの開発を加速させる弊社サービスをご紹介します。

会社名:国立大学法人  茨城大学
ブース番号:D109
Web:http://www.ibaraki.ac.jp/index.html

茨城大学は海と山に囲まれ自然の恵みをうけた茨城県に立地しています。

今回は、茨城県東海村にある J-PARC (Japan Proton Accelerator Research Complex)を利用した、中性子実験装置による創薬の構築、生命科学に関する研究成果、また、新たなバイオ燃料を熱機関として利用していくための研究成果を紹介いたします。

セミナー会場或いはD109ブースへのご来場お待ち申し上げます。

・世界最高峰の生体高分子用パルス中性子単結晶回折装置iBIX
・フェレドキシン依存性ビリン還元酵素PcyAの中性子結晶構造解
・スタフィロコッカス属細菌に対するパンテノールの抗菌活性
・新たなバイオ燃料候補であるフラン類の燃焼特性

会社名:岡山大学
ブース番号:D102
Web:http://www.okayama-u.net/renkei/document/pdf/event/biojapan.pdf

岡山大学は、東京から新幹線で約3時間の距離にある基幹的総合大学です。医学・薬学分野から文学や物理学までの幅広い学問分野を有し、約1300人の教員と14000人の学生を擁しています。本年のBio Japan では、iPS細胞から分化誘導する『がん幹細胞コレクション』計画、『鉄コントロールを応用した新規がん治療法の展開』など5件のがん関連研究、農作物の『新しい手法に基づいた簡易品種判定法』、および『おかやまメディカルイノベーションセンター』における分子イメージング研究活動について広く紹介します。

ブース展示:10月15日(水)-17日(金) D102
プレゼンテーション:10月16日(木) 13:00-15:40 C会場

会社名:大関株式会社
ブース番号:C402
Web:http://www.ozeki.co.jp/

麹菌およびトランスジェニックカイコを用いた組換えタンパク質受託発現サービスを提供しています。分泌型タンパク質・酵素の生産に威力を発揮する強力ツールです。真核発現系として複雑な構造のタンパク質も発現可能。大腸菌や酵母では生産が難しいタンパク質でも大量生産できる可能性があります。微生物から哺乳類由来タンパク質まで、さまざまなタンパク質発現に対応できます。

会社名:公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団
ブース番号:B201
Web:http://www.kihara.or.jp

横浜バイオ医薬品研究開発センター(YBIRD:ワイバード)では、バイオ医薬品創製において研究段階にある、遺伝子組換えタンパク質の創薬シーズや製造技術を実用化につなげる共同/委託研究開発が可能です。

微生物、動物細胞の宿主に対して、ラボスケールからパイロットスケール、およびGMPレベルまでの調製が可能です。発現宿主の培養、精製の各工程のみにも対応できます。

製造用の機器や資材の開発も積極的にお手伝いしています。

・微生物細胞(大腸菌、ブレビバチルス、ピキア酵母等) : ~0.8L(ジャー)、200L(パイロットスケールファーメンタ)
・動物細胞(CHO-S、CHO-K1、ハイブリドーマSP2等) : 0.1~500L(シングルユースバイオリアクター)

バイオジャパンについて

BioJapanは、バイオビジネスにおけるアジア最大級のパートナリングイベントです。1986年の初開催から成長を続け、今年16回目の開催を迎えます。今回もライフ、グリーン、機能性食品、バイオクラスター&ベンチャーを中心としたビジネスパートナリングを基軸に、国内外から30ヶ国・地域を超える700社以上が参加し、展示会・セミナーとマッチングシステムを通じてバイオ産業のオープンイノベーションを加速させます。

現在、来場事前登録・マッチングメンバーのエントリー受付中!
詳しくは、こちらから ⇒ http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/

ビジネスワイヤについて

ビジネスワイヤは、バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の子会社であり、プレスリリース配信法定開示サービスのグローバル・リーダーです。市場に影響を与えるニュースやマルチメディアを正確に配信するだけでなく、オンライン・ニュースルームIRサイトのウェブホスティング、コンテンツ・マーケティング・プラットフォームの構築、特定のターゲット市場とのエンゲージメントを向上させるための読者分析などのサービスを提供し、多くのIR、PR、公共政策、マーケティング担当者に活用されています。1961年の創業以来、報道機関、ジャーナリスト、投資家、規制当局から信頼される情報源となっています。複数の特許を取得している同時配信プラットフォーム「NX」は、編集システムや主要オンラインメディアへのダイレクト配信やソーシャルメディアのエンゲージメント向上も行っています。ビジネスワイヤは世界32ヵ所にオフィスを構え、コミュニケーション業務担当者やニュース読者の多様なニーズに対応しています。

BusinessWire.comブログ「BusinessWired」Twitter(@businesswire)Facebookもご覧ください。
ビジネスワイヤのモバイル・アラートを購読するには、こちらをクリックしてください。

CONTACT

Business Wire
Global Event Services Group
US. +1-310-820-9473
http://www.businesswire.com
http://www.tradeshownews.com
Twitter: @tradeshownews
または
ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社
角井
茜 +81 3-3239-0755
japan@businesswire.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作
  • ベルタンとザイモリサーチが新しい連携を発表
  • The First China (Chongqing) Selenium Enrichment Industry Development Conference, Organized by the Chongqing Jiangjin Agriculture Commission, Was Held in Jiangjin